[14]サンマリエ入会者に会う。

先日、二十数年ぶりに偶然、再会した同窓生(女性)とランチをともにした。彼女は未だ結婚歴のない独身で結婚相手を探していると言い、どのように探しているのか聞くと、結婚情報サービス「サンマリエ」に入っている、と。

サンマリエは私が加入しているオーネットの競合であり、会員数はオーネットが多いとスタッフがPRしていたが、負けず劣らずの大手である。私もオーネットで結婚相手を探しているのだと告白し、私たちは年甲斐もなく?一気に結婚したい話で盛り上がった。また、彼女はオーネットに加入していた経験もあると言う。そこで、オーネットとサンマリエの違いについて聞いてみた。

オーネットは、ほぼ紹介書でやりとりが交わされるのに対して、サンマリエは小規模のお見合いが頻繁に開催されているらしく、まず最初に会ってみてから個人情報がいくのでその点がいい、と彼女は言っていた。どのくらいの頻度でお見合いがあり、どのようなシステムなのか詳細までは聞けなかったが、両社を知り、比較できる彼女はそう言う。

まあ、オーネットにも小規模なお見合いは頻繁にあるので大差ないような気もするのだが。ちなみに、オーネットでは40万近くを払い、4?5ヶ月で退会して10万ちょっとの返戻金があったそうで、現在のサンマリエは20数万円払ったそうだ。

ところで彼女は同時に4人の人の連絡先を確保してメールのやりとりから始めているらしく、その行動は、アメリカ人が著書の有名な恋愛マニュアル(タイトルは忘れた)に基づいているらしかった。たとえば、最初のデートは2時間以内など、細かいアドバイスを忠実に守っているそうだ。

4人のうちの一人とは会う前に長電話をしてしまったと言い、マニュアルに反してしまったと嘆いていた。また、その長電話の大半は沈黙が続いたとも。電話で沈黙?!4人と同時進行も、マニュアルに沿った恋愛も、電話で沈黙も私には別世界の話としか思えず、不思議な世界があるものだ、と私は感心した。

「私って恋愛運がないの」と彼女が言った言葉が妙に説得力があり・・・。結婚はもとより、恋愛にまで至らない男女が集い、結婚市場は盛況しているような気がしてしまったのだ。

本城愛子
さぁ、胸をはって結婚に向かおう!

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages