« [23]周囲の反応は? | TOP | [25]結婚願望を再分析! »

[24]肉体関係、戦慄の構造!

以前、システムの盲点と題して多重恋愛が横行できることを挙げた。次々に異性を紹介され、重複交際を防止するための手だてもないため、不埒な考えも起こるのではないか、と。その時点では、誠意が失われていくのではないか、二股、三股があるのではないかという程度の、単なる私の憶測であった。

しかしその後、読者や加入者からの情報をもとに改めて考えてみると、私が思っていた以上に不誠実な人がはびこっているらしいことがわかってきた。(もっとも今でも憶測の域を脱してはいないが)。いわゆる、肉体関係を目当てに活動している人がいるだろうということである。事実、初めて会ってどこへ行こうかという話になり、「ホテル」と言った男性がいた、という話を間接的に聞いた。

仮に、私は30万近くの大金を叩いて加入したという意識があるが、人によっては端金かもしれない。結婚するのは面倒だけど、恋愛やセックスは必要としている男性がおり、風俗で玄人相手にしたのでは味気ない(または飽きた)と思ったとしよう。恋愛を楽しみながら簡単に素人女体をゲットできる方法して、適当に相手を変えながら遊ぼうと思えば遊べる30万円は安い買い物だろう。

オーネットに加入している女性は、恋愛したい、結婚したいと思っている、言わば愛と性に飢えている素人女性だ。性に飢えているという表現は語弊があるかもしれないが、女性の場合、愛とセックスは連動しがちだ。セックスは愛を育む上で大切だ、結婚を前提として付き合うのだからセックスがあって当然だ、性の相性もあるし、と女は思う。

そう考えるのは、何もオーネットの出会いに限らない。婚前交渉が当たり前の現代、ましてや結婚情報サービスで出逢った相手に誘われれば、その確率は極めて高い、ということだ。もっと言えば、結婚をエサにされると、男のレベルも下げて体を許す女性がいるかもしれない。

意図的であったにしろ、なかったにしろ、肉体関係を持った後、結婚に至らず別れたとしても、合意の上であればどうしようもない。「ま、気持ちいい思いをしたのだから、いっか」と気にしないのか、遊ばれたのかもしれないという悔しさを噛みしめながら泣き寝入り気分になるのかは当事者の性格や価値観によるのだろう。

後者は他言せずに心で封印してしまう節があるのでセックス目当ての男性にとっては好都合だ。もちろん前者も好都合だ。もっと悪意に満ちた言い方をすれば、上司や同僚・友達に紹介された女性を「やり捨てる」と非難されるし人間関係にも支障を来すだろうが、オーネットで出逢った女性をやり捨てても、隠密に済んでしまうということになる。やはりこのシステム、問題ありではなかろうか。

本城愛子
qrcode645114.gif
松並木 「ぬく・さら・ふわ」だから気持ち良い!超厚手ガーゼ3枚重ね長袖全開ネグリジェ*フリ...
楽天で「ブライダル」を探す

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/908
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。