[11]幻視・発覚のとき(8)

 エドガー・アラン・ポーがアルコール依存症だったことは有名ですよね。幻覚から生まれたとされる名作『大鴉(The Raven)』という詩(※)を書いています。それから4年後、ポーは『振戦せんもう』という禁断症状を起こして『死亡』します。40歳でした。

 さて、前回のつづきです。私は、美佐子が死ぬとは思いませんでしたが、このままでは困ります。しかし、もうヘトヘトでした。病院の受付、病棟の看護婦と、さんざんやり合った上に、美佐子までもなのですから。仕方ない、一人で処置室とやらに行って先生にご迷惑をおかけしたと、謝ってしまおう。酒を飲ませて、おとなしくなることに賭けよう。そう、思い定めてクルマを降りようとしたそのときです。美佐子が私の左手をつかみ、「ちょっとまって、あそこの交差点の信号の所に隠れて、こっちを見張ってる」なんて、指をさすのです。もちろん幻視です。そして、20Mは離れているはずなのに、お隣夫婦の会話がはっきりと聞こえるらしいのです。美佐子に対して危害を加える相談が。

 幸か不幸か、そんな幻覚が現れたので「よし、(病院の)中に入ろう。そこまでは追って来ないよ」「追ってくるわよ」「大丈夫、匿ってくれるから」「でも・・・」「いいから来るんだ」本当はもっと長い会話なのですが、大体こんな感じで、美佐子を優しく説得し(『半強制的に』ではない。ホント!)処置室に引っ張って行きました。

 医者というのは慣れてますね、美佐子の言うことに逆らわないのです。正確には覚えていませんが「変な方がいますね、お隣がそんなだと、奥さんも大変ですね」なんて、合わせるし、美佐子が医者に『私が美佐子の言うことを信じてくれない』と訴えると、「病気の診断を受けたり、入院を勧められると、誰でも神経が鋭敏になって、普通の人が聞こえない小さな音まで聞くことが出来るんですね。特に奥さんのような繊細な方は」といった意味のことを言ってなだめるのです。そして、「『入院の不安をやわらげるお薬』(※2)を出しますから、効き目が出るまで、病室で少しお休みして行って下さい」と言いました(入院という言葉は使わなかったと思います)実際には、美佐子は入院することになりました。

 看護婦が美佐子を病室に案内し、処置室に残った私と医師はいくつかの話をしました。一つは、2、3日は美佐子から絶対に目を離してはいけないこと。一つは、今回の出来事がおきた訳(半分は言い訳)。そしてさらに、美佐子がアル中の疑いがあるという話などでした。

次回は、医師と私の話の中身を少し詳しく書きます。

※他に何社からも出ていますけれど、手に入りやすそうなものをあげておきます。ご興味のある方はどうぞ。

大鴉
大鴉
posted with amazlet on 07.09.01
エドガー・アラン ポオ Edgar Allan Poe 日夏 耿之介
沖積舎 (2005/09/20)
売り上げランキング: 319377

ポー詩集―対訳 (岩波文庫―アメリカ詩人選)
エドガー・アラン・ポー 加島 祥造 Edgar Allan Poe
岩波書店 (1997/01)
売り上げランキング: 62178

※2多分、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬のジアゼパム (商品名はセルシン、ホリゾンなど)ではないかと思います。第8回で『内科医が大酒のみに処方する』といった薬は大体これですから。

甘木有忠

関連するアイテム

[10]受診拒否・発覚のとき(7)

医師法によると、医者は目の前に患者がいたら、治療する義務があるのだと聞いたことがあります。だから夜中でも、近くの医院の玄関をガンガン叩いて「先生、急患です。お願いします」とやって良いのだそうです。本当でしょうか?

さて、前回のつづきです。病院の駐車場に降り立った親子連れは、入院患者の見舞いに来たのだと見当がつきますよね。私は後をつけました。先に受付で先生は誰もいないのかと聞いたら、受付の女性が「ここは外来ですから」と言ったんですから、病棟にはいるはずなんです。私は知りませんでしたが、病棟の入り口というのがあるんですね。そこまで案内?してもらったついでに、ご婦人に内科病棟のナースステーションの場所を教えてもらいました。

ナースステーションには、私の持つ看護婦のイメージからは少し外れた、40代とおぼしき方(後に婦長と判明)が居ましたので入口から声をかけました。「あの、来週から入院させていただく者なのですが」「はい、なんでしょうか」「入院を早めて頂きたいのですが」「それは先生の指示がないと。明日受診してください」「今、診ていただく訳にはいきませんか」ここからは押し問答です。私は『医師の指示にしがって』禁酒をしたら禁断症状が出たことを、やんわりと主張しますが(「じゃあですね、『この病院で出された薬を飲ませたら、副作用が出た』と、親が子供をかかえて駆け込んできたら、時間外だからと診療拒否をするんですか?この病院は」なんて、詰め寄ったりはしなかったです、たぶん)らちがあきません。

そこへ、年配の医師(後に副院長と判明)が通りかかり「どうかしました」と声をかけてくれました。私の話を聞くと。「診てあげましょう」と言ってくれたのです。「君、処置室開けておいて」と婦長に指示し、「患者さんを連れてきてください。処置室分かります?正面玄関入って、すぐ右行って、突き当たりだから」私は最敬礼し、クルマに戻ったのですが、ここで問題がおきたのです。

今度は美佐子が受診を拒否したのです。いくら、言い聞かせてみてもダメなんです。主観的には、確実に聞こえ、追いかけられているのですから、納得しません。「悪いのは向こうよ。お隣が診察を受けるべきよ。異常なんだから」参ったです。美佐子はぜひにも、診てもらわなければならない状態なのです。それに、どうでもいい事ですが、熱心に(『強引に』の間違いではない)お願いした私の立場もないし。困ったのであります。(つづく)

甘木有忠

関連するアイテム

[09]妄想・発覚のとき(6)

私が新入社員だったころ、夕方近くになると「あっ酒がきれてきた」なんて、言い出す窓際族の方がいて、びっくりしたことがあります。手が震えて来るらしいのです。時には、震えを抑える薬を飲んだりもします。そして終業時刻になると、すぐに近くの居酒屋に飛び込むのでありました。飲めばピタリと震えが治まるのです。この方とは、何度も一緒に飲みました(だって、そこに飲みに行けば必ず居るのですから)こうなったらお終いだな、なんて思いながらも、かなり飲む私でした。

さて、前回のつづきです。美佐子を乗せてクルマが走り出すと、隣の部屋からの悪口は聞こえなくなりました。しかし今度は、後を付けられていると、言い出したんです。「誰が?」「後ろのクルマ、おとなりよ」「お隣のクルマじゃないけど」「見つからないように、誰かのを借りてるのよ」そんな馬鹿な!でありますが、美佐子は真剣です。もう、手に負えません。「わかった、じゃあ撒くよ」と言って、何度も右左折を繰り返しました。しかし、クルマは美佐子が診察を受けた、入院予定の病院に確実に向かっています。

運転をしながら、私は子供のころのことを思い出していました。いつも、ぶつぶつ何か言いながら、ふらふらと歩いている50歳くらいのオッサンが居たのです。ときには、「そこに居るんだろう、判ってんだぞ」といって、草むらに石を投げ込んだり、「こら、出て来い」とわめきながら、無人の電話ボックスを蹴っていたりするのです。そして、見知らぬ家の玄関を叩きながら「○○を出せ!」などと騒いで、警察が呼ばれたとも聞きました。大人から、あの人はアル中だと、教わりました。

病院に着いたのは、6時近く。受付はもう閉まっています。でも、何度も声をかけました。しばらくして、事務の方でしょうか、女性が出てきました。「受診中の者が、急に容子がおかしくなったもので、診ていただけないでしょうか」「外来受付は、4時までです」それだけ言って奥に戻ろうとします。「えーと、来週入院予定なのですが」「先生が、いらっしゃいません」ウソつけ!救急病院じゃねえかここは!それに、入院患者の容態が急変したらどうするんだ?「先生はどなたもいらっしゃらないのですか」「ここは外来ですから」「じゃあ、どうしたらいいのですか」「でしたら、救急車を呼んでください」「救急車で、ここに来れば良いのですね」「それは、分かりません」救急隊員がいくつかの適当と思われる病院と連絡をとり、受け入れOKとなった病院に搬送するらしいのです。けが人を内科専門病院に連れて行くことはないですよね。では、美佐子の今の状態は、何科かといえば、精神科です。救急車で精神病院に運び込まれる!冗談ではない!途方にくれました。

クルマにもどると、美佐子は追っ手がこないか、キョロキョロとあたりを見回しています。シートに座ると同時にため息が出ました。酒を飲ませるしかないか・・・。酒を飲めば、禁断症状は治まるはずです。冒頭の窓際族の方のように。しかし、禁断症状を出さないために飲酒するという癖がついてしまうのではないか?あの方のように。美佐子は肝臓を治さなければならないのです。酒を断つ→禁断症状→飲酒→肝臓が悪化。この繰り返し。これは、まずいです。また、しかしです、酒を飲ますしか、方法を思いつきません。窓際さんが飲んでいた禁断症状を抑える薬は、処方箋が要るのです。

またまた、しかしです。飲酒状態でも、幻覚や妄想を起こすのかもしれません。あの、警察のお世話になったオッサンのように。私はそらおそろしい気がしました。どうしてよいのか分からない混乱状態の中、病院の駐車場に1台のクルマが入って来ました。そして、子供連れの婦人が降り立ちました。やってみよう!私は思い立ちました。(つづく

甘木有忠

関連するアイテム

[08]幻聴・発覚のとき(5)

『フレンチコ・ネクション2』という映画がありまして、ポパイの愛称を持つドイル刑事(ジーン・ハックマン)は、麻薬王のシャルニエ(フェルナンド・レイ)を追っている最中に、敵の手に落ち、麻薬中毒にされてしまうのです。麻薬中毒治療を受けたドイルの見舞いに、上司(同僚だったかな?)が、ウイスキーのボトルを持って来るんですね。「今のお前さんにとっちゃ、これでもご馳走だろう」かなんか言って。ドイル刑事はぐいぐいとラッパ飲みしたかと、記憶しております。

麻薬とお酒は交叉性があるのだとか。代用品ですね。アルコールが麻薬の代わりとなり、麻薬の禁断症状が治まるらしいのです。もちろん、逆もOKでアル中患者に麻薬を与えても良いのだとか。少し問題がありそうですけれど。

内科医によっては、大酒飲みに禁酒を言い渡すときに、抗不安薬(弱めの精神安定剤)を処方します。もし、アルコール離脱症(禁断症状)が出たら、困りますから。抗不安薬はアルコールと交叉身体依存性があるのです。酒と薬を置き換えることで、アルコール離脱症を回避あるいは最小限に抑えるのです。

役所の無料健康診断を受けた美佐子が、『来週にでも、再検査のために入院してください』『結果によっては、引き続いて少しの間、入院も』と言われたんですね。γーGTP(肝臓の酵素の一つ。アルコールで肝臓が壊れると、血液に流れ出てくる)の数値が1,000を軽く超えていたんです。正常値は男80以下、女30以下なんです(※)

数値の異常さに驚きはしましたが、先生の『しばらくお酒を止めれば、正常値に戻りますよ』の言葉に少し安堵し、『それまで、お酒は一滴もだめですよ』との言葉に素直に従おうと決心した美佐子でした。しかし、その夜、眠れなくなったんです。うとうとはするのですが、すぐに起きてしまいます。そして、額にびっしり浮かんだ汗の粒をぬぐうのです。これを一晩中、何度も繰り返します。

私は、さして気にしませんでした。お酒の習慣がある人は、飲まないと寝つきが悪いものですし、額の汗は「なんか、へんな夢を見た」と言っていたので、『そうか』と納得してました。不眠・悪夢・発汗などが、アルコール離脱症の症状だとは思いもよりませんでした。手でも震えてくれたら、判り易かったんですけどね。

そして翌日の昼頃から、美佐子が妙なことを言い出したのです。「お隣さんが、私の悪口を言ってるわ」と、隣との境の壁を目顔で指します。聞き耳をたてますが何も聞こえません。壁はコンクリートでして、話し声などは聞こえないんですよ、普通。ベニヤ板の学生用安アパートじゃないんですから。「聞こえないけど」「何で聞こえないの。聞こえるじゃない」と、主張します。何なんだ?どうしたんだいったい?私はただ困惑していました。

次第に、美佐子にとっては『声』が、より明確に聞こえるようになり、夕刻には「私、文句言ってくる」なんて言い出す始末。「おい、よせよ」押さえるのですが、「だって、壁にスピーカーを押し付けて悪口を言って来てるじゃないのよ」「そんな、ばかな」「だって、こんなにハッキリと聞こえるでしょう」そう言い張って、きかないのです。

外から帰って来た息子にも確認します。「ね、聞こえるでしょう?」私は、子供に『異常な母親の姿』を見せるのは良くない、まずいと思いました。どうしたものか?私は美佐子を外に連れ出すことにしました。とにかく、お隣から離さねば。美佐子の母親に電話を入れ、子供の世話を頼みました。「ちょっと、お出かけしてくるね。すぐにお祖母ちゃんが来るから、おとなしく待ってなさいね」子供にそう言い置いて、美佐子を無理やりクルマに乗せたのです。(つづく

※検査機関、病院、医師により、正常値には若干の違いがあります。

甘木有忠

関連するアイテム

[07]典型・発覚のとき(4)

家事がおろそかになる事から、奥さんの飲酒が問題になるというケースが多いようです。なんとなく、家の中が乱雑になってくる。洗濯もなまけはじめると、旦那が気づきはじめます。「おーい、新しいワイシャツどこだ?」「あら、クリーニングからとってくるの、忘れたわ。今日はもう一度、これ着てって」と、昨日のワイシャツを出してきたり。以前は自宅で洗濯し、アイロンをかけていた奥さんだったのに。

ご飯を作らなくなってくるようになると、もういけません。家に帰って来たら、店屋物がとってあるようでは、連続飲酒の状況です。今までは、飲酒が旦那に分からないように、ある程度で止めて、酔いを醒まし、なんとか家事をこなしていたのに、それが出来なくなっているのですね。

まあ、大体はここで、旦那が手を上げてしまうんです。「殴られて顔が腫れ上がってるから、ろくに水も飲めないんだ。それで病人が使う『吸い飲み』ね、あれに酒を入れて飲んでるんだから」頭にきて、また、奥さんを殴っちゃう。「バカヤロー、なにやってんだ、離婚するぞ」何度も繰り返すうちに、さすがに異常性に気づき、強引に精神科に引っ張っていった小田氏でした。そして奥さんが、『飲みたくて飲んでいるのではなく、飲まずにはいられない病気』だと、知らされるのです。

民謡『会津磐梯山』で『朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上つぶした』と歌われる小原庄助さんは、実は低血圧だったのではないかと言われていますが、真偽はともかく、小田氏の奥さんは朝が苦手だったんです。でも、朝ごはんを作らなければいけません。そこで、起き抜けにお酒を一口飲んで、元気を出していたんですね。目は覚めるし、特に冬などは体が暖かくなるしで。

栄養ドリンクには、たいていアルコールが入っていますが、少量のアルコールには覚醒作用があるから、即効で元気になれるんです。

そのうち、朝の戦争が終わって一息ついて、さて、洗濯をするか。で、グビ。次は掃除しなきゃで、キュー。そして、午後のひとときに、たしなむようになるともう、依存症は目の前だったんですね。

次回はつれあいの、美佐子の『発覚のとき』のお話をいたします。

甘木有忠

関連するアイテム

[06]わかっちゃいるけど・発覚のとき(3)

井沢氏は、末っ子の三男も一流企業に就職して、傍目からは何の苦労もなく思えるのですが、ただ、奥さんが飲兵衛なのが、悩みの種でした。近所のスナックで酔いつぶれるなど、しょっちゅう。11時くらいになると、夜の巷を奥さんを捜して歩くのが日課のようになっていたんです(当時、携帯は普及してなかった)

ちょっと異常な気もしますが、奥さんは美容院を何軒も経営するやり手でして、三人の息子を大学に行かせられたのも、その稼ぎに拠るところが大きいし、そもそも、井沢氏は愛妻家なんです。文句も言わず、容認していたんですね。

そんななか、奥さんが急性膵炎で二度目の入院をしたんですね。むろんお酒が原因です。最初の三日間は、七転八倒の苦しみようでしたが、少し楽になってくると、お酒が恋しくなるんですね。見舞いに来た従業員をなだめすかして、お酒を買って来させちゃったんです。結果は強制退院です。「医者にね『奥さんはアル中です。うちではどうにもなりません』と言われましてね。うすうすは、そうじゃないかと思っていたんですが、やはりショックでした」ため息をつきながら「こうなる前に、私が何とかしなくてはいけなかったんですが」と述懐する井沢氏でした。

宇野氏が「ママがね、お酒飲んじゃったの」と小学校4年の娘さんから電話を受けたのは、二時過ぎ。勤務中のことでした。「ひどく、苦しんでいるの」と聞いては、心おだやかではありません。状況を訊くと、意識はあるようなので、「大丈夫だと思うけど、何かあったら、すぐ電話しなさい」と言って、電話を切ったのです。

「バカか。飲めないくせに飲んで」と、腹の中で(なにせ、会社にいるんですから)舌打ちをする宇野氏でしたが、何で飲んだのだろう?何があったのかと、不安でもありました。氏によれば、「私の前で飲んだのは、三々九度のときだけ」の奥さんだったのですから。今では、「トラが猫をかぶってやがった」となるのですが。

家に帰ってみると、奥さんは寝ていました。声をかけると「大丈夫」と返事があります。台所のテーブルにはビールの空瓶が1本だけ。大したことはないだろうと一安心し、夕食がまだだと娘さん達が言うので店屋物をとり、冷蔵庫を開けて、ビールとチーズを取り出したんですね。チーズを切るのに包丁をと、流しの下の戸棚をあけると、飲み薬の入った白い薬袋があったんです。なんでこんなところに?と、違和感と同時に、もしかして、この薬の副作用かも?と胸騒ぎがしたんだそうです。

もう、病院は閉まっています。そこで、近所の薬局に行き、薬袋を見せて聞いてみたんですね。「それは、嫌酒剤ですね。アル中の人が飲むやつですよ」「えっ。飲むとどうなるんです?」「酒を飲むと、ひどい悪酔いをするんです。下手をすると死にますよ」宇野氏は驚いたのですが、「大丈夫でしょう」の言葉と、「水をたくさん飲ませること」というアドバイスを受けて帰ったのだそうです。奥さんはアル中を自覚し、ひそかに治そうとしていたんですね。バレたら離婚ものですから。

勤めから先に帰っていた奥さんがビールを飲んでいるのを見て、帰宅した江本氏は驚いたそうです。昨日、子供ができたと告げると共に「もう、お酒は止めるわ」と言っていたんです。胎児はアルコール分解能力がないので、飲酒は悪影響を及ぼすのです。

「おい、なにやってんだ」グラスを取り上げようとすると、抵抗します。「明日から、止めるから」。しかし、翌日、翌々日も飲んでいるのです。「さすがに、頭にきちゃって」手が出ちゃったのです。「殴った瞬間、あっシマッタ!ですよ」。義父母に奥さんの厳重監視を頼み、実家に送り出すまで、そう時間はかかりませんでした。

タバコとお酒。急には止められません。こと、お酒に関しては男女同権はないんですね。

甘木有忠

関連するアイテム

[05]誰とでも寝ちゃう女・発覚のとき(2)

『海猿』という映画のなかで、主人公が見知らぬ酔っ払い女と、一夜を過ごす場面があります。女の方は記憶がなく、朝になってびっくりするわけですが、その後、さほど気に病むふうではありません。相当なあばずれですね。映画ですから、後に、主人公の恋人の立場になるのですが、世の中そんなにうまく行くかどうか。

アルコール依存症は色々な意味で、家族病と言われます。そこで、病院では家族を集めて、家族勉強会や家族ミーティングなどなどを行います。ミーティングは、治療の一つですが、愚痴をこぼすことで、ストレス発散させる意味合いもあります。

とはいえ、身内の恥を他人の前で話すのは抵抗があります。私も参加しましたが、当たり障りのない話をすることが多かったのです。入院歴○回という旦那を持つ方々などは、かなり、おしゃべりでしたけど。

この会合で、何回も顔を会わせた方で、一言もしゃべらない、50歳くらいとおぼしき紳士がいらっしゃいました。指名されても発言は全てパスです。無理に話さなくても良いのですが、かたくななまでの様子が少し気になりました。

病院では入院、通院の女性依存症患者だけのミーティングもありますが、あまり本音は言わないようです。なぜなら『お酒が飲みたくて仕方がない!』なんていったら、退院させてくれませんから。早く退院したければ、優等生の発言に限りますよね。やはり、病室で仲良くなった人とのおしゃべりで本音や、本当の事情などが明かされるようです。

で、伝聞になるのですが、その紳士のお嬢さん(エルちゃんとしておきます)は、飲むと記憶がなくなるのだそうです。そして、飲んだ翌日は、ラブホテルで目を覚ますのだとか。後日、友人や同僚に「あたし、どうだった?」と聞くと「別に。そんなに飲んでないし、酔ってなかったよ」という答。友人たちと別れて以降のことは、友人が知る術もなく、彼女は何も覚えていないのです。

普通、記憶がなくなるのは、べろべろになるまで飲んだときですが、エルちゃんの場合は見た目はしっかりしているのだそうです。

私は、接待で『酒を殺して』飲んでいて、相手を見送り終えたとたん、ひっくり返ったことがあります。一挙に酔いが回ったのですが、それとも少し違うようです。『病的酩酊』というのだとか。酒乱(複雑酩酊)とは違って、人格が変化するのではなく、友人と別れて一人になると、全く別人になってしまうらしいのです。そんな、お酒のためにエルちゃんは、どこの誰とも判らぬ人の子を身ごもり、二度の中絶。そして、勤務中に異常を訴え、病院に。今度は流産でした。両親がかけつけた病室は修羅場だったでしょうね。あの紳士の態度も納得です。

エルちゃんは飲めばどうなるかが、判っていながら飲んでしまう。ここのところが、依存症なのでした。友達や同僚との飲み会は断らないし、たとえ、行ってもウーロン茶にするとかはしないのです。会社の宴席でも、男と違い、女性が『私は、たしまない(又は、不調法な)もので』と言えば、それ以上は勧めないはず(無理強いすれば、魂胆アリと思われます)。また、断るのが女の『たしなみ』でもあるんですがねぇ。

心労から倒れた母親のためにも、「早く、病気を治したい」とけなげにも言うエルちゃんでしたが、その顛末は後日。

甘木有忠

関連するアイテム

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages