玉伸び(玉のび)とは果実がググっと縦に大きく伸びることをいいます。

メロンを例にして言うと、果実はまず、縦に伸び、鶏卵のようになります。(1回目)
その後、直径が膨らみ、丸みが出ます。(2回目)

この1回目の伸びを「玉伸び」といいます。

この玉伸びの時に、十分に縦の長さを得ることが大事です。
ここで、長さを得ると、その後の膨らみで真ん丸になるのです。

最初に伸びずに丸くなると、その後の膨らみで、下膨れになってしまい、商品価値が落ちます。

なので、玉伸び時期は非常に大事なのです。

メロン農家さんではここで液肥を与えます。

与える液肥は、「サトウキビのちから水085」です。

完熟期後半以降は窒素は要らないのでこの肥料が最適。玉伸び効果が得られます。

いや、窒素は少しは必要。
という場合は「サトウキビのちから水293」が最適です。

作物によって使い分けてください。
メロン、トマト、マンゴー…

この時期、おススメの肥料です。

関連記事: