地球環境を踏まえ、園芸・農業をテーマにした次世代園芸コラム。バラ栽培、ブルーベリー栽培、芝生、水耕栽培等の話題に熱いです。

(3)キュウリへの使用例

使用商品 海藻のエキス

 

■使用方法:葉面散布

使用時期 希釈倍率 使用回数
育苗期 10,000倍 (100Lに10g) 2~3回
定植直後 10,000倍 (100Lに10g) 1回
その後定期的 3,000~5,000倍(100Lに20~33g) 2~3回

*収穫の10日前ぐらいまで散布可能。
散布量:300~400L/10a
*農薬混合時(濃度7,000~10,000倍)

■使用方法:灌水・灌注

使用時期 使用量 使用回数
灌水時 反当り 50~100g 月4~5回

 

効果: 光合成を促進させ、養分の移動吸収の向上。葉の成長、葉色・葉肉・葉層・水色の向上、成り疲れ・生理障害対策、干害・凍霜害・病虫害の抵抗力アップ。
液肥、木酢液、農薬との混合もできます。農薬カブレに効果。

 

使用商品 アスコシーグリーン/海藻粉末

 

使用方法 元肥  3~4袋/10a (1反)

 

効果: 葉の成長、色合い、葉肉、葉層、水色の向上、増収、吸収根の活力が向上。
使用目的: 海藻に含まれる豊富なミネラル、微量要素などにより、有効微生物の増殖、発芽、発根、光合成を高めバランスの良い、健康な土壌、作物を育てるのが目的です。それにより、病害虫に対する抵抗力が増大し、豊富な海藻の栄養は着色増進、増糖、増収、貯蔵期間の伸長などが期待でき、又差別化商品のプロセスとなりうるのです。

上記の使用量と希釈倍率は目安です。生長状態によって濃度・散布量を適宜変えてください。

生産者の声

 

群馬県:
使用商品: 海藻のエキス
作物面積: 40a
使用方法: 灌水 10a当り1袋(100グラム)週二回
使用効果: 海藻のエキスを灌水で使用したらキュウリに旨みがでた。その他、線虫が発生した割には、根の状態も良く、収量も例年以上に収穫できました。
群馬県:
使用商品: 海藻のエキス
作物面積: 30a
使用方法: 灌水 10a当り1袋(100グラム)週一回
使用効果: キュウリに定期的に使用すると、旨味がでて、葉色が濃く、日持ちが良くなる。美味しいものを作るには、植物が必要な栄養素(ミネラル・微量要素)の補給をしっかり行うことが大切です。
埼玉県:
使用商品: 海藻のエキス
作物面積: 30a
使用方法: 灌水 5,000~7,000倍 月1~2回
葉面散布  7,000倍  月2~3回
使用効果: 樹の老化防止、疲れにくくなり、収量の落ち込みが少なくてすむ。定期的に使用することで、樹の状態が維持・改善へ向かう。
群馬県:
使用商品: 海藻のエキス
作物面積: 40a
使用方法: 灌水10a当り1袋(100グラム) 1週間~10日に1度。
葉面散布 5,000~10,000倍 1週間~10日に1度。
使用効果: 成りが非常によくなる。成り疲れの防止としての効果ある。バランスの良い豊富な栄養素を与えることが、収量だけでなく病気・害虫に対する抵抗力もつく。
宮崎県:
使用商品: 海藻のエキス
作付面積: 85a
使用方法: 灌水 週2回 1回あたり500g使用。
エキス+ブドウ糖
エキス+硫安+発酵菌
使用効果: 線虫がかなり発生していたが、根の状態も悪くならずに、最終的に例年以上の収穫があった。

海藻資材とは?

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

海藻資材とは?

Facebookもチェック

ご訪問感謝!

創刊:2007.03.01
フィードメーター - 感動の園芸・儲かる農業 感動の園芸・儲かる農業
たまごや商店
PAGETOP
Copyright © 感動の園芸・儲かる農業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.