[27]エピローグ

休会・退会など各種手続関係には規定の用紙があり、大阪のシステム部に送ることで退会が成立する。支社の担当者に一報を入れるというのが筋かとも思ったが、退会したいと告げたところで引き留められるに違いない。一報を入れずに郵送したとしても、退会届けには担当者名を記載する欄もあることだし、担当者から連絡があるだろう。

案の定、投函した翌日には担当者から電話が入り、退会の理由を聞き、あれこれと思いとどまるよう切り返してくる。ここで少し気の弱い人や優柔不断な人は思いとどまるのだろうが、私の意志は変わらない。執拗なやりとりはまるで、引き際の悪い男との別れ話のようだった。

別れ話なら、理由を聞いてきた時点で激高するところだが、そうはいかない。埒が明かないので、「一晩考えてみます」と言って電話を切り、翌日に「やっぱり気持ちはかわりませんでした」ということで退会を納得してもらった。しかし、退会後6ヶ月以内であれば、返戻金を返金すれば復帰できるのだという。なんたる未練がましいシステムだ。

退会してからは、サンマリエに在籍する同級生と大勢のお見合いパーティに参加した。残念ながら、成果はなかったものの、その楽しさ?に目覚めつつあり、また参加しようと考えている。また、ヤーフーの縁結びにも関心を持っている。ただ、結婚や恋愛よりも、人生の喜びを子どもの成長に見いだしている自分がいることも確かだ。

最後になりましたが、高飛車な偏見と思いこみに満ちた本メルマガを愛読してくださった皆さま、情報の提供や激励のメールを送っていただいた皆さま、どうもありがとうございました。また、書く機会があればご愛読のほどよろしくお願いいたします。

本城愛子
qrcode11493529.gif
結婚貧乏
楽天で「結婚」を探す


[26]結局、退会を決意。

結婚したい気持ちはあるはずなのに、色々と考えるばかりでオーネットの活動期間が過ぎていく。そのうち、オーネットというスタイルで相手を探すことに疑問を感じ始めていた。子どもが急速に成長していく時期であり、何かと忙しいこともある。

私には、日々の育児もあるし、休日に子どもと何をして遊ぶか、という重要な課題があるのだ。成長記録ビデオの編集作業もたまっている。こうして子どもに心を砕くことが親以外の第三者にできるだろうかという思いがくすぶる中で、私はオーネット退会の決意をした。

ところで私の知人で長年不妊治療をしていた夫婦がいる。治療には費用がかかるし、精神的な苦痛も大きいと聞く。それでも我が子を抱くことを夢見て10年あまりがんばったらしいが、ついに諦めて、残りの人生は2人のために、2人で楽しく過ごそうと決めたらしい。そう決めた瞬間から2人の世界観は大きく変わった、と彼らは言っていた。肩の荷が下りたのだろう。オーネット退会を決意した気持ちと重なる。

結婚を諦めたわけではないが、結婚したい、両親が揃っていた方がいい、そうした呪縛から逃れ、自然の成り行きに任せようと思った瞬間、私は自由になれた気がした。何とも言えない開放感と充実感を得たのだ。もしかしたらこの先、異性との出会いがないかもしれない。それならそれでいいではないか、と思うのだ。バーチャルな出会いが錯綜する世界で、迷い戸惑いながら『結婚』に翻弄される必要がない分、まだマシだ。

私の場合、オーネットの費用は一括で支払っているのでいくらかの返戻金がある。入会してからの数ヶ月で大きく消費してしまう仕組みなので返戻金はたいした額ではない。費用は1年間で消費してしまうが、在籍期間は2年間。もし退会しなければ、払った会費(入会金を除く27万円程度)で2年間は在籍して活動することができるが、惰性で続けてしまうのは無駄だと判断した。

本城愛子
qrcode10000097.gif
クローバー柄・お名前、顔写真が入りますブライダルシール(クローバー)
楽天で「ブライダル」を探す


[25]結婚願望を再分析!

