« [24]肉体関係、戦慄の構造! | TOP | [26]結局、退会を決意。 »

[25]結婚願望を再分析!

実りがないというよりも、実らせる気概が感じられないまま、私のオーネットでの活動は、書類上、あるいはオンライン上で過ぎていった。

※オーネットの活動は、すべての情報のやりとりを郵便で行うメール会員と、すべてではないが、一部の手続等をパソコンのオンラインで行えるネット会員の二通りある。改めて考えてみると、私は本当に結婚を望んでいるのだろうか、という疑念が生まれる。

私は自分で自分を恋愛暴走型だと自認していた。いつもどこかに出逢いが転がっており、恋に落ちやすく、のめり込みやすい。心と身体と言葉を駆使して熱烈な愛を育むことをモットーとし、実際に経験した恋愛はかなり“濃い”つき合いだったと思うし、結婚は大恋愛の末、周囲の反対を押し切っての強行であった。

ここだけの話、結婚に失敗したのは1度ではない。2度である。結果的に離婚したのだから、いわば恋に盲目になるタイプなのだ。それでいて男性に振り回されたり依存することをよしとせず、『仕事』『遊興』『恋愛』の3つを機軸にバランスよく暮らしを循環。仕事に没頭し、遊びでストレスを発散し、恋愛で鋭気を養う(?!)という具合だ。

ところが今は、人が変わったかと思うくらい、腰が重く、火がつかない。もっとも、年齢的に異性からのアプローチが激減していることもあるのだろうが、それはひとえに子どもがいることに起因するのではないかと思う。

ストーカー男を恐れたのも幼子がいるからにほかならない。私一人なら、警察に相談して決着をつけるなどという穏便な処置では済まさず、反撃や復讐をしてやってもよかったのだ。そうしなかったのは、復讐の復讐を恐れたからだ。

ともかく、元来結婚には不向きと思われる性分に加え、子どもが生まれたとき、私はすべての価値観が変わってしまったのではないかと思うのだ。ところで、オーネットのプロフィールでは、離婚の年月を記載するのみで、離婚回数を記載する欄はないので、相手の離婚回数に多少こだわりのある方はご注意を。

本城愛子
qrcode11916289.gif
それでも恋して生きてゆく
楽天で「結婚願望」を探す

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/923
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。