« [03]美しく見えるコツは自信満々であること | TOP | [05]ステイ先での過ごし方(入浴法その2) »

[04]ステイ先での過ごし方(入浴法その1)

みなさん、こんにちは。美月あきこです。スチュワーデスといえば、フライト、フライトといえばステイ、ステイと言えば・・・ホテル。ホテルといえば、休養。。。(すみません。。強引な書き出しでしたね。。。)

と、いう訳で本日はスチュワーデスのリフレッシュ方法、入浴についてです。

スチュワーデスの職業病といえば、肩こり、腰痛、脚のむくみ、膀胱炎、中耳炎などなど。肉体労働で常に緊張を強いられているスチュワーデス。慢性的な疲労感を訴えるスチュワーデスは非常に多いです。疲労感は放っておくと重大な病気に発展する事もあります。それに、何よりも健康的でなければ素敵な笑顔にはなれません。

お客様に対して素敵な笑顔でお迎えする為に、そして何より自分が毎回のフライトを楽々とこなす為にも、疲労は毎回確実にリセットするように努めます。その疲労を克服する方法は様々ですが、その中でも疲れた体を独自の入浴法で癒すスチュワーデスは多いです。シャワーだけでは、あの疲れた体は癒えません。

お馴染みの半身浴は疲れた体を癒すには手っ取り早い方法です。浴槽の中で、脚のツボを爪先から順番に少し強めに押さえていったり、足首を大きくゆっくりと回します。ツボがわかりにくい人は、骨に沿って押さえてみると良くわかります。少し痛ギモ(痛いけど気持ちの良い事)な箇所があるはずです。息を吐きながら腰をゆっくりと捻ってみると腰のダルさも徐々にほぐれていきます。肩甲骨を左右あわせる要領でそのまま首を回してみても疲れがス?っと抜けていきます。

入浴剤はお気に入りのものをスーツケースに入れて、その日の気分によって使い分けます。私のお気に入りは汗が大量に出るオリゴメール、クナイプ。旅の宿などもたくさんのストックがスーツケースにたくさん入っていました。ドラッグストアでもよく見かける、ヒノキのキューブタイプのものも、ヒノキの独特の香りが海外ではホッと出来るアイテムです。

会社の先輩や同じグループの方へのご挨拶状を会社のメールボックス(各個人のメールボックスが所属の部署にあるのです)に入れる際に、携帯用の入浴剤を添えると大変喜ばれていました。入浴剤はステイには欠かせないアイテムです。美肌ケアの為に緑茶パックや牛乳、日本酒を入れる人も知っています。シャンパンを一本ドボドボと注ぎいれるセレブなスチュワーデスも(笑)

あと、半身浴上級者はバスルームを真っ暗にして、持ってきたキャンドルで瞑想します。お気に入りの精油(アロマオイル)を数滴入れて目を閉じると、疲れによる目の疲れや酷い頭痛もスッキリしてきます。

これらの入浴法で極度の疲労も改善されていきます。そして柔らかくなったお肌にさらにアプローチをして美肌を目指します。お風呂での美肌道は次回御紹介しますね。お楽しみに。

美月あきこ
qrcode398994.gif
クナイプ入浴剤ヘイフラワーの香り40g分包x6ヶ入
楽天で「クナイプ」を探す

スポンサード リンク

関連する記事

» 美UP[04]ステイ先での過ごし方(入浴法その1) from 週刊マナー美人
みなさん、こんにちは。美月あきこです。スチュワーデスといえば、フライト、フライト... [もっと読む]