イチゴ農家さん御用達の肥料があります。

ケイ酸カリ/ニュークリスタルシリカです。

この肥料、ケイ酸とカリウムが複合した液体肥料で、ずっしり重いのが特徴。
またアルカリ度も高く、pHは11もあります。
強アルカリです。

ニュークリスタルシリカは肥料ではありますが、この強アルカリ性と、ケイ酸の効果で病気対策に使われることが多い資材です。

カビ菌を抑える効果があり、イチゴ栽培においてはウドン粉病対策として重宝されます。

また、ケイ酸は強固な細胞の形成に役立ち、倒伏対策として使われることが多いですが、ほかの作物においても茎や花首が強くなって、秀品率が向上します。
切花を作っている農家さんにもお勧めの資材です。

ところで、ケイ酸カリ肥料を使用する際は、ちょっと気を使うことがあります。

それは太陽光を十分に受容できるようにすること。

ケイ酸カリは光合成を促進することで相乗効果が得られます。

ややお高めの資材ですが、希釈倍率は2000-5000倍と薄めの使用で大丈夫なので、1Lあれば結構使いでがあり、それほど負担にはならないと思います。

メーカーはオーストラリア。バットフォン社の製品でナチュラル100%。

・イチゴの秀品率アップ
・花卉類の秀品率アップ
・水稲の倒伏防止
・病害対策

検討する価値はありそうです。

[ケイ酸カリ]ニュークリスタルシリカ「液体肥料(ケイカリ)」【1L】

関連記事: