夏芝として使われる高麗芝。
丈夫で暑さに強く、ホームセンターなどでも売られていて手軽に楽しめる芝です。
しかし、冬場は上部は枯れ、見栄えがしません。
ま、それも日本の冬風景なのですが。

そこで登場するのが冬も青いいわゆる西洋芝です。

西洋芝

しかし、この西洋芝は冬には強いのですが、反面暑さにはとても弱いのです。
寒冷地や高所では生育しますが、関東以西の低地・暖地では夏の暑さで枯れてしまいます。

それでも冬の青さを求めて、毎年西洋芝の種を播くわけです。

日本の気候に合った、冬でも葉が青い西洋芝といえば筆頭はトールフェスク インフェルノでしょう。最も耐暑性が高い芝種です。

このトールフェスク インフェルノ、草丈の低い品種群に入りますので放任条件下でも低い草高を維持します。
また極細葉、極緻密、葉色は濃緑色で、年間を通じて品質の高いターフを形成しますのでお勧めです。

耐暑性のほか、耐陰性つまり日陰でも育ちやすい品種はケンタッキーブルーグラスです。
庭木の陰に隠れるような場所にはケンタッキーブルーグラスがお勧めです。

そのほか、初心者にも比較的安全に西洋芝を楽しめるといえば「J・ガーデングラス」です。

これは、数種の芝種が混合され、暑さ、湿気、日陰にも対応して、きれいな芝地を作れるように工夫された芝種です。まずはこれから始められることをお勧めします。

では、素敵な西洋芝ライフをお楽しみください!!

西洋芝のタネ J.ガーデングラス【1L/約20平方メートル分】
【西洋芝種子】ケンタッキーブルーグラス|サドンインパクト 【極濃緑色】【寒地型】
【西洋芝種子】トールフェスク インフェルノ|矮性品種芝草【寒地型】

関連記事: