« [09]リップサービス話術 | TOP | [11]アカサギ社長の誕生 »

[10]俺とオマエの仲

店での事件の後、私と男の関係に親密さが増していったことで、徐々にではあるが男の私への対応も変化を見せることになる。以前にも増して、頻繁に連絡を取ってくるようになったり、自分の知り合いの店だと呑みに連れて行き私を紹介したり、自分が経営している店だと連れて行き、雇われ店長に紹介したりと、男は私を彼の女として紹介し始めた。もっとも、私が働いていた店の店員君や女の子達に言わせれば、もっと前から私と彼はできていると思われていたらしいけど・・・

そしてある日、遂に男に現金を貸してくれと言われた。金額は30万円。
「現在の事業を会社として登録するのだ。」と男は言う。
「何故私に借りるのか。」と訊ねると、
「俺とオマエの仲じゃないか。」と男は言った。

・・・俺とオマエの仲・・・

沈黙の時間が流れた後、男はお決まりの極めつけのひと言「直ぐに返すから。」も付け加えた。今までも立替払いを受け入れてきたし、そのお金は殆ど返されているのも事実。しかし、今回は「現金」そのものだし金額も大きい。だからとても悩んだ。

私が悩んでいる間、男は「手続きが終わって○月○日前後には必ず返すこと。」「今までもちゃんと返していること。」「私のことを裏切るつもりは全く無いこと。」等、実に穏やかな口調で私を説得し続けた。そして私は悩みに悩んだ末、渋々そのお金を差し出すことになった。

「俺とオマエの仲」という言葉を男は以後頻繁に使うことになるのだが、私はお金を差し出した後、男の言うその言葉の意味について考えていた。「男と女の仲ってこと?」「私の物は男の共有物ってこと?」「私は男に世話になっている仲ってこと?」考えれば考えるほど貸すのが当然だったのか、貸したのは失敗だったのか訳がわからなくなったのを覚えている。

あれから6年経った今やっと理解し、キッパリと言える事がある。『この言葉を言うような男とは関わるべからず!』なぜなら、「俺とお前の仲」という言葉はアカサギにとっては、女を操る為の「話術」の一つであり、その言葉は誠実さの欠片も無いアカサギの企みの言葉そのものだからである。

早乙女夢乃

あなたを狙う詐欺の手口77―ウマイ話には“裏”がある
山下 勝也 藤原 義恭
すばる舎
売り上げランキング: 227087

amazonで「話術」を探す

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/740
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。