地球環境を踏まえ、園芸・農業をテーマにした次世代園芸コラム。バラ栽培、ブルーベリー栽培、芝生、水耕栽培等の話題に熱いです。
店長ブログ
  • HOME »
  • 店長ブログ »
  • カルシウム

タグ : カルシウム

[360]肥料成分の拮抗作用

肥料を十分に与えているのに効いている気がしない。 そんなときは、肥料成分同士の拮抗作用を疑って見ましょう。 拮抗作用とはお互いに反発しあい、どちらも効かなくなってしまうこと。 よく知られているのがカリウムとマグネシウムと …

[351]トマトにカルシウムを効かせる

トマトなどの大型果菜は収穫するにつれ栄養分が不足します。 あれだけの大きな果実ですから。 特に不足するのがマグネシウムとカルシウム。 ともに微量要素として把握されますが、微量ではなくむしろ大量に消費します。 なので、十分 …

[339]浸透移行がすばやい成分 コリン

肥料や活力剤の成分としてコリンが注目されています。 ◇コリンとは? コリン(corrin)はビタミン12の核となる物質で、誘導や還元などの作用を担う物質です。栄養食品などでも添加されています。 化学式:C19H22N4 …

[322]たかが鶏ふん、されど鶏ふん

日本において鶏ふんの利用な結構大昔から行われてきたようです。 農家さんの家には必ず鶏がいて、卵を産み、それを食す。 鶏は糞をし、それを畑に還元する。 貴重な食料として、また肥料として鶏のような家禽類は農家には欠かせません …

[309]トマトの尻腐れ病で転流阻害を疑う

尻腐れ病はトマトの実のお尻の部分が黒く変色し、腐ったようになる病気です。 実際には菌による病気ではなく生理障害です。 カルシウムの不足が原因とされています。 ところがカルシウムを与えているのに、カルシウム不足になってしま …

[305]骨粉を使いましょう

骨粉という良い肥料が昔からあります。 その名の通り動物の骨を粉砕した肥料で、骨に含まれるリン酸とカルシウムを作物に補給します。 この骨粉、畜産業の副産物として発生する動物(牛、豚、鶏など)の骨を肥料や飼料にしていたという …

1 2 3 5 »

Facebookもチェック

ご訪問感謝!

創刊:2007.03.01
フィードメーター - 感動の園芸・儲かる農業 感動の園芸・儲かる農業
たまごや商店
PAGETOP
Copyright © 感動の園芸・儲かる農業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.