海藻資材は肥料成分である「チッソ・リンサン・カリ」が多少含まれていますが規定量に達しないため法律的に「肥料」と呼ぶことはできません。農林水産省の定めで、海藻資材(アスコシーグリーンフィリピン産海藻粉末海藻エキス)は「海草(藻)およびその粉末」は「特殊肥料」という分類になっています。

海藻は微量要素やミネラルを補給するために使うものであり、植物の生理状態を活力を与える資材として考えるといいと思います。通常必要な肥料は別途規定量を与える必要があります。

《飼料としても使える!》

なお、アスコシーグリーンは飼料規格にて「A飼料」の認定を受けています。A飼料とは、飼料等及びその原料のうち、農家において反芻動物(牛、めん羊、山羊、しか)に供給される又はその可能性のあるもとして動物由来たんぱく質等が混入しないように取り扱われるものをいいます。A飼料は養鶏、養豚、養魚にも使え るもので、それだけ安全性には配慮された製品といえるわけです。飼料として使えるのですから当然肥料として使っても安全なのは至極当たり前のことなのです。