[43]タ・プロームへ


バンデアイスレイを後にして、カンボジアでは最後のスケジュールとなるタ・プロームへ向かう。巨大な榕樹(ようじゅ=スポアン)に押しつぶされそうになりながらも辛うじて寺院の体裁を保っている有名な遺跡です。創建年代は1186年。ジャヤヴァルマン七世が母のために建てた仏教僧院です。バンテアイスレイに比べると、黒く暗く重たい感じのする遺跡です。
 
タ・プローム東門の榕樹。回廊を踏みつけるような力強さがみなぎっています。(2006年4月9日撮影)
事前の調査ではこのスポアンはガジュマル(観葉植物でおなじみのゴムの木の仲間)だと聞いていたのですが、実際に見てみるとかなり雰囲気は違います。まず、この時期(乾季)には葉を落としています。日本ではゴムの木といえば一年中青々としていて落葉はしません。しかし石の間を割り込むように張り巡らす根は、ゴムの木特有の気根だとわかります。
4月はまだ乾季のため、このように落葉するスポアン(榕樹)。(2006年4月9日撮影)


[42]地雷の傷跡


カンボジアといえば地雷。今でも約100万個とも600万個ともの地雷が埋まっているとされます。シェムリアップは観光地だから地雷の危険は無い、と思ったら大間違い。逆にシェムリアップは地雷の多い町なのです。しかし観光地をガイドと回る分には危険はありません。冒険者気分になって一人で歩き回らないことが肝心です。

ホテルでテレビでは、日本のNHKなどの衛星放送も受信することができますが気ままにチャンネルを回すと、早速地雷の番組を発見。地雷の撤去作業や危険箇所などをテレビでも放映しているのです。長い内戦時代に埋設された地雷は今尚住民を脅かしているのです。
 
バンテアイ・スレイ遺跡の入り口には地雷でからだの一部を失った人たちが演奏を聞かせています。(2006年4月9日撮影)

地雷は敷設の容易さ(地雷一個のコストはわずか1?3ドル。空中散布も可能)に比べ、その撤去は困難を極めます。特にカンボジアは雨季にほとんどの国土が水没するため地雷の発見はひどく困難になります。仮に地雷を撤去するとしてもその間は住民は農耕ができなくなります。住民には代替地が用意されますが、そこで農耕ができるという保証はありません。国家の補助も薄く、住民は仕方なく地雷危険地で農耕を営まざるを得ない状態となるわけです。その結果犠牲となるのは農民をはじめ一般市民というわけです。

親の演奏が終わるのを待つ子供たち。物乞いをしたり、物売りはしていません。(2006年4月9日撮影)


[41]東洋のモナリザとデパダー


有名な「東洋のモナリザ」は中央祠堂の脇、北塔の左側にあるのですが、残ながら写真には撮れませんでした。しかし、各塔の門の脇にはそれぞれ特徴のあるデパダー像が彫られています。
 
これはいわゆる東洋のモナリザではありませんが、劣らぬ美しさを誇るデパダー像。アンコールワットのデパダー像に比べると彫りが深くて柔和。(2006年4月9日撮影)


[40]レリーフに登場するヒンドゥーの神々


バンテアイ・スレイの彫刻 はヒンドゥー教の神話を描いたものが多く、その彫りは深く優美です。造形美はアンコール遺跡の中でも群を抜いて洗練されています。一見の価値あり。
 
カイラス山で瞑想するシヴァ神。妻のパールバティーが抱きついている。下には20本の腕と10の頭を持つ魔王ラーヴァナが瞑想の邪魔をするためカイラス山を動かそうとしている。シヴァ神は阿修羅をやっつけようとするためカイラス山で瞑想したのである。魔王を怖がるバラモン僧やトラ、ライオン、鹿、象なども描かれている。(2006年4月9日撮影)

 

マカラの口からナーガが出現するモチーフ。(2006年4月9日撮影)


[39]バンテアイ・スレイのレリーフはヒンドゥー教の神話


バンテアイ・スレイの彫刻はヒンドゥー教の神話を描いたものが多く、その彫りは深く優美です。造形美はアンコール遺跡の中でも群を抜いて洗練されています。一見の価値あり。
 
ヴィシュヌ神の妻ラクシュミーが象の聖水で身を清めているところ。下にはナーガを抱えるようにしているガルーダがいる。ガルーダはどこでもヴィシュヌ神の乗り物として登場する。ラクシュミーは人気のある女性でヒンドゥーでは理想の女性とされている。(2006年4月9日撮影)

ラーマーヤナ物語の一説。さらわれたシータ姫を探してラーマ王子が森へ入るとサルの王スグリーヴァが泣いていた。理由を聞くと、兄サルに妻を奪われ、王の座も奪われたという。気の毒に思ったラーマ王子はスグリーヴァに加勢。中央には争うサルの兄弟、右側から矢を射るのがラーマ王子。この戦いでスグリーヴァは勝ち、今度はラーマ王子を助けることに。(2006年4月9日撮影)

[38]バンテアイ・スレイのレリーフ


バンテアイ・スレイの彫刻が精緻なものが多く、これらが数多く残っているのは使われている砂岩の質がよかったためといわれています。
 
踊るシヴァ神。向かって右側には雷神インドラが太鼓を叩く。向かって左側にはカリーカラミヤという女性が座す。カリーカラミヤは大変美しい王妃であったが、王がなくなった後、その美貌ゆえ多くの王がこの女性を奪い合って争った。憂いたカリーは自分の魅力・美貌を破壊するようシヴァ神に頼み、シヴァ神はその望みどおり破壊してしまったという。シヴァ神は破壊の神であると同時に創造の神でもある。(2006年4月9日撮影)


バンテアイ・スレイでもっとも美しいとされる塔門のレリーフ。カーラの上に乗るヴィシュヌ神。カーラはインド神話に登場する食欲旺盛な怪物。自らの体も食ってしまい頭と手しかない。(2006年4月9日撮影)


[37]バンテアイ・スレイの遺跡訪問


シェムリアップから北東に約40km、車利用で約1時間の所にバンテアイ・スレイはあります。赤い砂岩が特徴のこの遺跡は朝日が当たる午前中が見ごろ。太陽の陽を受けて燃え上がるように見えます。あいにくの雨でも大丈夫。雨に濡れると朱色がいっそう引き立つからです。

このバンテアイ・スレイは「女の砦」という意味の寺院。創建年代は967年、シヴァ神とヴィシュヌ神に捧げられた周囲約400mほどの小さな寺院です。周囲は赤色砂岩とラテライトで作られ、一部レンガも使用されています。赤色が美しい遺跡です。
 
バンテアイスレイの東正面。赤い絨毯が敷き詰められているような錯覚に陥る。(2006年4月9日撮影)

当時のアンコール王朝の王師ヤジャニュバラーハの菩提寺として建設されたといわれているバンテアイスレイ。屋根の一部はレンガも使用された美しい遺跡です。レンガといっても日本のレンガとはだいぶ大きさが違います。もちろん大きいのです。

ここには、カンボジアのパンフレットにも多く記載されている優雅なレリーフ「東洋のモナリザ」があります。建物の側面には同じようなレリーフがたくさんあり、また周囲にロープが張られ近くにいけないため、おなじみのデパダー像を探すのに苦労しました。

かつて作家のアンドレ・マルローは、このデパダー像に魅せられ、盗掘して国外に持ち出そうとして逮捕されたことは有名は逸話です。それは1923年12月23日のこと。バンテアイスレイ寺院でレリーフを盗んだとして友人のルイ・シュヴァッソンとともにプノンペンで逮捕。1924年7月プノンペンの裁判所でマルローは禁固3年、友人のルイは禁固1年半の判決を受けた。一緒に妻も逮捕されましたが、無罪放免。帰国した妻は母国でアンドレの救援のため支援を求めました。その甲斐あってアンドレは減刑されフランスに帰ることができましたとさ。

王道
posted with amazlet on 06.11.14
アンドレ マルロー Andr´e Malraux 渡辺 淳
講談社
売り上げランキング: 86228
バンテアイ・スレイには優れたレリーフが多く残っている。これはヴィシュヌ神の化身「ナラシンハ」が阿修羅王を組みふし殺そうとしているところ。(2006年4月9日撮影)
 

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages