地球環境を踏まえ、園芸・農業をテーマにした次世代園芸コラム。バラ栽培、ブルーベリー栽培、芝生、水耕栽培等の話題に熱いです。

(5)その他の多量要素(中量要素)

その他の多量要素はチッソ・リン酸・カリよりは少なくてすみますので、中量要素ともいいます。

このほかに、多量要素として必要なのが、カルシウム、マグネシウム、硫黄です。カルシウムは石灰質肥料として、生石灰、消石灰、炭酸カルシウム肥料等があります。マグネシウムは苦土ともいい、苦土肥料としては硫酸苦土肥料、腐植酸苦土肥料等があります。

石灰の働き

カルシウムを補給します。カルシウムは植物の細胞膜を作り、また、これを強化する働きがあります。カルシウムは有害な有機酸と結びついて中和し、これを無害化します。光合成に欠かせない葉緑素の生成と光合成でできた炭水化物の移動に役立ちます。根の発育を促進し、丈夫にします。根が丈夫だと病害に対する抵抗力が強いです。

苦土の働き

苦土(マグネシウム)は葉緑素を構成する元素です。光合成をするには必須成分です。またマグネシウムは植物の新陳代謝を盛んにし、蛋白質、脂肪の合成を促します。また植物生理作用である体内のリン酸の移動を助ける働きがあります。

硫黄の働き

硫黄はタンパク質の合成に必要なアミノ酸が欲する元素です硫黄が不足すると植物は十分に生育できなくなります。また含硫化合物を作り、葉緑素の生成を助ける働きがあります。硫黄が不足すると葉の黄色化が顕著です。一方過剰の場合は土壌が酸性化します。

バットグアノの採掘場である洞窟は珊瑚礁が隆起したもの。
珊瑚礁=カルシウムですから、バットグアノには大量のカルシウムが含まれているわけです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

Facebookもチェック

ご訪問感謝!

創刊:2007.03.01
フィードメーター - 感動の園芸・儲かる農業 感動の園芸・儲かる農業
たまごや商店
PAGETOP
Copyright © 感動の園芸・儲かる農業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.