実りがないというよりも、実らせる気概が感じられないまま、私のオーネットでの活動は、書類上、あるいはオンライン上で過ぎていった。

※オーネットの活動は、すべての情報のやりとりを郵便で行うメール会員と、すべてではないが、一部の手続等をパソコンのオンラインで行えるネット会員の二通りある。改めて考えてみると、私は本当に結婚を望んでいるのだろうか、という疑念が生まれる。

私は自分で自分を恋愛暴走型だと自認していた。いつもどこかに出逢いが転がっており、恋に落ちやすく、のめり込みやすい。心と身体と言葉を駆使して熱烈な愛を育むことをモットーとし、実際に経験した恋愛はかなり“濃い”つき合いだったと思うし、結婚は大恋愛の末、周囲の反対を押し切っての強行であった。

ここだけの話、結婚に失敗したのは1度ではない。2度である。結果的に離婚したのだから、いわば恋に盲目になるタイプなのだ。それでいて男性に振り回されたり依存することをよしとせず、『仕事』『遊興』『恋愛』の3つを機軸にバランスよく暮らしを循環。仕事に没頭し、遊びでストレスを発散し、恋愛で鋭気を養う(?!)という具合だ。

ところが今は、人が変わったかと思うくらい、腰が重く、火がつかない。もっとも、年齢的に異性からのアプローチが激減していることもあるのだろうが、それはひとえに子どもがいることに起因するのではないかと思う。

ストーカー男を恐れたのも幼子がいるからにほかならない。私一人なら、警察に相談して決着をつけるなどという穏便な処置では済まさず、反撃や復讐をしてやってもよかったのだ。そうしなかったのは、復讐の復讐を恐れたからだ。

ともかく、元来結婚には不向きと思われる性分に加え、子どもが生まれたとき、私はすべての価値観が変わってしまったのではないかと思うのだ。ところで、オーネットのプロフィールでは、離婚の年月を記載するのみで、離婚回数を記載する欄はないので、相手の離婚回数に多少こだわりのある方はご注意を。

本城愛子
qrcode11916289.gif
それでも恋して生きてゆく
楽天で「結婚願望」を探す


[24]肉体関係、戦慄の構造!

以前、システムの盲点と題して多重恋愛が横行できることを挙げた。次々に異性を紹介され、重複交際を防止するための手だてもないため、不埒な考えも起こるのではないか、と。その時点では、誠意が失われていくのではないか、二股、三股があるのではないかという程度の、単なる私の憶測であった。

しかしその後、読者や加入者からの情報をもとに改めて考えてみると、私が思っていた以上に不誠実な人がはびこっているらしいことがわかってきた。(もっとも今でも憶測の域を脱してはいないが)。いわゆる、肉体関係を目当てに活動している人がいるだろうということである。事実、初めて会ってどこへ行こうかという話になり、「ホテル」と言った男性がいた、という話を間接的に聞いた。

仮に、私は30万近くの大金を叩いて加入したという意識があるが、人によっては端金かもしれない。結婚するのは面倒だけど、恋愛やセックスは必要としている男性がおり、風俗で玄人相手にしたのでは味気ない(または飽きた)と思ったとしよう。恋愛を楽しみながら簡単に素人女体をゲットできる方法して、適当に相手を変えながら遊ぼうと思えば遊べる30万円は安い買い物だろう。

オーネットに加入している女性は、恋愛したい、結婚したいと思っている、言わば愛と性に飢えている素人女性だ。性に飢えているという表現は語弊があるかもしれないが、女性の場合、愛とセックスは連動しがちだ。セックスは愛を育む上で大切だ、結婚を前提として付き合うのだからセックスがあって当然だ、性の相性もあるし、と女は思う。

そう考えるのは、何もオーネットの出会いに限らない。婚前交渉が当たり前の現代、ましてや結婚情報サービスで出逢った相手に誘われれば、その確率は極めて高い、ということだ。もっと言えば、結婚をエサにされると、男のレベルも下げて体を許す女性がいるかもしれない。

意図的であったにしろ、なかったにしろ、肉体関係を持った後、結婚に至らず別れたとしても、合意の上であればどうしようもない。「ま、気持ちいい思いをしたのだから、いっか」と気にしないのか、遊ばれたのかもしれないという悔しさを噛みしめながら泣き寝入り気分になるのかは当事者の性格や価値観によるのだろう。

後者は他言せずに心で封印してしまう節があるのでセックス目当ての男性にとっては好都合だ。もちろん前者も好都合だ。もっと悪意に満ちた言い方をすれば、上司や同僚・友達に紹介された女性を「やり捨てる」と非難されるし人間関係にも支障を来すだろうが、オーネットで出逢った女性をやり捨てても、隠密に済んでしまうということになる。やはりこのシステム、問題ありではなかろうか。

本城愛子
qrcode645114.gif
松並木 「ぬく・さら・ふわ」だから気持ち良い!超厚手ガーゼ3枚重ね長袖全開ネグリジェ*フリ...
楽天で「ブライダル」を探す


[23]周囲の反応は?

オーネットで結婚相手を探していることを、人は周囲の人に公言しているのだろうか。ある婚歴なし40歳代の男性は従兄弟か姉妹だか親戚複数名に勧められて加入したと言っていた。家族、地域ぐるみ?で結婚を応援するくらいなら、誰か紹介してやれよ、とも思うが、人間関係が希薄になり、仲人おばさんみたいな人も減ったのか。ある30歳代婚歴あり子なしの男性は、家族にも内緒にしているらしく、紹介状などのやりとりは支社止めにしていると言っていた。

まあ、その人の人間関係や考え方によるのだから、公言して活動しようが内密にしようが自由なのだが、公言したらしたで、恥を承知で告白する、みたいなわけで、公言しなかったらしなかったで、後ろめたい気持ちになるのではないか、と思う。

私の場合は一部の家族・親戚・友人たちにオーネットに加入していることを告白している。で、相手の反応はどうかというと・・・。

●「変な出逢い系で変な男に出逢うより、それがいいわよ」(友達感覚の親戚・30歳台子あり専業主婦)。エキサイトで出逢った男とのストーカー騒ぎを指しており、積極的ではないものの、賛成派と言える。

●「バカじゃない?なぜそんなに結婚したいわけ?30万円も払ってもったいない!」(離婚歴あり子なしの女友達・同い年で彼氏なし)。結婚に懲りている彼女に再婚願望がまるでないらしく、生活のため仕事に追われ、暮らしぶりはジリ貧。それはパチンコ通いのせいだと思うのだが、それはまあいい。私の浪費だと捉えているようで、怒りを含む完全否定派。

●「マジ?ふうん?。きゃはは(笑)」(女友達・同い年・子あり専業主婦)感嘆から笑いへ。結婚して20年近く経つ彼女にはピンと来ないらしい。呆れているのかも。学生時代は恋愛話で盛り上がった親友だが、全く別の人生を歩んで来たのだと再認識。否定も肯定もしない中立派ということで。

●「・・・。まあ、いいんじゃないか。」(親戚・30歳代・独身男性)結婚に対する切実な願いに同情したのか、こちらも唖然呆然系。

●「やっぱ、それで結婚相手を探すのは無理よ。やめなよ」(離婚歴あり子なしの女友達・同い年で彼氏あり)。彼女には、つい最近になって告白。最初は驚きを隠して平然とした様子を装っていた中立派だったが、経緯=再婚の目処が立っていない現状を説明するごとに否定派へ。

というわけで、賛否両論というよりも、同情と驚きが入り交じった絶句系が大半と言える。で、内緒にしている相手は仕事関係の人だ。私生活で付き合いのある友人も含まれるのだが、仕事絡みの人にはひた隠しにしている。

本城愛子
qrcode10008013.gif
【税込5250円以上で送料無料】【10%割引】刺繍入ニ巾ふろしき・金封包みセット
楽天で「風呂敷」を探す


[22]結婚難民の循環構図とは?

支社へ出向いて写真付きプロフィールで相手を検索する『オーパス』で、5名に申し込むも、ほぼ全滅(お断り)の結果に。子持ちの高齢でありながら、高収入の若い婚歴なし男性に絞って申し込むという身の程知らぬ暴挙が敗因か・・・。

かといって、思春期の子どもがいる人や高齢の両親を抱えた人、辺鄙な田舎で暮らしている人、しかも収入の低いとの出逢いにはためらいがある。データで一致した人や全国版の雑誌、オーパスを通じて私に申込をしてくる人は、そうした何らかの不利な条件を抱えている場合が多い。しかも県外だったりする。

分相応という意味で言えば、子持ちで三十路さえも終わろうとしているのだから、年かさだったり、子持ちだったり、高齢の両親がいたり、田舎だったりという条件もやむを得ないのだろうが、当事者(私)にしてみれば、それらを知りつつ、恋愛モードのスイッチを入れるのは難しい。

但し、好きになった人との結婚を考えるのなら、相手に子どもがいようが、介護が必要な両親がおろうが、僻地だろうがきっと受け入れるはずだ。抜き差しならない愛情があれば、条件などいとわないものだ。しかし、オーネットの場合はまず条件を見てしまわざるを得ない。人間性や相性以前の問題だ。やはり私の場合、このシステムで結婚相手を探すのは無理なのではないか、と思ったりもする。

そう考えていると結婚難民の構図が見えてくる。結婚難民な男女はやはり何らかの不利な点を抱えているということだろう。オーネットのように条件ありきの出逢いの場合、それが如実に現れる。不利な条件を持つ相手を避けようとするのは私だけではないだろう。私も誰かに避けられている。お互いに不利な条件の相手を選ばないので、不利な条件を抱えている人が残ってしまう。自分も不利な条件があるのだから、相手に不利な条件があるのを良しとして受け入れるという考えもあるだろうが、そうすると不利の倍増だ。

夫婦や家族になったときの課題も多いということだろう。まるで、賞味期限の古い牛乳パックが敬遠されて奥へ追いやられていくようだ。牛乳の場合、古いモノが残ると最後には破棄されるためコスト増となり、やがて売価に跳ね返ってくるから、古いモノから選ぶのが賢い消費者なのだが、結婚は・・・どうなのだろうね

本城愛子
qrcode758622.gif
手作り用素材 ☆ペーパーアイテム ドルチェワイン 席札
楽天で「席札」を探す


[21]PCで検索、オーパス体験。

ある平日の昼間、私は暇を持てあまして家でゴロゴロしていた。連日家でゴロゴロが続いていたので、ゴロゴロにも飽きてしまい、どこかへ出かけようかと考えながら、『オーパス』の存在を思い出す。オーパスとは、オーネットの有料サービスのひとつで、支社のコンピュータで写真や略歴を検索できるシステムである。

1回90分で3万円(だったと思う)で、入会したときに1回無料のチケットをもらっていたので使わなければもったいない。そう思いながらチケットを見ると有効期限が切れている。しかし、担当者に尋ねると利用できるとのこと。予約制だが、平日の昼間なので空いており、すぐに支社に出向いた。

支社に行くのは3度目だ。別に悪いことをしているわけではないはずなのに、道行く人にオーネットに行くと思われてはないだろうか?と奇妙な羞恥心が頭をよぎる。パーテーションで仕切られた商談ブースに通され、使い方の説明を受ける。コンピュータは21インチ程度のディスプレイのみでキーボードはなく、マウスで操作。携帯電話や筆記具の持ち込みは不可で、バッグは預かっておきますと言って取り上げられた。

重要な個人情報なので、扱いはまずまず慎重なようだ。自分の会員番号を入力してスタート。居住地と年齢と年収が検索項目だったと思う。ヒットすると一覧で小さな写真が出てきて、さらにクリックすると本人の写真2点、自己PRのコメントほか身長、体重、趣味、婚歴、子どもの有無など主要なプロフィールが出てくる。写真はかなりクリアなもので、サイズも大きい。ここで気に入った人10名まで申し込みができる。

他人の顔やプロフィールを見るのはかなりワクワク、ドキドキとして思いのほか楽しいものだ。が、楽しんでいる場合ではない。私は生涯の伴侶を探しているのだから。で、自分の条件は棚に上げて、主に居住地と容姿で選んでしまうと、申し込みをしてみようかと思う人は、私より若い年齢の婚歴なしの男性になってしまった。

どう考えても無理目な選択だが、無理に妥協することもないかと思い、5名に申し込みを決定。時間が余ったので、興味本位で検索を続ける。みんなどんな暮らしをしていて、どんな思考で、どんな結婚観を抱き、今は何をしているのかなぁ、と想像を巡らせながら90分終了。暇つぶしとしては有意義であったが、結婚につながりそうな予感は皆無のまま、支社を後にした。

本城愛子
qrcode10011925.gif
★Jオリジナル★エンゲージリング(婚約指輪)【全商品代引き無料】★エンゲージリング(婚約指輪)
楽天で「婚約」を探す

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages