大塚ハウス5号

養液栽培用微量要素補給肥料「大塚ハウス5号」

◆読者からの質問

水耕栽培、養液栽培用の肥料はありますか?
微量要素のものを探しております。
また、甘みを増すのにかつおエキスが良いと聞きましたが、ありますか?

◆たまごやの回答

お尋ねの件ですが、養液栽培用(水耕栽培用)の肥料は扱いがあります。
こちらのカテゴリになりますが、養液栽培は完全溶解が必要なので、この中からお選びいただくのが安全です。
純度が高く、高品質です。
http://www.tama5ya.jp/product-list/210

この中で、微量要素は大塚ハウス5号になるかと思います。
http://www.tama5ya.jp/product/976

◎かつおエキスを養液栽培に使う場合

かつおエキス

かつおエキス

うまみ成分、甘みを増強するため、かつおエキスを使う養液栽培農家さんもいらっしゃいます。
やはり有機質を使うと味は違うらしいです。

しかし、養液栽培はもともと微生物を使わない無機栽培のため、そこに有機物を投入するのことは大きなリスクがあります。

有機物を投入する養液栽培は、事前に消化菌の培養が必要で、この消化菌の働きで有機物を順調に分解し養分とすることが出来るものです。
有機物を投入する有機養液栽培は、養液栽培とは全く別物であるという認識が必要です。

もし使うのであれば硝化菌を事前に培養したうえでかつおエキスを養液1リットルあたりに0.5g/日を最大限として使います。

うまく使えば、硝化菌が働いて土壌栽培と同じように細根が出て、発育も見違えるようになります。

しかし、量を間違えると、腐敗菌が爆発的に増えて失敗することも多いのでそのあたりご留意のうえご利用ください。
かつおエキス
http://www.tama5ya.jp/product/467

なお、硝化菌は畑土、発酵バーク、堆肥などに自然に自生していますが増殖の遅い微生物です。

関連記事: