センチュウは連作障害の原因のひとつにもなっている厄介な害虫です。
ネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウ、シストセンチュウ等が代表格ですが、いずれも農薬で抑えようとしても、土中深く潜り込んで逃げてしまいます。
また、シストという殻に入り込んで、餌が無くても数十年間生きて潜伏します。
なので、一度畑に入り込むと退治は困難となります。

そこで登場していただくのがセンチュウ捕食菌です。

センチュウ捕食菌

センチュウ捕食菌とはキノコの一種の菌群で、このキノコはセンチュウを捕食して自分の栄養として取り込み、勢力を伸ばしていきます。

その仕組み

  1. .センチュウ捕食菌は丸い輪のような罠を仕掛けます。
  2. そこに、何か誘引物質を出すのでしょうかセンチュウをおびき寄せます。
  3. その輪にセンチュウが入るとぎゅっと締め付けて捕獲します。
  4. 捕獲したセンチュウに自分の菌糸をもぐりこませ自分の栄養分とします。

まるで宇宙生物ホラー映画のよう展開(笑)
センチュウからしたらなんと恐ろしいことでしょう!

というわけで、センチュウがたくさんいる場所ほど元気よく働いてくれるというセンチュウ捕食菌資材。センチュウで悩んでいる農家さんからすれば救世主のような存在です。

ヒットするにはその理由がある!
ぜひお試しください。

センチュウ捕食菌配合ケイ酸資材|エムエムプラス【5kg】 
※お試しの1kg入り、大規模農家さん向け10kg入りもあります。

関連記事: