[366]カルシウムと海藻とキトサン

昔のヒット曲に「部屋とワイシャツと私」という歌がありました。

最近その続編がリリースされたようです。なんと27年ぶり。
「部屋とYシャツと私~あれから~」2019年8月28日発売。

今回はそれに似たタイトル「カルシウムと海藻とキトサン」! 🙂

カルシウム海藻エキスは、カルシウム成分と海藻エキスに含まれるアミノ酸や微量要素、多糖類、栄養素を同時に補給できる欲張りな資材です。

カルシウム海藻エキス

含まれるカルシウムは水溶性の酢酸カルシウム状態で、植物にとって吸収しやすい状態になっています。

カルシウムは植物内で移動しにくいので葉面散布がよろしい。特に必要なのが生長点への散布です。海藻エキスは、散布した翌日には効果が見えるといわれるほど、強力な資材。

そして、キトサン溶液。

キトサン溶液は溶媒醸造酢にキトサンを溶かし込んだもの。

キトサン溶液

キトサンは水には溶けませんが、酢に溶かすことによって水溶性になります。
水溶性になれば植物は吸収できます。
キトサン粉末を使う人もいますが、溶液にしたほうが断然効果があります。

どういう効果かというと、まず生長のスピードがアップします。
また免疫力が増加しますので、病害や虫害に犯されても、それに負けない生命力を維持します。

※キトサンは農薬ではありません。

このキトサン溶液とカルシウム海藻エキスを交互に隔週散布します。
良い結果が出ているとの報告があります。

ぜひお試しください。

例として柑橘果実の場合

1回目、カルシウム海藻のエキス300~500倍希釈を葉面散布
1週間後に2回目、キトサン溶液300~500倍を葉面散布
2週間後に3回目、カルシウム海藻のエキス300~500倍希釈を葉面散布

余った希釈液は土壌にまいてください、。土壌改良に効果があります。

カルシウム海藻エキス
一般農業園芸用キトサン溶液

Follow me!