« [02]彼との出会い | TOP | [04]パパのこと »

2006年7月24日

[03]彼とのこと

彼とはすぐに仲良くなったの。と、言っても飲み屋の女の子とお客さんっていう関係で。私のほうは勝手に運命的な出会いだって思い込んでいたけど、彼にとっては暫くの間、ただの田舎のスナックの女だったみたい。ただ、こういう仕事は初めてだったから、飲み屋の子と遊ぶことに慣れていた彼にとって、お水っぽくない私は新鮮な存在だったとは言っていた。

最初に来てくれた日、彼は仕事仲間のタカ君と一緒だった。タカ君っていってももう38歳。もう「君」って年じゃないでしょう…って思ったけど、すずちゃんもママもそう呼んでいたから私もタカちゃんって呼んだ。タカちゃんはすずちゃんより年上だったけど、仕事ではすずちゃんの方が上らしく、お店にいるときも敬語を使っていたりしてすずちゃんには頭が上がらない感じだった。

ボックス席に座ったすずちゃんの横に私が、タカちゃんの横にはママが座った。私が横にいくとすずちゃんは手を握ってきたり、スカートめくろうとしたり。私が「もぉ??!」と怒ったふりをすると「ええやんかぁ」ってすごく楽しそうに笑ってくれた。握ってくれる手はドラえもんみたいにポヨっとしていて温かかった。久しぶりに感じた温かさに思えた。久しぶりに心から笑ったの。楽しい!楽しい!楽しい!

帰りに車まで送っていって、いつもお客さんに聞くみたいに電話番号のおねだり。「ええよ。」って彼の言葉を聞くと、彼の手から携帯を取って自分の番号を押す。「明日電話してもいい?」って聞く。「電話してね。」だと、掛かってこないかもしれないじゃない?待つのは不安になるから。それから毎日電話するようになったの。

それから何日かして、またタカちゃんと一緒に彼はお店に来てくれた。前回はジャージだったけど、この日はスーツ姿だった。くっきりしたストライプの入った濃紺のスーツに赤いネクタイをしていた。怖そう、、、、。普通のサラリーマンじゃなさそうだな。

そんなことを考えながらも、私は嬉しくて嬉しくて、すずちゃんにベッタリだった。その日はほかにもお客さんがいて、ママはその人達とお話していた。楽しくて仕事を忘れるくらい。でも本当に忘れちゃダメなのよね。だってね、タカちゃんが怒っちゃった。

「彩ちゃんはこういうところで働くの向いてないのじゃないの?全然仕事できてないじゃない。」きつい言い方でタカちゃんは続けた。「もっと都会のクラブの子達なんてすごいんだよ。どうせバイトだからって適当にやっているのかもしれないけど、こっちはお金払っているのだから。」すずちゃんの前で怒られて涙が出そうになった。でも泣くのは恥ずかしいから我慢していた。そこでママに呼ばれた。そばに行くと「裏で座ってなさい。」っていつもよりずっと優しく言ってくれた。

裏に行くと気が抜けて一気に涙が出てきた。しばらくワンワン泣いていたら落ち着いてきた。お金貯めるって決めたんだから!負けない。負けない。負けない!ってテンションをあげようとした。様子を見に来たママに「ごめんね。もう泣かないから…」って中学生の青春ドラマの1コマみたいな台詞を言うとなぜかコートを渡された。「えぇ!ちゃんと今から頑張るから!」やめさせられるかと思った。出て行きなさいって言われると思った。「急ぎなさい。すずちゃん達がお勉強のためにクラブに連れて行ってくれるって。」

外に出ると黒いコートを着込んだ二人が立っていた。ますます怖そう、、、タクシーで向かった先は一番の繁華街。韓国人のクラブだった。私のいる場末のスナックとは桁違いの華やかさで、エレベーターはピカピカ。中に入るとたくさんの女の子が出迎えてくれて、私達の席には4人ついた。「スズキさん、はいッ♪」仲よさそうにリンと呼ばれた子がすずちゃんにお酒を渡す。

すずちゃんが私のことを妹だって女の子達に紹介すると、リンちゃんは「本当なの?弟しかいないって言ってなかった?」と怪訝そうな顔で私を覗き込んだ。

「全然似てないね。ほんとなの?こんなに綺麗な妹??」としつこく疑る。すずちゃんとリンちゃんは二人で会ったりしているみたい。仲のよさそうな二人を見ていたら、びっくりするくらい私は嫉妬していた。そんな私の様子を察して、すずちゃんはみんなに見えないように手を繋いでくれた。温かい手。

手を繋いでいるのをリンちゃんが見つけた。私を睨むと、「ねーえー」ってすずちゃんに甘えた声を出してホッペにキスをした。得意げな顔。当たり間だけど妹じゃないって彼女は気づいている。涙が出そうになった。いっぱい飲んでねってたくさん飲まさせられた。飲めないブランデー。断るのは悔しいから無理やり飲んだ。

どれくらい飲んだかわからないけど私はフラフラになっていた。ママから電話があって帰ることになり、タクシーに乗った。タカちゃんは助手席で私はすずちゃんにくっついて後ろに座った。「すずちゃん、りんちゃんとチュウしてた、、、」「ばかなこと言うなよ。していたんじゃなくてあっちが勝手にしてきたんやないか。」「やだったもん。」酔っていたのも手伝ってものすごく嫉妬していた。すずちゃんを見上げたらすずちゃんも彩花を見ていた。タカちゃんが乗っているタクシーの中で初めてのキス。ほんとに初めてのキスみたいにチュって。

それから何度かお店に来てくれて、帰りのエレベーターでチュってする関係が1ヶ月くらい続いたの。エレベーターで二人きりになれるのが待ちどうしかった。それまでキスなんて誰とでも簡単にしていた。でも、すずちゃんと会ってからできなくなった。すずちゃんとキスするときは本当に愛おしくて大切な時間。

ああ、人を好きになるってこういうことなのかも。27歳。いまさら初恋かもしれない。そう思った。去年の11月。

柊 彩花


amazonで「恋愛体質」を探す
楽天で「恋愛体質」を探す