« [38]バンテアイ・スレイのレリーフ | TOP | [40]レリーフに登場するヒンドゥーの神々 »

[39]バンテアイ・スレイのレリーフはヒンドゥー教の神話


バンテアイ・スレイの彫刻はヒンドゥー教の神話を描いたものが多く、その彫りは深く優美です。造形美はアンコール遺跡の中でも群を抜いて洗練されています。一見の価値あり。
 
ヴィシュヌ神の妻ラクシュミーが象の聖水で身を清めているところ。下にはナーガを抱えるようにしているガルーダがいる。ガルーダはどこでもヴィシュヌ神の乗り物として登場する。ラクシュミーは人気のある女性でヒンドゥーでは理想の女性とされている。(2006年4月9日撮影)

ラーマーヤナ物語の一説。さらわれたシータ姫を探してラーマ王子が森へ入るとサルの王スグリーヴァが泣いていた。理由を聞くと、兄サルに妻を奪われ、王の座も奪われたという。気の毒に思ったラーマ王子はスグリーヴァに加勢。中央には争うサルの兄弟、右側から矢を射るのがラーマ王子。この戦いでスグリーヴァは勝ち、今度はラーマ王子を助けることに。(2006年4月9日撮影)