ナメクジにニームが効くと前回お話しました。もうひとつナメクジに効果のある資材を紹介しましょう。それは木酢液です。

木酢液は、高濃度で使うと殺虫殺菌効果があることで知られています。薄くして使うと逆に微生物を活性化してしまうことも面白い特長です。

今回は、木酢液を忌避剤として使う方法です。

木酢液

木酢液

方法は簡単です。

木酢液を30倍ほどに希釈して、作物や花苗の周りに散布するだけです。植物に直接かからないようにします。これだけ高濃度だと薬害(農薬ではないのに薬害?)がでます。薬害が心配な人は、500倍くらいに薄めて、毎回の潅水代わりに使う。これだけでもかなり寄せ付けなくすることが可能です。

ただし、殺ナメクジ効果はありません。あくまでも寄せ付けなくする効果のみです。どうしてもナメクジを退治したい人は、原液もしくは2倍溶液を直接かけましょう。たぶんお亡くなりになります。

一番安全な方法は、夜間に見回って捕殺することです。ナメクジはビールに集まる性質があるので、適当な容器に飲み残しのビールを入れると夜間集まってきます。これを捕殺する。手間はかかりますが、一番安全な方法ですね。

むしろ土壌改良効果に期待したい「紀州備長炭木酢液」

関連記事: