[40]レリーフに登場するヒンドゥーの神々


バンテアイ・スレイの彫刻 はヒンドゥー教の神話を描いたものが多く、その彫りは深く優美です。造形美はアンコール遺跡の中でも群を抜いて洗練されています。一見の価値あり。
 
カイラス山で瞑想するシヴァ神。妻のパールバティーが抱きついている。下には20本の腕と10の頭を持つ魔王ラーヴァナが瞑想の邪魔をするためカイラス山を動かそうとしている。シヴァ神は阿修羅をやっつけようとするためカイラス山で瞑想したのである。魔王を怖がるバラモン僧やトラ、ライオン、鹿、象なども描かれている。(2006年4月9日撮影)

 

マカラの口からナーガが出現するモチーフ。(2006年4月9日撮影)


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages