地球環境を踏まえ、園芸・農業をテーマにした次世代園芸コラム。バラ栽培、ブルーベリー栽培、芝生、水耕栽培等の話題に熱いです。

(2)水稲への使用例

使用商品 海藻のエキス

 

■使用方法:育苗期:10,000倍で1回、定植前に1回
育苗箱(30cm×60cm)に対して400cc散布

使用時期 希釈倍率 回数
発芽後 10,000倍 2~3回
定植前日 10,000倍 1回

葉面散布:3,000~5,000倍 200L/10a(1反)
本  田:200L/10a(1反)
田に水を流し込む段階時に混入。200Lの水に対して70g~700g程度のエキス

使用時期 希釈倍率 回数
田植え後 5,000~1,000倍 2~3回
中干し前 5,000~1,000倍 1回
出穂前・出穂後 5,000~1,000倍 2~3回
液肥・農薬との混合 10,000倍
散布量 0.8~1.5L/3.3m2

*平均月4回のペースで葉面散布して頂くことを推奨します。
収穫直前まで使用可能。

 

効果: 光合成を促進させ、養分の移動吸収の向上。葉の成長、葉色・葉肉・葉層・水色の向上、成り疲れ・生理障害対策、干害・凍霜害・病虫害の抵抗力アップ。
液肥、木酢液、農薬との混合もできます。農薬カブレに効果

 

使用商品 アスコシーグリーン/海藻粉末

 

使用方法 元肥  3~4袋/10a(1反)
育苗期:床土  10kg/m3
本 田:3~4袋/10a(1反) 苗を植える前に土にすき込む。

 

使用目的: 海藻に含まれる豊富なミネラル、微量要素などにより、有効微生物の増殖、発芽、発根、光合成を高めバランスの良い、健康な土壌、作物を育てるのが目的です。それにより、病害虫に対する抵抗力が増大し、豊富な海藻の栄養は着色増進、増糖、増収、貯蔵期間の伸長などが期待でき、又差別化商品のプロセスとなりうるのです。
効果: 葉の成長、色合い、葉肉、葉層、水色の向上、増収、吸収根の活力が向上。

上記の使用量と希釈倍率は目安です。生長状態によって濃度・散布量を適宜変えてください。

生産者の声

 

佐賀県: 品種名非公開
使用商品: 海藻エキス
使用方法: 浸種 播種前までに合計2回 1回に24時間。
希釈倍率10,000倍
育苗期のみずやり
定植直後、生理転換期 年3~4回 5,000倍
使用効果: 育苗期の健苗育成、根張り・樹勢が良くなる。定植後も樹勢が良くなり、虫が寄り付きにくく、いもち病にもかからない。無農薬栽培が基本。除草剤は年一回使用、通常の半分の使用量。食味あがる。
秋田県: 品種名非公開
使用商品: アスコシーグリーン
使用方法: 反あたり2~3袋
使用効果: 食味があがる。うまいと言われるお米づくりをおこなっていて、人が食べて美味しいといわれることにより差別化していく。
佐賀県: 品種名非公開
使用方法: 葉面散布 5,000~7,000倍
5月1回、6月1回、7月1回の計3回
使用効果: 幹が太くなり、色も良くなる。倒伏しにくくなる。味がよくなる。
茨城県: 品種名非公開
使用方法: 開花後1週間以内にブドウ糖+海藻エキスを1回だけ葉面散布。
使用効果: 増収 半俵~1俵

海藻資材とは?

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

海藻資材とは?

Facebookもチェック

ご訪問感謝!

創刊:2007.03.01
フィードメーター - 感動の園芸・儲かる農業 感動の園芸・儲かる農業
たまごや商店
PAGETOP
Copyright © 感動の園芸・儲かる農業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.