地球環境を踏まえ、園芸・農業をテーマにした次世代園芸コラム。バラ栽培、ブルーベリー栽培、芝生、水耕栽培等の話題に熱いです。

(1)乳牛および和牛への海藻給与効果

乳牛および和牛への海藻給与効果

海藻粉末は飼料のなかでも数少ないアルカリ性の飼料であり、そのためルーメン(第一胃)内のPH調整が適正に行われ、粗飼料をはじめ他の飼料の吸収効率が良くなります。ほかにも以下のような効果が期待されます。

  • 発情が強く、鳴声をあげたりするなど所作が明確になります。また離乳後の立ち上がりが早いこともあげられます。
  • 受胎率が著しく向上して年一産が十分可能になります。
  • 分娩が軽くなる効果があり、自力分娩が可能になります。
  • 粗飼料や配合飼料等、夏場冬場を問わず著しく喰い込みが良くなります。
  • 母牛、仔牛とも、皮膚、被毛の色、つや、質が著しく良くなり、総合的な資質が向上します。
  • 牛が温順になり、ロープかじり、柱かじり、毛なめ等の悪習が止まります。
  • 移動時のストレス、寒期、暑期に対するストレスに強い体質になります。
  • ガスや尿石、食滞等が激減します。
  • 哺乳中、離乳中の仔牛の下痢が一過性で軽くなります。
  • キリキズ、当たり等による腫れ物、化膿性のでき物などの治りが早くなります。
  • 母牛の乳質、乳量が大幅に改善され、また仔牛の成長状態がよくなります。
  • 抗生物質や種々の薬品の効果が高まります。
  • 頑強で大きな仔牛が生まれます。また、仔牛の第一胃の発達を促します。
  • 甲状腺の働きを活発にして、各種ホルモンの分泌を促進し、生理的な面において正常を保ちます。
  • 純天然物ゆえに害が一切なく、安全でしかも安価なため、運用コストを低く保つことが可能です。
  • 他のカルシウム剤、ミネラル剤、塩分等は一切不要です。
  • 母牛、仔牛とも健康で生き生きしてきます。また、母牛は連産性が向上し、あと一産の頑張りがききます。
  • 良いモノと悪いモノとの格差が大きくなった時代に、より付加価値を高めることができ、商品力・競争力が増します。

上記以外にも実に広い範囲にわたっていろいろな効果があります。どうぞじっくりと腰をすえて、母牛、仔牛に与えてみてください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

Facebookもチェック

ご訪問感謝!

創刊:2007.03.01
フィードメーター - 感動の園芸・儲かる農業 感動の園芸・儲かる農業
たまごや商店
PAGETOP
Copyright © 感動の園芸・儲かる農業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.