[05]離婚の成立条件

こんにちは、汐野 流です。

今回は法律で認められた離婚の成立条件についてです。

って言いますのは、結婚については非常に緩いんです。
ところが離婚となると、基本的に国家はさせたくないらしい。
よほどのことが無いと離婚出来ない、我慢しておれということなのでしょうか。
これはあくまで私感ですが、離婚の際、女性に厳しい。
わがまま、そんなことどこの家庭にも多かれ少なかれある、などと言われがちです、ひどい話ですが。

しかし、別れたいと思うのはそれ相応の理由があるから。
少しでも有利な離婚にしましょう。

1)双方に離婚の意思がある
2)不貞行為
3)生活費を渡さない
4)別居7年
5)行方不明3年
6)重度な精神病で回復の見込みが無い

大雑把にこんな感じです。
これは無料の法律相談で弁護士に聞いたことから書きました。

私の「一度でも暴力を受けたら別れなさい」とはだいぶ違う。(笑)

2)?6)は証拠資料が必要です。
DVについても、警察を呼ぶ、医者の診断書をとる、証拠写真などが無いと認めてもらえません。
DVも離婚の成立条件「悪意の遺棄」に該当するという弁護士もいます。
ですから、我慢せず医師にかかり、診断書をとらないといけません。

別居は、拡大解釈してみます。
たび重なる暴力のため何度も家をでたこともあり。
好き勝手にでたのではなく、暴力によりいられなかった、と証拠を残さないといけません。
短期でも証拠を残すと準じて考慮されるようです。
無駄になるかもしれなくても、証拠第一。
条規の成立条件に近づけるような資料は必要です。

結構難しいのです。
時効が5年。
別居して7年経ったときに「それは時効です」
相談窓口の弁護士に言われて、え?????っと思いました。

もういい!
と、裸一貫ではんこを押す女性は多いですね。
あんな地獄よりまし!

思いは解るけど、なんか悔しいですね。
きっちり該当しなくてもこの期間お金を入れなかった、この期間暴力のため実家に帰らざるを得なかった、などあらゆる資料作りは絶対にあなたの力になります。

たたかれたら、怖がらず家をでちゃいましょう。
変な言い方ですが、成立条件は作ろうと目標にしなきゃ。

引き返すのは恥じゃなくて勇気だと思いますよ。

汐野 流

関連するアイテム

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages