« [41]東洋のモナリザとデパダー | TOP | [43]タ・プロームへ »

[42]地雷の傷跡


カンボジアといえば地雷。今でも約100万個とも600万個ともの地雷が埋まっているとされます。シェムリアップは観光地だから地雷の危険は無い、と思ったら大間違い。逆にシェムリアップは地雷の多い町なのです。しかし観光地をガイドと回る分には危険はありません。冒険者気分になって一人で歩き回らないことが肝心です。

ホテルでテレビでは、日本のNHKなどの衛星放送も受信することができますが気ままにチャンネルを回すと、早速地雷の番組を発見。地雷の撤去作業や危険箇所などをテレビでも放映しているのです。長い内戦時代に埋設された地雷は今尚住民を脅かしているのです。
 
バンテアイ・スレイ遺跡の入り口には地雷でからだの一部を失った人たちが演奏を聞かせています。(2006年4月9日撮影)

地雷は敷設の容易さ(地雷一個のコストはわずか1?3ドル。空中散布も可能)に比べ、その撤去は困難を極めます。特にカンボジアは雨季にほとんどの国土が水没するため地雷の発見はひどく困難になります。仮に地雷を撤去するとしてもその間は住民は農耕ができなくなります。住民には代替地が用意されますが、そこで農耕ができるという保証はありません。国家の補助も薄く、住民は仕方なく地雷危険地で農耕を営まざるを得ない状態となるわけです。その結果犠牲となるのは農民をはじめ一般市民というわけです。

親の演奏が終わるのを待つ子供たち。物乞いをしたり、物売りはしていません。(2006年4月9日撮影)


関連する記事

» [1209]地雷 from 常識ぽてち~2006~
対人用の地雷は内戦によく使われますが、敵の行軍を邪魔するために使われるのです。行軍の性格として、交戦で味方が死亡した場合はその場に置いていきます。しかし、... [もっと読む]