昔、こんなことがありました。

重過リン酸石灰を商品として扱い始めたころ、袋が劣化していたのか、地面にぶちまけてしまったことがあったのです。

たくさんの肥料をゴミとして捨てるわけにもいかないので、拾い集め自宅の庭の柿の木の脇に積んでおいたのです。

そしたら…なんということでしょう!

翌年、柿の豊作ったら半端ではありませんでした。いやほんと!

ではその重過リン酸石灰とは?

重過リン酸石灰

「過リン酸石灰」は古くからあるリン酸肥料で、これは有名です。
一方で「重過リン酸石灰」はあまり聞きませんね。
ホームセンターでも売っていないと思います。

過リン酸石灰はリン鉱石に硫酸を加えて分解させて作ります。
重過リン酸石灰はリン鉱石に硫酸ではなく、リン酸液を作用させて作ります。
そのため重過リン酸石灰は通常の過リン酸石灰のほぼ2倍のリン酸を含み、少ない量で効果的に肥効を表します。

※参考
過リン酸石灰のリン酸量…17.5%
重過リン酸石灰のリン酸量…43%(うち水溶性37%)

使い方も簡単で過リン酸石灰とほぼ同じ。即効性であることも同じ。
硫酸を含まないので硫酸根を土壌に残さないというメリットがあります。
また低温時にも効果を発揮するので、秋から冬にかけての寒肥にも向きます。

リン酸肥料は一般に「実肥」として使われるように、植物の花芽を増し果樹や果菜類の実つき、色つや、食味を良くする効果を高めます。
果樹栽培、バラ栽培、庭木、花木のリン酸肥料に最適です。

低温時にも効く「重過リン酸石灰」【20kg】
お手軽な1kg品もあります。
https://www.tama5ya.jp/product/282

関連記事: