« [14]カケヒキ | TOP | [16]洗脳されたまま »

[15]無知の怖さ

逆らうことのない完全なる金庫番となった私を思う存分利用して、男は私の稼いだお金を次々と引き出していった。この頃には、お金を引き出す理由などまったく要らないほど、私が完全に男に調教されていたのは明らかだ。

離婚したばかりの頃、今後の生活に不安を抱いた私はまだ今のうちなら夜の仕事で効率よく働くことが出来るのではないかという安易な考えで男の経営する店に飛び込んだ。実際本当に効率の良い仕事だったことは間違いない。いっしょに働く女の子たちも普通の子に見えたし、私たちをサポートする男子社員もいたって普通の子達に見えた。

しかし、ただ一つだけ最も重要な事実を私は知らなかったのである。夜の世界に渦巻く人間たちの怖さがどれ程のものかという事実・・・

親切に近寄ってきた男を本当に親切な人物として受け入れ、頼るようになり、遂にはすっかり調教されてしまった私。男が親切にした事も、頼るように仕向けた事も、体を使って調教し完全な金庫番に仕立て上げた事も、なにもかもがアカサギの悪質極まりない計画であることも知らずにまんまと騙された私。そして稼いだお金を次から次へと引き出される。

それでも働き続ける私。なぜなら、働いても働いても離婚した当時の不安が消えなかったのである。私はただ、これから生きる先に何かが起こって働けなくなっても暫くは食いつなげる程度の蓄えを作っておこうと思ってこの仕事を始めただけなのに・・・働いても働いても自分の目の前をお金が素通りしていってしまう現実に突き当たっていた。

早乙女夢乃
qrcode12001158.gif
離婚の値段
楽天で「離婚」を探す

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/846
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。