[10]私の超自慢美容法?ブルーピール(3)

いよいよブルーピール。
私は施術日前日にLAに入りました。
空港からクリニックに直行です。

クリニックから2ブロックほどのところにあるラボ(検査場)で血液検査などを受けて、パッチテストなどしました。
私は明日のブルーピールの事が気になって気になって、そわそわしていました。
ドクターからは「ブルーピールする前から顔が青いよ 笑」などと
ジョークを言われましたが、あまり笑えなかったのを覚えています。
そしてホテルに帰って早めに寝ようとベッドに入りましたが、緊張感のせいか眠れなくて、当時スチュワーデスの間で流行っていた、「メラトニン」をスーツケースから出して飲んでやっと眠れました。

いよいよブルピーリング当日、タクシーでクリニックへ行く途中、運転手さんに「具合悪いの?」と聞かれましたので、私の顔は恐らく顔面蒼白だったのでしょう。
処置室に入ってからは、あっという間でした。
麻酔をかけるので、暫くするとボワ???っとした感じになり(歯医者さんで麻酔を打つとボワ?んとした感じがしますよね)、指で顔の皮膚をつまんでも全く痛くないのです(当たり前ですが)
そこでピーリング剤を塗り合計1時間もかかりませんでした。

ピーリングにはTCAより強いフェノール酸を使います。
巷のうわさで、日本人には向かない危険な面があるとも言われていますが、これは全くの誤解のようです。
別に人種は選びません。
むしろアジア人には最適のピーリング方法だそうです。
塗る液が青いのは、TCA酸の濃度を施術者が加減する目安とするため。

この加減がいい加減だと、皮膚がきれいに剥けきらない、やけどしたような状態が後々まで残るそうです。
日本でもブルーピールを行っているドクターがいらっしゃいますが、オバジの研修、トレーニングを受け、患者さんへの症例数の多いドクターを選んでください。間違っても見よう見真似でやっている所には行かないように(笑)。
これ、当たり前の事なのですが、日本ではなかなかドクターの(本当の!?)腕がわかりずらいですよね。
失礼な言い方かもしれませんが、患者さんがいっぱいで、俗っぽい言い方で「儲かっているクリニック」は宣伝が上手かったり、経営手腕が上手いのです。
ですので、信用のおける方からのご紹介、あるいは経験者からの情報がいちばん安心できますね。
こちらは素人なんですから。

話がそれました。
私はブルーピールを受けながら、私の大好きな「松田聖子さんと同じ治療をしたんだ。」と1人ほくそえんでいました。
しかし、ナースが私に鏡を持ってきて鏡を見た瞬間、私は背筋がぞ?としました。

「私の顔、半漁人みたい・・・」

にごった海から出てきた青い顔をした魚のようでした。

今、その時の顔の状態を表現すると、
ジムキャリー主演 の 「マスク」

ドクターから青くなるという事は既に事前説明(インフォームドコンセント)されて私も納得していた事ですが、さすがに自分の肌が青色になっている様を目の当たりにするとさすがに引いてしまいました。。。

乗務も1週間お休みを取って、LAピーリング旅行も3泊5日で航空券もホテルも取っていました。
しかし「帰り便で知り合いに会ったら・・・」
   「日本人旅客の多い空港でこの青い顔を晒す事が出来るのか・・・」

いろいろ考えた末、帰り便のチケットは諦めて外資系航空会社のチケットを買い換えて帰りました。

海外で施術される方はダウンタイムも考えた方が良いでしょう。

ブルーピール後のお肌の経過ですが、
当日は後悔。鏡は見たくない。麻酔の効果がなくなってくると共に痛みが激しく、涙が。。
クレンザーは絶対に使わず水洗い。(少し触っただけでも痛い。。)
シャワー禁止。タオルで拭く時には絶対にこすらない。(痛くてこすれない・・)

1日目 表面ピリピリ、肌の深部でず?んとする重苦しい痛み。
顔に何か錘でもつけている感じ。
しかも笑えないです。
以前、石膏パックという強力なパックをした事がありますが、この100倍ぐらいの強烈さがありました。
体も熱っぽい。平熱は6度ぐらいですが、その時は7度5分ぐらいありました。

7日目 青色はだいぶ取れてきました。でも少し顔色が悪いかな、という感じです。でもまだお肌がキレイになったという感じではないです。
乾燥が酷くなったような気がしてシワが増えるんじゃないか、と不安になりました。
本日から、トナー、サンフェダーが使えます。
夜はクリアも使用許可が出ましたが、痛くて塗れません。

25日目 全部キレイに皮膚がむけました。
私は少し経過が早いみたいでした。
やっぱり、事前に使うニューダームプログラムは長く続ければ続けるほどお肌が健康になって再生力がUPするみたいです。
皮膚の状態は、赤みの強いピンク色です。
生まれたばかりのお肌、と言う感じです。
とにかく紫外線に注意せよ、との事ですので外出時はマスク、サングラス、帽子は必需品でした。

ブルーピール後、完全にもとの状態に戻るまで3ヶ月かかりましたが、やはり効果は絶大でした。
ツルっとして、ピン!!

会う人、会う人から、「何かやった?」「化粧品何使っているか教えて?」
「色白になった」などと褒めてもらえ、私は大変満足しています。

しかしながら、これは医療です。
安易に早い見返りを求めて施術を受けるのは賢明ではありません。
お肌は千差万別、10人10色。経過も効果もみんな違います。
リスク面も考えて計画を立てて受けましょう。

私はこの世界的に有名なドクターオバジの施術が受けられて本当に幸せでした。

また機会があれば(もう有名になりすぎて予約は絶対に取れないでしょうが・・・)、ブルーピールを受けてみたいと思います。

キャビンアテンダントになりたい方、スクールを始めました。
CA STYLE
E通信講座 ナレッジサーブ 大空への第一歩

次回は美人に写る写真のテクニックです!
お楽しみに♪

美月あきこ
qrcode647893.gif
フェイス、ボディの使い分け可能!ピーリングチップ2個付属ナチュラルダイヤモンドピーリング天...
楽天で「ピーリング」を探す

スポンサード リンク
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages