2006年8月12日

[05]こどものこと(1)

21歳のときに会社の上司だった旦那と知り合った。違う部署だった旦那をチラッと見かけて、「かっこいいな。」って私が思ったのがきっかけ。たまたま私の同期の男の子が旦那の部署だったことから一緒に飲みに行くことになって、すぐに仲良くなった。

旦那には遠距離恋愛中の彼女がいた。そのときにもう7年も付き合っていて、結婚の話もでていたみたいだった。でも1ヶ月に1度会うか会わないかの彼女より、身近にいる私を取った彼はあっさりその彼女と別れた。きっと寂しかったんだと思う。彼は転勤で私のいる町に来ていた。友達もいなくて彼女もいない。一人暮らしのマンションはきれいにしていたけどガランとしていて生活感がなかった。

付き合って2ヶ月くらいして、彼に「結婚したい。」と言われた。まだ21歳の私。5歳年上の旦那は27歳の誕生日を目前にしていた。なんで急にそんなことを言い出したのかというと、彼の転勤が決まったから。私たちの交際が上司に知れて、それをあまりよく思わなかった上司の決定だった。転勤は絶対で、彼は地元に帰ることになった。もう遠距離恋愛は嫌だと旦那は言った。

しばらくは旦那のいるところに週に1回ほど通っていた。仕事が終わると走って新幹線に飛び乗った。早くこっちに来い、といつも言われた。でも迷っていた。私の父はとても厳しかったから一人暮らしなんてさせてくれるわけがない。彼ができても怖くて言ったこともなかった。私は父が大好きだった。父が悲しむところを見たくなかったのが一番の理由。

でも私もまだ若かったし、「彼氏」と離れて暮らすことがだんだん辛くなってきた。それに仕事もうまくいかなくなってきた。仕事でいじめにあっていて誰にもいえなかった。やめたいけど両親に心配かけたくない。ずっとそう思っていたけど、耐えられなくなっていたんだと思う。次に旦那のところに会いに行ったとき「私も結婚したい」そう言った。

「こどもが欲しいな。」そういう旦那の言葉に頷いていた。
その日の1回だった。
次の月、来るはずのものが来なかった。
「妊娠してる。あの日だ。」でも信じられなかった。

初めての産婦人科。怖くて怖くて涙が出そうだった。結婚していない私に先生は笑顔でもなく、かと言って冷たい顔でもなく静かに言った。「4週目に入っていますね。来週もう一度来てください。」目の前が真っ白になった。

彼に電話するとしばらく黙った後、低い声で「来週そっちに行くね。」と言った。どうしたらいいのかわからずに私はずっと泣いていた。「大丈夫だから。」なんども彼はそう言った。

とりあえずお母さんに言わなきゃ。話があるという私のただならぬ雰囲気に母は不安そうな顔をした。「結婚したい人がいるの。」そういった言葉にびっくりした様子だったが、その後の私の言葉に顔が引きつった。「おなかに赤ちゃんがいるの。」

母は深く息を吐くと目を瞑った。「困ったねえ。なんでいつもお母さんを困らせるの?」力なく母はそう言った。

ごめんなさい。ごめんなさい。私は何度も小さい声で呟いた。涙が止まらなかった。おなかに命が宿っているなんて想像もつかなかった。

柊 彩花

こうして生まれる―受胎から誕生まで
アレグザンダー シアラス バリー ワース Alexander Tsiaras Barry Werth 古川 奈々子 中林 正雄
ソニーマガジンズ (2002/12)
売り上げランキング: 37,692

amazonで「産婦人科」を探す
楽天で「産婦人科」を探す

2006年8月 2日

[04]パパのこと

すずちゃんとの関係はゆっくりだけどちゃんと深まっていっていた。でもなんか踏み切れなかったのはパパの存在。

パパと出会ったのはすずちゃんとの出会いの半年くらい前だった。友達に「おいしい食事連れて行ってくれるからついてきて。」って誘われてついていった時のこと。30代後半のスーツ姿の男性が二人、ホテルのロビーに座っていた。一人は小柄で細く、一人は背がとても高かった。友人は小柄な男性のほうに笑顔を見せるとかわいく走り寄った。

小柄な男性の車にみんなで乗り込み、雰囲気のいい和食のお店に行った。きちんとした和室。豪華なお料理。全部初めて。だって、主婦をしていたころ、外食なんてファミレスくらいしか行ってなかった。こっちに一人できてからも遊び相手の男の子達はお金いっぱい持っているわけじゃなく、ちょっと雰囲気のいいところには連れて行ってくれても、こんな料亭なんてまず知らないと思う。

ふと気づくと、仲よさそうに友人は小柄な男性に甘えていた。どうやら彼は彼女のパパらしい。彼女には普通に付き合っている彼がいる。すごいなぁ、、、と半分呆れてみていた。「どう、この人、ねえ。彩花のこと気入ったって。」今回のこのお食事会はどうやら「私を背の高い方に紹介する会」だったみたい。

それから何度か背の高いその「パパ」と会ううちに、そのパパと「愛人契約」をした。

パパは私のことをとても気に入ってくれてかわいがってくれた。まだ39歳で会社を経営し、10社の会社役員をしていた。月に25万。それが私のお小遣い。そのとき私が会社からもらっていたお給料は18万。毎日毎日、怒られて嫌味を言われて18万。服が欲しくなれば甘えて買ってもらう。お小遣いがなくなれば甘えてもらう。朝、時計を忘れたと言ってパパに来てもらい40万の時計を5分で決めて買ってもらう。会社まで毎日タクシーで通う。毎日おいしいお食事。おかしくなる金銭感覚。

特定の彼がいたわけではないので(一応結婚しているけれど)、パパの束縛にも苦痛を感じることはなかった。エッチすることも。むしろ上手だったので楽しみでもあった。背の高いパパのあそこはとても大きかった。それに愛撫がとても上手で、経験のわりに「いく」ってことがわからなかった私はパパに始めていかせてもらったような気がする。

もちろんパパには家庭がある。だから私にお金を渡しているんだって。私のことをほんとに好きだと思うようになりそうで怖いって。彩花はお金をあげているから自分に甘えてきたりしている。そう思いたいから、線を引きたいからお金を渡すんだって言う。パパはいつも寂しそうに見えた。時々ね、エッチをしているときに「彩ちゃん、好きって言って。嘘でもいいから…。」って言うの。頑張り過ぎなの、パパは。会社でのプレッシャー、家ではいいパパで旦那様でいなきゃ、でしょう?よしよしってしてあげる。彩花の胸でお昼寝して、ネクタイ締め直して会社に戻るパパ。いつもお疲れ様。

でも2・3ヶ月もするとパパの束縛はひどくなり、メールの返事が遅いと怒られ、電話にでないと怒られた。「俺達は契約しているんだから言うとおりにして。」とよく言われた。すずちゃんと出会ったころは、週に1?2回だったデートも1ヶ月に一度くらいになっていた。でもまだ関係は続いていた。

すずちゃんに抱かれたいって思うようになった。でも私はパパに抱かれる。お金で買われているの。すずちゃんに抱かれる資格なんてないと思っていた。だんだんパパとキスしたりエッチしたりっていうのに苦痛を感じるようになっていた。エッチの後、気がつくと涙が出ていることもあった。でも壊れた私の金銭感覚はなかなか直らずお給料だけでは生活できなかった。スナックのバイト代もファミレスのバイト並みだったし。すずちゃんとお食事したくて休みがちになり、バイト代も当てにならなかった。そんなふうで結局パパとの関係は続いている。ダメな彩花。

柊 彩花

愛人の掟〈1〉
愛人の掟〈1〉
posted with amazlet on 06.08.02
梅田 みか
角川書店 (1999/10)
売り上げランキング: 44,158

amazonで「愛人」を探す
楽天で「愛人」を探す

2006年7月24日

[03]彼とのこと

彼とはすぐに仲良くなったの。と、言っても飲み屋の女の子とお客さんっていう関係で。私のほうは勝手に運命的な出会いだって思い込んでいたけど、彼にとっては暫くの間、ただの田舎のスナックの女だったみたい。ただ、こういう仕事は初めてだったから、飲み屋の子と遊ぶことに慣れていた彼にとって、お水っぽくない私は新鮮な存在だったとは言っていた。

最初に来てくれた日、彼は仕事仲間のタカ君と一緒だった。タカ君っていってももう38歳。もう「君」って年じゃないでしょう…って思ったけど、すずちゃんもママもそう呼んでいたから私もタカちゃんって呼んだ。タカちゃんはすずちゃんより年上だったけど、仕事ではすずちゃんの方が上らしく、お店にいるときも敬語を使っていたりしてすずちゃんには頭が上がらない感じだった。

ボックス席に座ったすずちゃんの横に私が、タカちゃんの横にはママが座った。私が横にいくとすずちゃんは手を握ってきたり、スカートめくろうとしたり。私が「もぉ??!」と怒ったふりをすると「ええやんかぁ」ってすごく楽しそうに笑ってくれた。握ってくれる手はドラえもんみたいにポヨっとしていて温かかった。久しぶりに感じた温かさに思えた。久しぶりに心から笑ったの。楽しい!楽しい!楽しい!

帰りに車まで送っていって、いつもお客さんに聞くみたいに電話番号のおねだり。「ええよ。」って彼の言葉を聞くと、彼の手から携帯を取って自分の番号を押す。「明日電話してもいい?」って聞く。「電話してね。」だと、掛かってこないかもしれないじゃない?待つのは不安になるから。それから毎日電話するようになったの。

それから何日かして、またタカちゃんと一緒に彼はお店に来てくれた。前回はジャージだったけど、この日はスーツ姿だった。くっきりしたストライプの入った濃紺のスーツに赤いネクタイをしていた。怖そう、、、、。普通のサラリーマンじゃなさそうだな。

そんなことを考えながらも、私は嬉しくて嬉しくて、すずちゃんにベッタリだった。その日はほかにもお客さんがいて、ママはその人達とお話していた。楽しくて仕事を忘れるくらい。でも本当に忘れちゃダメなのよね。だってね、タカちゃんが怒っちゃった。

「彩ちゃんはこういうところで働くの向いてないのじゃないの?全然仕事できてないじゃない。」きつい言い方でタカちゃんは続けた。「もっと都会のクラブの子達なんてすごいんだよ。どうせバイトだからって適当にやっているのかもしれないけど、こっちはお金払っているのだから。」すずちゃんの前で怒られて涙が出そうになった。でも泣くのは恥ずかしいから我慢していた。そこでママに呼ばれた。そばに行くと「裏で座ってなさい。」っていつもよりずっと優しく言ってくれた。

裏に行くと気が抜けて一気に涙が出てきた。しばらくワンワン泣いていたら落ち着いてきた。お金貯めるって決めたんだから!負けない。負けない。負けない!ってテンションをあげようとした。様子を見に来たママに「ごめんね。もう泣かないから…」って中学生の青春ドラマの1コマみたいな台詞を言うとなぜかコートを渡された。「えぇ!ちゃんと今から頑張るから!」やめさせられるかと思った。出て行きなさいって言われると思った。「急ぎなさい。すずちゃん達がお勉強のためにクラブに連れて行ってくれるって。」

外に出ると黒いコートを着込んだ二人が立っていた。ますます怖そう、、、タクシーで向かった先は一番の繁華街。韓国人のクラブだった。私のいる場末のスナックとは桁違いの華やかさで、エレベーターはピカピカ。中に入るとたくさんの女の子が出迎えてくれて、私達の席には4人ついた。「スズキさん、はいッ♪」仲よさそうにリンと呼ばれた子がすずちゃんにお酒を渡す。

すずちゃんが私のことを妹だって女の子達に紹介すると、リンちゃんは「本当なの?弟しかいないって言ってなかった?」と怪訝そうな顔で私を覗き込んだ。

「全然似てないね。ほんとなの?こんなに綺麗な妹??」としつこく疑る。すずちゃんとリンちゃんは二人で会ったりしているみたい。仲のよさそうな二人を見ていたら、びっくりするくらい私は嫉妬していた。そんな私の様子を察して、すずちゃんはみんなに見えないように手を繋いでくれた。温かい手。

手を繋いでいるのをリンちゃんが見つけた。私を睨むと、「ねーえー」ってすずちゃんに甘えた声を出してホッペにキスをした。得意げな顔。当たり間だけど妹じゃないって彼女は気づいている。涙が出そうになった。いっぱい飲んでねってたくさん飲まさせられた。飲めないブランデー。断るのは悔しいから無理やり飲んだ。

どれくらい飲んだかわからないけど私はフラフラになっていた。ママから電話があって帰ることになり、タクシーに乗った。タカちゃんは助手席で私はすずちゃんにくっついて後ろに座った。「すずちゃん、りんちゃんとチュウしてた、、、」「ばかなこと言うなよ。していたんじゃなくてあっちが勝手にしてきたんやないか。」「やだったもん。」酔っていたのも手伝ってものすごく嫉妬していた。すずちゃんを見上げたらすずちゃんも彩花を見ていた。タカちゃんが乗っているタクシーの中で初めてのキス。ほんとに初めてのキスみたいにチュって。

それから何度かお店に来てくれて、帰りのエレベーターでチュってする関係が1ヶ月くらい続いたの。エレベーターで二人きりになれるのが待ちどうしかった。それまでキスなんて誰とでも簡単にしていた。でも、すずちゃんと会ってからできなくなった。すずちゃんとキスするときは本当に愛おしくて大切な時間。

ああ、人を好きになるってこういうことなのかも。27歳。いまさら初恋かもしれない。そう思った。去年の11月。

柊 彩花


amazonで「恋愛体質」を探す
楽天で「恋愛体質」を探す

2006年6月28日

[02]彼との出会い

1年間、将来にだんだん不安を感じ始めて毎日気持ちが不安定だったの。
出戻ってきてしまった私は近所の人から興味本位で心配されたし、
母親は近くに住んでいる親戚からいろいろ言われてかわいそうだった。
父はとても怒っていて私の存在を完全に無視していた。
居づらくなった私は一人暮らしを始めることにして家を出た。
荷物はとても少なかった。
最後の荷物を運び出そうとしたとき、父に怒鳴られた。
「もう二度と戻ってくるな。」

一人ぼっちの夜は初めてで、想像以上に寂しかった。
そのうち、会社で仲のよかったカナと毎日遊びまわるようになった。
私はどこでもモテた。
でも知っていたの。私に魅力があるわけじゃないってこと。
ブスじゃなくって無難。スキがあって手に入りやすそう。
毎日違う男と一緒にいた。
毎日違う男と寝た。
「気持ちよくして。もっと、もっと。」
セックスって気持ちいい。私は立て膝になって胸を舐めさせる。
男の頭を撫でながら、赤ちゃんみたいに乳首に吸い付いてくるのを上から見下ろす。
男の手を私の下のほうに持っていく。
「もっと気持ちよくして。はやく…。」
それでね、私の中に入ってきたときに聞くの。
「私のこと好き?」
みんな同じ答えが返ってくる。「すきだよ、彩花。」
ばかみたい…。 うそばかり。
どうでもいいや。
そう思いながらも一緒に気持ちよくなる。
なにやってんだろ。
エッチをする度にまた一つダメになった気になる。
可笑しくて笑えてくる。
一緒に涙も出てくる。
終わった後に必ず思う。
明日の朝、目が覚めませんよーに。いなくなっていますように。
でも必ず朝はきちゃうのよ。
逃げてばかりの自分が嫌い。

11月の始めの一人の夜。寝られなくて、いつものように睡眠導入剤を飲んでぼーーーっとしていた。
何錠飲んだかな。
いつもよりいらいらしていてね、たぶん20錠くらいかな。
一緒にお酒も飲んだ。
寂しい。寂しい。寂しい。
誰か助けて。
あんなに毎日違う男といたのに、そばに来て欲しいのはその誰でもなかった。
みんな、からだの繋がりだけだもの。
わからなかった。虚しさが身体中に広がる。誰に一緒にいてほしいのかな。
ワインを一本空けて、壁で割った。
手首に当ててみた。
ああ、死んじゃえばいいんだ。
ここちゃん、ももちゃん、ごめんね。
子供に会ってきたばかりだった。
帰り際、泣きじゃくる二人の顔を思い出す。
中途半端に会いに行くほうが酷じゃないの。かわいそう。
カナの言葉を思い出す。
あの子達は旦那のところで幸せに暮らしてる。
私が会いたいと思うのは私のエゴ?
私があの子達の生活を乱しているの?
思いっきり引いたら血が出てきた。
気がついたら次の日の夕方だった。
死ぬこともできない臆病者。
涙が出た。

夜10時過ぎまでそのままでいた。
フッと思ったの。遠くに行きたい。見たこともないところに行きたい。
会社の同僚が来月からワーキングホリデーでフランスに行くの。
私も行けないかな。お金貯めよう。
私ってほんと賢くない。
でもそう思ったらそれしかないって思えちゃって、早速パソコン開いてバイトを探した。
本当に偶然に近所のスナックが募集していた。
すぐに電話してその日のうちに面接に行った。
その日以来、男遊びはパタっとしなくなった。昼間の仕事が終わると走ってバイトに行った。

初めての水商売。
つぶれそうなスナックで、ママと私ともう一人かわいくない女の子だけのお店。
お客さんが来ないと、機嫌悪くママは電話しまくる。
その日は12時過ぎてもお客さんが来なくてママはとても不機嫌だった。
タバコ買ってくるように言われてワンピの上にストールを羽織ってエレベーターに乗った。
いかにも場末のスナックといった感じでエレベーターは赤い床に赤い壁。
ボロボロで乗っているといつも切なくなる。
でも今の自分にピッタリなような気がして、そんなところで働いている自分が少し可笑しかった。
エレベーターが開くと正面に黒い車が止まっていて助手席が開いた。
ジャージ姿のその人と目が合った。
「お前か??。ママが言うとったのはぁ。」
今でもはっきり覚えている。
優しい笑顔。すごくすごく優しく笑うの。
彼だった。
「あ、、、私この人がいなくなったら辛くなりそう。」
初めて出会ったのにそんなこと思うなんておかしいけれど、そう思った。

「すずちゃん、ひさしぶりじゃないの??!」ママは急に上機嫌。
鈴木淳司。35歳。少し離れたところに奥さんと小学生の子供がいるの。
単身赴任。
最初から知っていたから好きにならないようにしようって思った。
でも好きになるだろうなって分かってた。というよりも、そのときにもう好きになっていたんだと思う。
その日、すずちゃんが携帯に貼っていた家族の写真を見せようとしてきたとき私は「見せてくれなくていいよう。」って拒んだ。それが証拠だと思う。
見なくてよかった。
見ていたら絶対今耐えられない。へんなところで賢いのね、私。

※登場人物は仮名です。

柊 彩花

ワーキングホリデー完全ガイド (2006-2007)
OKCオセアニア交流センター
イカロス出版 (2005/10)

楽天で「ワーキングホリデー」を探す
amazonで「ワーキングホリデー」を探す

2006年6月21日

[01]わたしのこと

はじめまして。柊彩花です。28歳です。

いつからこうなっちゃったのかな。思い返してみると私ってね普通に生きてきたことってないような気がするの。

きっといろんなことから逃げてる。ダメなことばっかりしているのに結局、誰かが側にいてくれて最後は誰かに甘えている。そんな彩花のこと聞いてください。


彩花の住んでいるところから新幹線で1時間半くらいのところに彩花の2人の子供が住んでいます。「こころ」5歳と「もも」2歳半。主人と別居して1年と2ヶ月。二人は主人と主人の両親が育てています。

先月、ついに離婚しようという話になり、今日弁護士さんのところに相談に行きました。1年半離れていたけれど子供の親権を取りたいの。別居した原因は性格の不一致と主人の暴力。

毎日、こころともものことを想って泣いたりたまに2人に会えるとお母さんぶっているくせに半年前から、既婚者の彼と同棲しています。単身赴任で彩花の町に来ている彼。月曜日から土曜日の夕方まで「夫婦ゴッコ」しているの。まっすぐな人。いつも前向きで一緒にいることがね、とても嬉しい。鬱だった彩花を救ってくれた人。薬を飲まなくても彼がいてくれたら不安に襲われることもなくなりました。

そしてもう一人の登場人物はパパ。パパって言っても父親ではありません。39歳で会社経営をしています。彩花は先月仕事をやめて今は専業主婦のような生活をしているの。生活費はそのパパからもらっています。

彼の前向きなところに惹かれて、彩花もそうなりたいって思ってる。なのに実際の私の生活はめちゃくちゃで矛盾と嘘だらけ。「離婚するんだ、私。」1年前、そう思ったとき、いろんなことがどうでもよくなったの。そんなときパパと会って贅沢な生活を見た。21歳で結婚して贅沢とは無縁の生活をしていた私。ダメになればいいと思った。だってもう28歳で人生失敗してるんだもん。どうなってもいいじゃない。そう思って私は1年前に愛人になった。

私と彼とパパと、2人のこどもとのいままでとこれから。

柊 彩花

離婚弁護士2~ハンサムウーマン~ DVDBOX
ポニーキャニオン (2005/09/28)
売り上げランキング: 2,488

amazonで「離婚」を探す
楽天で「離婚」を探す

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages