秋の長雨、とはいえちょっと長すぎですね。
日照不足は収量に影響するので、野菜は高騰。
消費者も農家さんも大変です。

植物は光合成ができないと、生長が鈍ります。
大きくなりません。
それほど日照は大事なもの。

白菜

このように長雨が続くときは、それなりの生長対策があります。
アミノ酸を含む液体肥料を追肥として与えるのです。

光合成や微生物の分解を待たなければならない窒素肥料に比べ、アミノ酸肥料は光合成を待たずにそのまま働くので即効性があります。

アミノ酸は日照不足や冷害でも生長を促し、収量を上げ、さらに食味までも向上させるとされます。農家さんでは裏技的にアミノ酸肥料はよく使われます。

さらに台風も襲来。

台風で植物は揺さぶられ、傷つき、ダメージを受けますが、そんな時にもアミノ酸は回復を早める働きがあります。

日照不足、低温被害、風害、霜害などの回復改善に有効に作用するアミノ酸肥料を試してみてはいかがでしょうか?

お勧めのアミノ酸肥料

<有機アミノ酸肥料>バイオール液【500ml】アミノ酸2%入り600g〈アミノール化学研究所〉 
かつおエキス【20kg】(窒素6%保証の即効性有機質100%液体肥料)【有機JAS適合資材】
元気くん(植物系有機液体肥料)追肥用液肥【20kg】

※元気くんの使用方法は…
肥料濃度障害・農薬害・日照不足・低温持続時には、500倍液を4~7日おきに散布。
寒害・霜害・強風雨・病害・虫害の回復をさせる時は、600倍液を3~4日連続散布。

関連記事: