« [30]アンコールワットの聖池と猿 | TOP | [32]アンコールワットの壁画 »

[31]シェムリアップとは?


シェムリアップとは「シェム(シャム=タイ)を追い出した(REAP)」という意味。つまり戦勝の地なのです。といっても追い出したのはフランス。フランスはタイを追い出しましたが、代わりにカンボジアを植民地としました。領土は取り返してくれましたが、代わりに遺跡にある財宝や美術品をフランスは持ち帰ってしまいました。まさに戦争の歴史そのもののカンボジアです。観光客を見ても、過去の歴史を考察しているのか言葉からアメリカ人ではなくヨーロッパ人が多いことに気づきます。

「タイを追い出した」なんて地名があれば、タイ人はよく思わないでしょう。そのとおりで、カンボジアとタイ、もしくはカンボジアとベトナムはそれほど仲良くありません。過去に散々戦争をしてきたわけですから。タイやベトナムで買ってきた民族衣装などをカンボジアで身に着けることは危険ですからやめておきましょう。

また、戦争の話や、政治の話、宗教の話を現地民間人とするのは控えましょう。ガイドさんは心得ているので、疑問点があればガイドさんに聞けば安心です。ただしガイドさんも、日本人を軽く見ているきらいがあるので、心から気を許しているわけではなさそうです。
 
シェムリアップ国際空港。 日本からの直行便はないですが、ベトナム、タイ、中国、韓国からは直行便があります。カンボジアへはここから入り、ここから出るのがもっとも安全。(2006年4月9日撮影)


プロジェクトX 挑戦者たち 思いは国境を越えた 戦場にかけろ 日本橋?カンボジア
amazonで「シェムリアップ」を探す