地球環境を踏まえ、園芸・農業をテーマにした次世代園芸コラム。バラ栽培、ブルーベリー栽培、芝生、水耕栽培等の話題に熱いです。

(16)野菜にバットグアノを使う

白菜

白菜

リン酸肥料は花芽分化及び形成に作用し、花が多くつく作用をします。花が多くなればそれだけ果実も多くなりますので増収になります。そのためリン酸肥料は果樹の生産者には欠かせないものとなっています。

しかし、花や果実を要しないは葉菜の栽培についてはどうでしょう?あまりリン酸は必要ないのでは、と思う方もいると思います。

葉物野菜の価値とは何でしょう?もちろん葉そのもの自体の重さ、充実は収量に影響しますので欠かせません。しかしその味が問題です。立派なホウレンソウができたとしても、うまみ甘みが少ないのではおいしくありませんし、商品価値も下がってしまいます。

ここで、リン酸が活躍します。葉の充実にはチッソ成分が欠かせませんが、うまみ成分であるアミノ酸はリン酸肥料が働きます。しかも持続して肥効があることが大事です。持続するリン酸肥料といえばバットグアノ。ここでもバットグアノが活躍するのです。つまり野菜の栽培にもバットグアノです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

Facebookもチェック

ご訪問感謝!

創刊:2007.03.01
フィードメーター - 感動の園芸・儲かる農業 感動の園芸・儲かる農業
たまごや商店
PAGETOP
Copyright © 感動の園芸・儲かる農業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.