地球環境を踏まえ、園芸・農業をテーマにした次世代園芸コラム。バラ栽培、ブルーベリー栽培、芝生、水耕栽培等の話題に熱いです。

春植え草花・球根の植えつけ

  • HOME »
  • 春植え草花・球根の植えつけ

気温が上がり暖かくなる春のこの季節(4月~5月)は、特にペチュニア、ベゴニア、マリーゴールドなどの草花類やダリア、グラジオラスなどの球根類を植えつけるのに適しています。

《鉢・プランターへの植えつけ》

  • 水はけ、通気性の良い用土に、根張りを良くし、つぎつぎと花を咲かせ、長く楽しむために元肥「マグァンプK」を土に混ぜ込みます。
  • 培養土には、水はけが良く、元肥マグァンプKが配合された「ハイポネックス培養土(鉢・プランター用)あるいは(寄せ植え・ハンギングバスケット用)」がお薦めです。
  • 苗は少し土を落とし、浅く植えつけます。
  • 球根類は球根の頭が少し出る程度に浅植えにします。

《花壇への植え付け》

  • 日当たりと水はけの良い場所を選びます。
  • 土を深く掘り起こし(30~40cm)、土のリサイクル材「ハイポネックス土のリサイクル材土ふっか」、石灰類、有機物(腐葉土など)を混ぜて2~3週間おいた後、元肥「マグァンプK」を入れて浅く植えつけます。

◆置き場所

日光が不足すると花着きが悪くなるので、日当たり、通気の良い屋外で育てます。

◆水やり

土の表面が乾いてきたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりと水を与えます。

◆肥料

  • 元肥が混合された土でも、次々と花を楽しむためには追肥が必要。
  • 植えつけ2~3週間後から液肥「ハイポネックス」を1週間に1回与えます。
  • あるいは、植えつけ1ヶ月後より「錠剤肥料プロミック」を2ヶ月に1度置肥して。
  • 花壇の追肥には「マグァンプK(小粒)」を2ヶ月に1回、株元に与えるといいでしょう。

《古い土を使う前にはこうして再生!》

まず、土を日光で十分に乾燥させた後、根や落ち葉を取り除きます。
次に土のリサイクル材「ハイポネックス土ふっか」を混ぜ込み、元肥「マグァンプK」を入れた後、使用します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 感動の園芸・儲かる農業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.