[12]愛される存在になる

みなさんこんにちは。美月あきこです。

スチュワーデスは入社後、研修期間を経て訓練に入ります。
2ヶ月弱の訓練期間でしたが、私にとっては非常に長く大変なものでした。
その証拠に訓練期間の中盤頃から、普段あまり肌トラブルの無い私でも、ストレスによってニキビがポツポツ出てきたり、肩こり、偏頭痛、持病の腰痛・・と、不調のオンパレードだったのを覚えています。

あの時を経たからこそ今の自分があるとつくづく感じます。
現在、会計士の仕事をしながらも、全国の様々な企業、団体から「接客・接遇・マナー・営業・販売」などのテーマで研修、講演をしているのも、その時の経験や知識が生きています。
私にとって非常に貴重な経験だったことは間違いありません。

訓練の中では接客の基本を徹底的に指導され、全てが新しい事ばかり、知らない言葉もポンポンと出てきました。
人間の行動心理学に基づく難しい専門用語も出てきました。全てがはじめての経験でとても勉強にもなりましたし、接客の現場だけではなく普段の生活の中でも当然生かせることばかりです。

その中から、本日は「ジョハリの窓」についてお話したいと思います。

まず「ジョハリ」というのは、アメリカの心理学者の名前から名づけられています。

みなさんは自分を知っていますか?
まず自分を知ることから人間関係について考えていきましょう。

自分を知るということは、“OPEN”の部分(開かれた窓)を大きくする事です。
その為には、他人は知っているが自分は気付いていない“BLIND”の部分に気付く事、そして他人に隠している“HIDDEN”の部分を開いていく事が大切です。
他人とのかかわり抜きに自分を知ることは出来ません。
自分の姿が他人にどんな印象を与えているか、この機会に客観的に見つめなおしてみましょう。
ちょっと勇気を持って周りの人に聞いてみると良いです。

表情が乏しい、癖が気になる、姿勢が悪い、暗い等、こんな些細なことが、人間関係作りを疎外する事さえあるのです。
他人から見て気になる癖や直すべき点をリストアップしていきましょう。
家族はもちろん、友人、同僚、上司からも愛されていますか?
他人にも自分にも開かれた窓が大きければ大きいほど、コミュニケーションはスムーズにすみます。

美しい人というのは、外見だけの美しさだけではなく、第三者から愛される存在でいられる人です。

素敵な人に愛される為には、あなた自身が素敵でいることが大切です。

AllAbout「ビジネスマナー」ガイドも5月15日からスタートします。

■キャビンアテンダントへの就職、転職を支援する
CA?STYLE

通信講座 大空への第一歩 

また次回をお楽しみに。

美月あきこ
qrcode11832940.gif
対人関係力を日増しに高めるEQノート
楽天で「ジョハリの窓」を探す

スポンサード リンク
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages