[37]バンテアイ・スレイの遺跡訪問


シェムリアップから北東に約40km、車利用で約1時間の所にバンテアイ・スレイはあります。赤い砂岩が特徴のこの遺跡は朝日が当たる午前中が見ごろ。太陽の陽を受けて燃え上がるように見えます。あいにくの雨でも大丈夫。雨に濡れると朱色がいっそう引き立つからです。

このバンテアイ・スレイは「女の砦」という意味の寺院。創建年代は967年、シヴァ神とヴィシュヌ神に捧げられた周囲約400mほどの小さな寺院です。周囲は赤色砂岩とラテライトで作られ、一部レンガも使用されています。赤色が美しい遺跡です。
 
バンテアイスレイの東正面。赤い絨毯が敷き詰められているような錯覚に陥る。(2006年4月9日撮影)

当時のアンコール王朝の王師ヤジャニュバラーハの菩提寺として建設されたといわれているバンテアイスレイ。屋根の一部はレンガも使用された美しい遺跡です。レンガといっても日本のレンガとはだいぶ大きさが違います。もちろん大きいのです。

ここには、カンボジアのパンフレットにも多く記載されている優雅なレリーフ「東洋のモナリザ」があります。建物の側面には同じようなレリーフがたくさんあり、また周囲にロープが張られ近くにいけないため、おなじみのデパダー像を探すのに苦労しました。

かつて作家のアンドレ・マルローは、このデパダー像に魅せられ、盗掘して国外に持ち出そうとして逮捕されたことは有名は逸話です。それは1923年12月23日のこと。バンテアイスレイ寺院でレリーフを盗んだとして友人のルイ・シュヴァッソンとともにプノンペンで逮捕。1924年7月プノンペンの裁判所でマルローは禁固3年、友人のルイは禁固1年半の判決を受けた。一緒に妻も逮捕されましたが、無罪放免。帰国した妻は母国でアンドレの救援のため支援を求めました。その甲斐あってアンドレは減刑されフランスに帰ることができましたとさ。

王道
posted with amazlet on 06.11.14
アンドレ マルロー Andr´e Malraux 渡辺 淳
講談社
売り上げランキング: 86228
バンテアイ・スレイには優れたレリーフが多く残っている。これはヴィシュヌ神の化身「ナラシンハ」が阿修羅王を組みふし殺そうとしているところ。(2006年4月9日撮影)
 

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages