[07]返されたお金の意味

男の家の合鍵を持つようになってからというもの、日に日に男が私に頼みごとをする頻度が増していった。

シャンプー・ボディソープ等の生活雑貨から始まり、Yシャツ・ネクタイ・部屋着・靴下・下着と恋人や配偶者以外の女性に頼むにはちょっと行きすぎではないか…と思うような品物を平気で頼んできた。他人の下着を買うことに抵抗はなかったの?何故断らなかったの?と思う方もいるでしょう。不思議なもので、他人の下着でもどんな物かは指定されていたし、婚姻暦ありの私にはあまり抵抗を感じなかったのである。

次に頼まれた事は、男の使用する携帯電話の料金を支払ってくることであった。当時忙しく働いていた男の携帯電話料金は私の金銭感覚ではかなりの高額であった。さらに今までは頼まれる時に先払いでお金を渡されたのだが、その時は違った。「今ちょっと手持ちがないから悪いけど先に支払っておいてくれるかな。」と言われた。

もちろん躊躇したものの、いろいろお世話になっていたし男の店である夜のバイト代は結構良かったので手持ちはあった。躊躇している様子を感じた男はすかさず「直ぐに返すから心配するな。」と言ってきた。そして私は、不安を抱きながらもコンビニへ支払いに行くことになった。

数日後、男は言ったとおり携帯電話の立替代を返してきた。返されたお金は多少多かったのでお釣りを出そうとすると、「お釣りはやるから子供に飯でも食わせてやれ。」と言われた。それ程多くなかったこともあり、私はその言葉に甘えることにした。

この出来事があったことで、「この人はちゃんと返してくれる人なんだ。」と、私の中での男のカブが上がっていったことは紛れもない事実である。

しかし・・・この私の行動と心の動きは不味かった。男は何故お金を返してきたのか、当時の私はその意味にまだ気付くことができていなかった。作戦はアカサギの思うとおりに着々と進んでいたのである・・・

早乙女夢乃
qrcode10000232.gif
尿にお困り・・・夜が不安・・・液体セラミックのパンツで解消!!エキセラブリーフ3枚セット【送...
楽天で「男性下着」を探す

[06]アカサギの小道具

次の日、男から預かった1万円を手に頼まれ物を買いに行った。軽く請負ったはいいが、人のものを買うというのは神経を使うなぁと改めて思う。とにかく買い物を済ませ、男に渡そうと店に行った。

男に電話をして「頼まれたものを買ってきました。」と言うと、「今ちょっと忙しいから少し待っていてくれ。」と言われ待つことになる。一時間程待っただろうか・・・男が現れると話し始めた。「ありがとうな夢乃。悪いんだけど頼まれついでに俺の家に行ってそれをセットしておいてくれると嬉しいんだけどな。」そんなことを言われた。

私は一瞬躊躇ったが、ここで拒む理由は何も無かったし拒んだら店を追い出されてしまうかもしれない・・・という予感がした。今店を追い出されたら困る・・・暫くはここで働かせてもらいたいし、居心地良く仕事もしたい・・・などといろんな思いが過ぎり、結局男の頼みを引き受けることにした。

私が「いいですよ」と言うと、男はポケットからさりげなく手を出し私の前に差し出した。手の上には男の家の鍵があった。そう、合鍵だ。その鍵を受取り男の家へ行った。

家族でも彼氏でもない男の家に入るのはなんとも不思議な気分だったが、頼まれた仕事をこなすだけと思えば特に問題はなかった。その部屋は、男が言っていた通り何も無く引っ越してきたばかりの香りのする部屋だった。とにかく頼まれた通りに買ったものを広げてセッティングを済ませ鍵を閉めて店に戻った。

男に鍵を返しに行くと、「鍵はそのまま持っていていいよ。」と言った。私は持っている理由がないと思い「いえ、また必要なときがあったらお借りしますのでとりあえずお返しします。」と鍵を返そうとしたが、一向に受け取ろうとしない。「またいろいろ頼むと思うから持っていてくれ。」と男は言う。そんなやりとりが暫く続き、結局私が根負けしてそのまま合鍵を持っていることになった。

・・・そう、賢い読者の方ならもうお分かりであろう。その日からというもの男は何かと私に頼みごとをする様になったのは言うまでも無い。

早乙女夢乃
qrcode619445.gif
カバスター 追加合鍵
楽天で「合鍵」を探す

[05]アカサギの作戦が始まった

店の経営者であることを明かした男は、その日から着々と経営者の力量を現してきた。男の話によると、経営者になったのは私と出会うほんの少し前のことらしい。

今まで閑古鳥が鳴いているような店だったのだが、男が経営者として抜擢されると店には多くの客が来るようになった。それに伴い私たちの仕事も忙しくなった。私はもちろんのこと店の子達も一生懸命働いた。夜の世界では一人一人が勝ち残るのは難しいと言われているが、男の機転で店内の争いを沈め互いの魅力を高めあえるような雰囲気作りがなされていった。その結果、店の評判はさらに良くなりお客が増えていった。また、働きやすい職場という評判も伝わり店に働く女の子も増えていった。

そんなわけで、徐々に男を社長と呼び慕う子達が増えていった。例外なく私もその一人となったのである。とはいっても、この時点ではまだ社長と店員のひとりという関係でそれ以上は何もなかった。

ある日、休憩中に男が私に声をかけてきた。

男 「なぁ、夢乃。ちょっと頼みがあるのだけど。」
夢乃「なんですか?社長。」
男 「俺、忙しくて買い物にいけないから野暮用だけど頼まれてくれないか。」
夢乃「はい、いいですよ。何を買ってくればいいんですか?」
男 「俺、今住んでるところに引っ越してきたばかりだから生活用品をちょっとそろえてほしいんだ」
夢乃「わかりました。じゃあ買い物リスト作りますね。」

こんな会話の中で買い物リストを作り買ってくることになった。約1万円程の買い物になったのだが、「これで買ってきてくれ」とポンと1万円を渡された。

だからどーしたの?という声が聞こえてきそうだけど、確かにここまでの私は、ただ単に男に買い物を頼まれてお金を預かり買ってきた商品を渡すというお使いをこなそうとしているだけである。お金もしっかり預かっているし、何一つ詐欺と結びつくことはない。

しかし、一見なんでもないこの普通のやりとりが・・・私を着々と罠に陥れる為の男の作戦の始まりだったのである・・・・・

早乙女夢乃

男と女のラブゲーム―結婚詐欺の手だれの面々〈2〉

[04]アカサギとの出会い

私が騙されてきた、のちにアカサギと判明した男との出会いは私が夜のバイトを始めたころである。その男は、私が入店して3日後に店に姿を現した。

男は、自分の親以上の年かっこで私が恋愛の対象にするはずもない男だった。それなのに、男と親しくなり私がこれほど騙され続けることになったのは、男の巧みに女を操る天才的話術のたまものであろう。

もちろん騙されてきたこの6年間に関しても私は男に恋愛感情を抱いていたかといえばそれは違うのだが、男に対して全く感情が無かったとも言い切れない。親しくなるにつれ心にスキが出来てくるのは然るべきことで、その心のスキを巧みに操られてしまったのだ。

私は、店の託児室に子供を連れて行っていたのだが、まず初めに男は子供の世話をしてくれたり子供にお菓子を買ってくれたりした。ある時、子供がおねしょをしてしまったのだが、その時もとても親切に世話をしてくれていた。私の元夫は、実の子供に対しても食事の世話はおろか、入浴なども殆ど協力することがなく毎日呑んだくれているような男で『子供の世話は女がやるのが当然』と豪語するような奴だったので、その男の親切さにはちょっと驚いたものだ。

男や店の子達と話をする中で、その男の住まいが近所だということを知る。また、男の母校が私と同じだという話で盛り上がったこともある。当然だが、母校が同じということは私の学びの先輩ということである。そして徐々に私と男は親しくなっていったのだ。

それからの男は、子供がお腹がすいただろうと食事をご馳走してくれたり、ジュースを差し入れしてくれたりととてもマメでごぼんのうだった。私はあまり人にお世話になることが好きではないのだが、『気にするな』と頼みもしないのにご馳走してくれるのだ。

食事をしながらいろいろな話をした。子供のこと、私の元夫のこと、どのような理由で離婚することになったのか、店で働くようになった理由、借金の有無、再婚するつもりはあるのかなど私の人生を左右するような事を次々と聞き出していった。一種の人生相談のようであった。『借金があるなら返してしまえ。俺が貸しておいてやろう』や『まだ元夫に未練があるのだろう・・・それなら俺が仲をとりもってやろう』などと言い出したこともあり、私はこの人はどんな人物なのだろうと思ったものだ。

そうやって話をする中で、男はこの店の経営者である事実をあかすことになる・・・

早乙女夢乃
詐欺師のすべて
楽天で「詐欺」を探す

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages