読者からの質問

緑肥をやってみたいと思います。
初めてなので何もわかりません。
お勧めの緑肥はありますか?
耕運機はありますが、力はあまり強くありません。(HondaのこまめF220)
栽培地は埼玉県です。

たまごやの回答

このたびはお問合せをありがとうございます。

『初めての緑肥、お勧めは?』

緑肥はいろいろな種類があり用途によっても異なりますが、まずはエンバクから始めると失敗が無くよろしいかと思います。

大型になる緑肥は大馬力の耕運機が必要になりますが、エンバクならば、お持ちの耕運機(2~2.5馬力)でも鋤きこみができます。

品種はエンバクのニューオーツがお勧めです。

ニューオーツ

ニューオーツ

http://www.tama5ya.jp/product/946

エンバクニューオーツはキタネグサレセンチュウを密度抑制し、低温伸張性、初期成育が良好です。エンバクの中でも万能品種で鋤きこみやすい細茎品種です。

種まきは夏の高温期を避け3~5月あるいは9~10月に播種。
播種量は10aあたり10~15kgが標準です。
栽培方法は、畑を整地後、手播きまたは肥料散布器などで播種、その後鎮圧してください。

播種後約60日で1m程度に生長するので、耕運機の馬力にあわせて鋤きこみを開始します。
鋤きこみタイミングはエンバクの出穂始めが適期ですが、初めてであればあまり大きくならない頃(膝丈を超えた頃)に鋤きこむと作業は楽になります。ぜひお試しください。

【緑肥種子】エン麦|ニューオーツ|線虫抑制|硬盤破砕|早生種

関連記事: