[19]被害回復

悪徳商法に騙された事実を知った私は、このまま泣き寝入りなんてするものかと作戦を考えるも良い案がなかなか浮かばなかった為、この事実を思い切って男に相談した。

すると男は、待ってましたとばかりに私の相談を真剣に聞いてくれた。「まったく馬鹿な女だ。俺がいないと何もできない女なんだから俺に頼っていればいいんだ。」と言いたげな態度だった。実際遠まわしないやみ?な言葉も連発していたし。

非常にいやみ?な言い方ではあったが、さすが私の倍以上の年月を生きてきただけはある意見を言い、私にこれからどうすれば良いかの指示をしてくれた。

とにかく男の助言の通り悪徳商法に関する法律を調べた後、まずは消費者センターに相談に行くことにした。男の話によると、消費者センターのある施設には自分の旧友が上司として働いているらしい。私が相談に行く旨の電話をしておいてくれるとのこと。それが事実だったのかどうかは不明だが、当時はその言葉を信じていたし後日実際に男の旧友らしき人を紹介してくれたので「顔が広い男なんだなぁ。」と私は以前にも増して男の偉大さを再確認したものだ。

顔の広さはさておき、消費者センターでは私の案件は非常に困難な状況まで陥っていたようで、この内職商法については未解決に終わった。それでもこの案件をきっかけに騙されていたものが次々と発覚していた為、まとめて相談したもののうち2件は解決に至っていた。消費者センターの方には感謝している。

消費者センターでは解決できなかった案件については、次の段階として弁護士に頼むことにした。弁護士さんに至っても、男の会社の顧問弁護士を紹介してもらい相談の時間を設けてもらった。弁護士に頼んでしまえばあとは連絡が来るまで待っているだけだった。数ヶ月かかったものの、この道には長けている弁護士さんだったこともあり満足のいく結果をもたらしてくれた。

こんな感じで、私が悪徳商法との戦いを開始してから約半年。いわば男のおかげでこの問題は無事解決に至った訳である。くしくも究極の悪徳商法的生き方をしているアカサギに、私の悪徳商法の被害を回復してもらったのであった。

早乙女夢乃
qrcode11176405.gif
弁護士との付き合い方教えます
楽天で「弁護士」を探す


[18]悪徳商法

しばらく続いた刺激のない日々に飽きてきた私は、以前から細々と準備を始めていた内職を本格的に始めようと動き始めることにした。

とにかく試験を受けないと仕事が始められない為、私は毎日勉強に勤しんだ。数年前に1本の電話をきっかけに内職仕事の為の勉強を始めるも、何度も何度も試験に失敗していた。だから実のところまだ収入にはなっていなかった。そんな経緯もあり試験直前、「もしも今回も試験が通らなかったら・・・」との不安から違う仕事を同時に探したりもしていた。

そんな私の生活を暫く見ていた男が言った。
「オマエさぁ、オマエがやっている内職ってのは本当にお金になるの?」

その頃本気で内職で生活をしようと考えていた私は、男のそのひと言に「カチン!」ときた。カチンときた私は、仕事を紹介すると言って私が契約した会社についていろいろと調べてみることにした。

会社名で検索、内職で検索、副業で検索、などなど考えられそうなありとあらゆる言葉を入力して、食べることも忘れるくらい夢中で調べ続けた。もちろん「ちゃんと仕事があってお金になる。」という経験談を知りたくてという理由からだ。

しかし・・・結果は散々なものだった。どうやら私は、「内職商法」とやらに騙されていたようだ。

仕事を紹介すると言って、高額の教材を売りつけたあげく、全く仕事を紹介しない。というより仕事を紹介するまでに至らせない。これが「内職商法」だ。

冒頭に書いた私の実体験そのものだ。私は愕然とした。私の人生計画はガタガタと崩れ落ちた。

男なんかに頼らずに生きていこうと思って探した仕事だった。だから男に言われたひと言に「カチン」ときた。その事がきっかけで「内職商法=悪徳商法」に騙されていた事実を知った。

奇しくも男への反発が最悪の現実を知るきっかけとなったことで、私はさらに男を尊敬し頼ることになったのである。

早乙女夢乃
qrcode10002044.gif

山田太郎ものがたり?貧窮貴公子? DVD-BOX
楽天で「内職」を探す


[17]偽あしながおじさん

仕事をやめた後も、私は洗脳されたまま男との関係をだらだらと続けていた。

仕事をやめたことで私の収入は極端に減った。ご存知の通り、今まで働いて稼いだはずのお金も手元には殆どない。そんな私を哀れに思ったのか、男はそれから暫くは私からお金を引き出すことをしなくなった。まぁ、ただ単に私から引き出すお金がないと分かっていたから引き出さなくなっただけというのが本当のところではあるが・・・

それでも、あまりにも質素な生活をする私を見て本当に哀れな女と思い始めたのか、今までお金を引き出すために何かをしてくれることはあっても、無償で何かを与えることをしなかった男が、私に物を運んでくるようになった。

お米やパン・おかず・おかし・お茶やジュース等など、時折電話をかけてきては私の家に食べ物を届けてくれた。電化製品が壊れたと言えばすぐに買って届けてくれた。

男の店で働いていた頃よりも数倍優しく私に接してくるようになった男。そんな彼のことを「なんて優しい男なんだろう」と思い込み素直に受け入れる私。その当時、私の頭は完璧に男に洗脳されてしまっていたのがお分かりいただけるだろう。

ここの部分だけとると、男は私にとっていなくてはならない存在、いわゆる「あしながおじさん」のように写らなくもない。その当時は、「もし彼が私の前からが居なくなったら自分は本当にどうにかなってしまうのではないか。」と感じていたのではないかと思える程、男に洗脳されていたのは事実。今まで奪い取られたお金のことなんてどうでも良くなってしまうくらいに・・・

しかし、私が見つけた「あしながおじさん」の正体は、女から金を奪う為なら何でも出来てしまう「偽りのあしながおじさん」であった。

早乙女夢乃
qrcode11248505.gif
私のあしながおじさん(5)
楽天で「あしながおじさん」を探す


[16]洗脳されたまま

働いても働いても自分の手元にお金が残っていかない現実を目の当たりにし続けたことで、少しずつ麻痺していた金銭感覚が正常に戻り始めたのか、いい加減私の労働意欲も衰え始めていた。

ちょうど時期を同じくして、独占力の人一倍強い男は、私が男の店で仕事をすることを嫌がるような態度をとり始めた。男の店は、夜の女を求めてやってくるお客を接待する仕事である。私は当然仕事だと思って愛嬌を振りまき、お客を満足させる為だけに働いてきた。男も私を利用して充分に事業を拡大してきたはずだ。

それが今頃になって私が男の店で働くことに苛立ちを感じているような態度を見せ始めたのだ。どうやら、私が自分以外の男と仲良くしているのを見るのが嫌なようだ。私が接客をし終わり待機所にもどると機嫌が悪そうな態度で私に話しかける。さらには男子社員と打ち合わせをしているだけでも機嫌が悪くなる始末。そして仕事が終わり帰ろうと男の車に乗り込むと待ってましたとばかりに嫌味を言い始める。そんな日々が暫く続いたことで、ただでさえ衰え始めていた私の労働意欲は加速度的に減退していった。

男が嫉妬心全開で私にぶつかってくることで、男に独占されたい女心が働き始めたのか、私はお客の相手をすること・男子社員と打ち合わせをすること全てを億劫に思うようになっていった。

働き始めて約1年強、そろそろ潮時かなと思った私は「辞めたい」と男に相談すると、「そうしろ」とひと言。男の顔が心なしか笑みを浮かべながら即答したことを覚えている。

ここで、当時の状態を再確認してみるといろいろな矛盾に気がつく。当時は何故男の態度が急にあのように変化したのかは理解できていなかった。私の労働意欲が衰え始めた原因は男が私の働いたお金を次々と引き出していってしまうという現実を目の当たりにしたからだったはずなのに、いつのまにか男が独占力・嫉妬心を私にぶつけるという作戦によって、私は男の計画のままにアカサギに洗脳させられたまま仕事を止める決断をすることになったのだ。

早乙女夢乃
qrcode598787.gif
嫉妬(しっと)
楽天で「嫉妬」を探す


[15]無知の怖さ

逆らうことのない完全なる金庫番となった私を思う存分利用して、男は私の稼いだお金を次々と引き出していった。この頃には、お金を引き出す理由などまったく要らないほど、私が完全に男に調教されていたのは明らかだ。

離婚したばかりの頃、今後の生活に不安を抱いた私はまだ今のうちなら夜の仕事で効率よく働くことが出来るのではないかという安易な考えで男の経営する店に飛び込んだ。実際本当に効率の良い仕事だったことは間違いない。いっしょに働く女の子たちも普通の子に見えたし、私たちをサポートする男子社員もいたって普通の子達に見えた。

しかし、ただ一つだけ最も重要な事実を私は知らなかったのである。夜の世界に渦巻く人間たちの怖さがどれ程のものかという事実・・・

親切に近寄ってきた男を本当に親切な人物として受け入れ、頼るようになり、遂にはすっかり調教されてしまった私。男が親切にした事も、頼るように仕向けた事も、体を使って調教し完全な金庫番に仕立て上げた事も、なにもかもがアカサギの悪質極まりない計画であることも知らずにまんまと騙された私。そして稼いだお金を次から次へと引き出される。

それでも働き続ける私。なぜなら、働いても働いても離婚した当時の不安が消えなかったのである。私はただ、これから生きる先に何かが起こって働けなくなっても暫くは食いつなげる程度の蓄えを作っておこうと思ってこの仕事を始めただけなのに・・・働いても働いても自分の目の前をお金が素通りしていってしまう現実に突き当たっていた。

早乙女夢乃
qrcode12001158.gif
離婚の値段
楽天で「離婚」を探す


[14]カケヒキ

心と体を完全に奪われてしまった私が完全なる金庫番になるまでそう時間はかからなかった。

今までは男がよく私の家を訪れていたのだが、体の関係ができたその日を境に男の訪れる回数が急激に減ったのだ。今まで受身体制だった私は、男が訪れることが少なくなった事にやきもきしていたことを覚えている。

この期に及んで言い訳をするようではあるが、男を愛してしまった訳ではない。要するに男とのセックスにハマってしまった体が男を欲しくて欲しくて堪らなくなっていたのだ。

そんな状態で、私は男に電話をかけるようになった。男は、私が電話をすると数回のコールで受話器をとった。「どうしたんだい夢乃。何かあったのかい?」常に優しい口調で話す男。「いや、特に無いけど・・・何しているかなぁ・・・と思って。」と私。「今仕事中で忙しいから後で電話するから。」と男。「うん、わかった。じゃあまた。」と私。

私からの電話に男はこのような対応をする。実際毎回後で電話がかかってはくるのだが、それは必ずといっていい程2?3日経ってからだったのである。ちょうど私の体が男を欲しくて欲しくて我慢できなくなる頃を見計らって電話をかけてきて私の家を訪れるのだ。

そんなタイミングで来られたら、私の体が拒否することは絶対ない。数ヶ月の間、こんな日々を繰り返し続けた男。そして私を完全に調教しきることに成功した男は、私が男の体を欲しがる時期を計算した上で訪れてはお望みどおり私の体を満たしてあげたという態度で私から平然とお金を引き出していくようになっていたのだ。

よくある男と女の恋愛のカケヒキだろう・・・と言われればそれまでなのだが、男はこのような方法で私を男に逆らうことのない完全なる金庫番に仕立て上げたのだ。

早乙女夢乃
qrcode10027405.gif
紗那/NINE special 緊縛
楽天で「調教」を探す


[13]奪われた心と体

男が私を金庫番に仕立て上げるのと時を同じくして私と男の関係は更に親密になっていった事を否定できない。

出会ってから一歩一歩私を金庫番にするべく準備を始めていた男。男の家の鍵を持ち、男の生活用品を買揃え、男に送迎をして貰う私。私に立替払いを頼み、お金を引き出す男。そんな仲であることに違和感が感じられないようになっていた。

ここまでの関係にもなると、読者の皆様から「体の関係はなかったの?」なんて声が聞こえそうな気がしてくるので答えておこう。はたして体の関係はなかったのか・・・

結論から言えば、「あった。」ことになる。ここで「なかった。」と言ったところで誰が信じるだろう。嘘偽り無く「あった。」これが事実。ただし、この体の関係さえもアカサギの作戦の一部だったということは付け加えておきたい。

とにかく男のテクニックは上手かった。キスの味。女の扱い方。どうすれば女が感じるか。どうすれば女を絶頂まで導くことができるかを知り尽くしていた。男と濃厚なキスを何度もした。男の前で裸になり体を許した。男の手と舌は私の乳房を這い回し下の方へ。遂にはあそこへ伸びていった。私の体は淫らにも感じ始め震えだした。遂には絶頂まで達した。何度も何度も絶頂感を味わった。今までに感じたことのないような絶頂感だった。

そんな男のテクを経験した私は、男との関係にハマってしまった。男を愛していたからというよりも男のテクに参ってしまったのだ。男の下半身は役に立たない。つまり男と合体することは不可能なのだが、その状態で女を絶頂に導くことができるテクをもった男。ただ者ではないことを理解していただけるだろう。

また、男と合体できないことは私には好都合だった。体の絶頂感を味わいながら、女に付きまとう「望まない妊娠」という結果になりうることがないからである。

しかし、男も同じだった。男の下半身が役に立たないことは、後々面倒なことにならずに女を自分のモノにする、つまり私を金庫番に仕立て上げる為の作戦として都合よく利用していたのだ。

この時点で、私の心と体はアカサギに完全に奪われてしまっていた・・・

早乙女夢乃
qrcode475708.gif
椎名林檎”絶頂集”CD
楽天で「絶頂」を探す

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages