[10]当たり前の国語力をつける(1)

12歳までの国語力で全てが決まる!!

・・・と言っても過言ではないくらい、小学生の「国語」は大切です。
何故なら、「国語」は「日本語」だからです。

どの科目の教科書も専門書も、多くは日本語で記されていますし、授業もほとんど日本語でなされています。つまり、日本語力なくしては、はじまらないのです!!!

というのは、色々な場所ですでに言われていることですし、今更・・・という感じですが、色々な場所でたくさんの人が言うということは、やはり、真実なのだと思います。(私も、実感しています)

でも、私が国語が大事というのは、そういうレベルの話(抽象的な学ぶ力というレベル)のレベルではないのです。

はっきり言います!!!
「成績が悪い子の多くは、言葉の力が非常に弱い!!!!」

読んだり、書いたり、そして、話したりする力が本当に低いのです。
大きく分けると二つ、

○聞いたり、読んだりしたことを理解できない
○考えたことを話したり書いたり(=表現)できない

という問題点があります。

国語が苦手・・・だというお母様方からよく、聞かれることは、「うちの子は読解力がないんです。読解力をつけるにはどうしたらよいですか?」
ということです。そんな時、私は反対に質問します。

「お母さんの考える、読解力って何ですか?」
「・・・・・・。読む力?問題を解く力?・・・アレ???」

そうなのです!!読む力なんて、みんなが持っているんです。
ひらがな・カタカナが読める→学年相当の漢字が読める、ホラ、読む力はあるでしょ?

だから、読解力がないという子は、読めないというわけではないのです。
読解力がない・・・ということは、むしろ、「解」のほうに問題があることが多いのです。

ひら?たく言えば、「読めるけど、分からない」ということです。
「分からない」・・・何が?言葉の意味がです。

たとえば、「しかし」という言葉が、前の文章の内容をひるがえす言葉だということが理解できている子は、感覚的に「しかし」に注目しています。
前言を撤回してまで伝えたい内容がそこにあるのだと、センサーが働くのです。
「つまり」という言葉が、前に言った内容をもう1度、より簡潔にして繰り返す時に使う言葉だと知っている子は、色々言われたけど、そこを読めば内容がまとまっているんだなぁ・・・と知らず知らずに注目しています。

読解力がある子というのは、そういう当たり前の力が備わっている子なのです。

では、その当たり前の力がどうやったらつくのか、次回は、その具体的な方法についてお話することにしましょう。

葉月ひまわり

関連するアイテム

[09]全ての基本は小学生にあり!!(1)

個人的に、私の考えを言うと、イワユル「お勉強」を開始するのは、早ければ早いほど、イイと思います。

椅子にすわり、机に向かうという「姿勢」が取れるようになったら、お勉強を始めるべきだと考えます。気の利いた幼稚園なら、年少の時から、きちんと椅子は「座るモノ」、机は「向かうモノ」だと躾けてくださるはずです。
だから、幼稚園でも保育園でも、幼児教室でも、家庭でも、「姿勢」をとれるようになったら、「はじめ」の合図だと思います。

では、お勉強のはじまり・・・とは、何なのでしょうか?
私は、やはり(月並みですが)読み・書き・そろばん(計算)だと思います。
そして、この3つの中で最も、重要なのが「読み」だと思うのです。

私が教育関係の仕事をするようになってから、感じるのは、「読む」という行為をデキナイ子が非常に多くなっているということです。黙読もそうだし、音読もそうです。

本をしっかりと持って、斜めに傾けて、目で文字を追う・・・という、大人ならおそらく、誰でもできる、アノ「読む」という「姿勢」がまず、取れない子がいるのです。

○本を持たずに、寝かせたままで首(顔)を下に向けて読む→眠くなってくるみたいです。
○モノスゴイ、スピードで「読経」のように音読する→「形」だけの音読
○・・・見てるだけ・・・ページをめくるだけ・・・・

残念ながら、こういう子は、総じて、勉強の姿勢も出来ていない子が多いのです。
「本を読む」という基本的な学習の仕方を家庭で教わっていないのでしょう。
読めないから、書けない。読めない、書けないから、算数の訓練が理解できないというスパイラルに入っていくのです。

私は、椅子に腰掛けることが出来るようになったら、難しいワークを教えるより先に、「本を読む」という姿勢を教えてあげてほしいと思います。
極論を言うなら、「本を読む」なんてことより先に、椅子に座る姿勢を身に付けてほしいと思っています。

集中力が途切れてくるは、姿勢の崩れ方、腕の位置で、すぐに見抜くことができます。椅子にきちんと腰掛ける→机に向かう→緊張感を持つ→→

その緊張感こそ、神経を一つにする集中・・・ということなんだと教えてあげてほしいのです。

こんな昔の小学生なら誰でもできたようなことが、最近の中学生には、デキナイ子がいます。基本の「姿勢」ができていないのに、エラソウに(失礼!!)
「集中する時の姿勢は、みんなが違うって聞きました・・・」
「机の上じゃなくても勉強できます・・・・」とか、言うのです!!!!!!

ダラッとしていても、集中してる子は、目が違います。
「力まないでやる」ということができているからです。こういう子は、きちんとした姿勢もとることができるのです。

小学生の学習の極意は・・・
肘をつかずに、きちんと座る。
まず、そのことをできるようにするということだと思います。

さぁ、きちんとした姿勢がとれたでしょうか???
では、次回、さらに、最も大切な教科の国語から、授業を始めていきましょう!!


葉月ひまわり

【関連記事】
[08]学習環境を作ろう(その2)

関連するアイテム

[08]学習環境を作ろう(その2)

「子供部屋じゃなくて、勉強スペースを作りましょ!!」っていうのが、前回の提案でした。・・・では、今回は、具体的なリフォーム法について。
しかも、お金も、ほとんどかかりませんから、ダマサレタと思って、一度、一週間くらい、チャレンジしてみてください。

やり方は簡単。お母さん、お父さんが子供の勉強時間帯に合わせて、テレビを観ることと携帯電話を使うこと(通話・メール)、そしてパソコンをストップさせるのです。そうすれば、その瞬間、家庭が勉強モードに切り替わります。

そう・・・リフォームするのは、「場所」ではなく、「時間の使い方」のほうなのです。

家庭学習がはかどらない、思うような成果があげられないという子のほとんどの家庭は、生徒さん自身より、むしろ、周りの大人の生活習慣に問題があります。厳しいようですが、それが現実だと思います。

「勉強しなさい」と言っている人が、階下のリビングで、お笑い番組を観たり、ナイターに熱中し、ビールを飲み、ソファーで寝転ぶ。・・・それって、本当に子供の「応援」をしているのでしょうか?

何度も言ってるように、「塾に預ければ」自然と成績が上がるということはありません。塾に行って成績が上がるのは、「勉強する」からです。
では、なぜ、塾では勉強できるのか・・・それは、環境が整っているからです。
先生がいて、一緒に勉強する仲間がいて、手を伸ばす範囲に、誘惑物がナイ…
だから、勉強に向かえるのです。

ですから、家で勉強させたいのなら、この「環境」の真似をしてみればイイ!!

少なくとも、塾での授業中は、テレビはついていませんし、携帯電話をいじっている人もいません。パソコンの画面に熱中する人もいません。
そこにいる人はみな、机に向かい、自らの前にある「問題」と格闘しています。
そして、そこにいるみんなが、「向上したい!!」というオーラを出しています。

だから、子供達に勉強してほしいと願うなら、「向上オーラ」を家族全員でリビングに集中させるのです。
「えーー??今更勉強??」と思われる方もいると思いますが、大人になってからの勉強は、「強いられない」分、とても楽しいモノです。
うちのお教室のお母様の中にも、子供さんと一緒に、「漢検」や「英検」にチャレンジしてる方がいらっしゃいます。勉強が嫌なら、「読書」でもいいし、「企画書作り」などのお仕事でもイイと思います。とにかく、家族中で、プラスのパワーを、「もっと、もっと」のパワーを集めるんです。

この「お母さんとお父さんがテレビと晩酌を止めてくれてる!!」というプレッシャー(イイ意味での)の、子供への効果は絶大です。

でも、この時、絶対にしてはならないことがあります。
それは、子供の「学び」に無断で立ち入ること…。自分が分かるからと言って、「教えてやる」とか「見せてごらん」などと安易に言ってはいけません。
まして、「簡単なやり方(コツ)を教えてあげる」なんてのは、モッテノホカ!
子供(他人)の勉強が気になるのは、お父さんとお母さん自身が集中してない証拠ですよ?!!!!!

大切なことは、みんなで集中できる環境をつくることです。
それには、一人一人が自分のことに集中していないといけません。
そして、「時間を決める」ということ。

8時?10時を「勉強タイム」と決めたなら、それ以上は、しないことです。
「ヨシ、終わり!!」って、深追いしないこと!もし、子供が「あと少し」と言ったら、「10分だけ」延長を認めるのです。で、それでも終わらなければ、あとは、本人の判断に任せます。必要なら、自分でするでしょう。

ちなみに、「勉強タイム」の長さは、俗に言われるていることが参考になると思います。いわゆる、

「小学生の家庭学習の時間=学年×10分」
「中学生の家庭学習の時間=学年+1時間」っていうのです。

えっ?短い?中学受験をする???
だったら、なおさら、親がテレビなんて観てる場合じゃないですよ!!
中学受験を目指すなら、もっと、もっと、環境を整えないと・・・

次回は、『小学生の家庭学習』をターゲットにお話を進めていきますよ!

葉月ひまわり

【関連記事】
[07]学習環境を作ろう(その1)

関連するアイテム

[07]学習環境を作ろう(その1)

「お子さんは、いつも、お宅のどの部屋で勉強していますか?」

この質問は、私が学年始めの面談で必ず、伺う質問です。
「自分の部屋で勉強しています。」ときっぱり、お答えになるお母様にさらにもう一つ質問をします。
「お部屋での勉強の様子はどうですか?」

すると先程、「部屋で勉強をしている」と言い切ったお母様が突然暗い顔もしくは、困ったような微笑を浮かべて仰るのです。
「様子も何も・・・部屋では何をしているかわかりません。」
「たまに、見に行くのですが勉強していたようには見えません。あわてて何かを隠したりして・・・」

その一方で、はじめの質問に
「自分の部屋で、勉強をしなくて困っているんですよ。いつもリビングでテキストを広げはじめるんです。・・・仕方なく、主人もテレビを消して下の子もうるさくさせないように本を読ませたりしてるんですけどね。」
と笑いながらお答えになるお母様もいらっしゃいます。

続けて私が「おうちでのお勉強の様子はどうですか?」と聞くと「教室の宿題と学校の宿題をするのに、1時間くらいかかっています。
塾で確認テストがあるって言うと、2時間くらい机に向かってます。
昨日も、食塩の問題が分からないとか言って、主人としばらく悩んでたみたいですけど、主人も私も分からなくって(笑)。」
などと、お答えになります。そして、お母さんのほうから、
「食塩の濃度の問題とか原価と利益の出てくる問題になるとわからないっていいだすんですよね。」とか、すこしずつ、具体的な学習状況についての質問をされてきます。

私の教室では、保護者の方に「なるべく子供部屋で勉強させないように」とお願いしています。と同時に「勉強部屋(場所)を作って(決めて)下さい」とお願いしています。

なぜなら、「子供部屋」は、「遊び部屋」であり、「勉強部屋」ではないからです。だから、ある意味「部屋では何をしているかわかりません」と言うのは正しいのです。だって、「子供部屋」は「プライベートルーム」なのですから。

例えば、友達にナイショの手紙を書いたり、親には見せられない本を読んだり、一人で静かに考え事をしたり・・・そういうためのスペースなのです。
私に言わせれば、「親も許可なく、部屋に入るべからず」って言いたいくらい!
掃除も、その部屋の主がすれば良いのです。

というと、「だって、部屋で何をしてるか心配ですもの」とか「責任が云々」と言われますが、それなら、個室を与えなければいいだけのコトです。

子供が大きくなれば、子供も「一人の時間」が必要になるでしょうから、それまでは、「あなたの部屋」とするのではなく、「遊びの部屋」と「勉強の部屋」に分ければいいのです。そして、約束を作るのです、一つだけ。

「遊びの部屋の扉は開けておくこと。・・・どうしても一人になりたい時だけ、扉を閉めなさい。扉が閉まっている時は、お父さんもお母さんも必ず、ノックをしてから入ることにするからね。」と。

これで、出入り自由かつ、プライベートな時間の取れるスペースができます。
さらに、どこでも良いので「学習室」「学習スペース」を確保します。

えーー!そんなに部屋がない!!!という方。
大丈夫ですよ。次回は、ほとんどお金がかからずできる、「学習スペースの作り方」を伝授しますからね。

葉月ひまわり

関連するアイテム

[06]塾に行ったら成績アップ?

「先生の教室に入って、すごーく成績が良くなったって聞いたんですが?」「みんなが合格しているって聞いたんですが?」…
などと言って、うちのお教室の扉を叩く方がいらっしゃいます。

まぁ、半分はお世辞としても、通ってくれた(くれている)生徒や保護者の方が、そのように評価して下さっていたなら、教師冥利につきるとウレシイ限りなのですが、本音は、ちょっと、怖いなと思います。

だから、私は、必ず、こういうことに決めているのです。
「私は、魔法が使えませんから、エイってやって成績を上げることはできないのです。・・・成績をあげたり、合格したりするのは、全部生徒さん自身の力です。・・・○○くんが、□□高校に合格したのは99%○○くんの力ですよ。」と。

前回まで、解説型と演習型の塾について、お話してきましたが、本当は、塾の数だけ、いえ、講師の数だけ、「型」が存在します。
そして、そこには、当然、メリットとデメリットがあります。

演習型の教室は、「分かる」より、「できる」ようになることに重きをおいています。言うなれば、授業そのものが「練習」であり、演習をする中で、「理解」をさせていくのです。
ですから、「論理立てて物事を考えていく子」には、違和感があるかもしれません。「難しいことやっているんだ」という満足感より、「分からないことをさせられている」という不安感だけが大きくなるかもしれません。

反対に解説型の教室では、まず「分からせる」ことに重点をおきます。
全てのスタートが「理解する」ことですから、不安はなく、授業に参加できることでしょう・・・でも、残念ながら、「分かること」に時間を使いすぎるため、「できる」については、宿題や課題でだされることが多いので、宿題をやるという「習慣」がない子や「環境」が整っていない子には、「満足感」のわりに、結果が伴わないということもあるかも知れません。

一番、良いのは、そのどちらのバランスも取れている塾に通うことですが、実際、そんな塾はありえません。それは、お医者さんを選ぶのと一緒です。
よく言われることですが、病院を選ぶ時、「内科・外科・皮膚科・小児科」のように専門がたくさん書いてあるより、「アレルギー科・小児科」のように専門がはっきりしている病院のほうがイイ・・・って言われませんか?
(もちろん、大学病院や総合病院は別ですけど)

塾も同じです。・・・そういう意味で言えば、K文式は、その分野における専門教室として、非常に優れていると言えるでしょう。
計算や読み書きに焦点をしぼり、あくまでも基礎学力から広げることを目標にしているようです。

よく、塾の広告などで、「基礎から応用まで」などと言っているところがありますが、「補習塾」と「進学塾」は全く別物です。クラスを分けているとか、そういう問題ではありません。

ですから、塾に行く時には、ご家庭で、しっかりとした線引きをしてから、塾に通わせることが成績アップの秘訣になります。

「塾に求めること・子供に求めること・親が協力できること」

・・・次回は、実際のエピソードを交えて、理想的な環境作りのお話を進めていきたいと思います。

葉月ひまわり

【関連記事】
[05]正しく塾を活用する方法(2)

関連するアイテム

[05]正しく塾を活用する方法(2)

それでは、前回のチェックポイントに対する解答を・・・

チェック1→→→
□予習をしないとついていけないor宿題は絶対やらなければならない

チェック2→→→
□授業時間中の3分の2は問題を解く時間だ。

 塾の授業の進め方は、大きく分けて、二つのタイプに分けられます。
「演習型」と「講義型」です。言い換えるとこれは、その塾に集まる生徒の目線(目標)によって、設定されていると言ってもよいと思います。まぁ、生徒は塾の『雰囲気』を見て、入塾してくるわけですから、塾が求めている→ターゲットとしている生徒層をみわけることとも言えるかもしれません。

 演習型の塾では、授業前の予習は不可欠です。もちろん、授業内で、説明をしたり、解説をしたりする時間も、あるには、ありますが、演習型の授業を取り入れている塾では、「解かせてナンボ」なので、問題を解かせることによって生じる疑問点を解説のポイントにおいている場合が多いと思います。

 その一方で講義型の塾は、演習は、解説内容(講義内容)を完全に理解させるため、あるいは理解したことを確認するために利用しています。だから、十分な説明を施した後に、確かめ問題程度をサラッとやらせるわけです。

 数学で言うと、公式の使い方を丁寧に説明するのが講義型で、公式を提示したら、使い方は説明せず、問題を解きながら、身に付けさせるのが演習型と言えるでしょう。
 塾業界の中で、究極の演習型といえば、やっぱり「K文式」ですよね。

チェック3→→→
□塾の授業は難しいと思う

 生徒が授業を難しく感じるということは、「教えられていないこと」が演習の中で登場してくるということ。これは、まさしく、演習型の特徴です。そして、生徒が「難しい」と感じた部分(あえて、そういう疑問を持たせる問題を出題するわけですが)解説していくというのが、演習型です。

 講義型では、演習は、あくまでも、チェックのためですから、初見の問題は、意識して授業に取り入れないようにしていると思います。

チェック4→→→
□授業で使用しているテキストの解答・解説集を生徒にも渡している

 これも大切なポイントです。解答・解説はすべて授業内で・・・という考えであれば、生徒に解答集を持たせない場合が多いと思います。言うなれば、解答集の内容を授業でやってしまうということですよね・・・まぁ、それでも、2次元の解答集とライブで聞かされ、見せられるものでは、全く、迫力や印象が違うと思いますが。

 一方、テキストの解答や解説を生徒にあらかじめ渡している教室もあります。そういう教室は、テキストの内容は、「大筋」として使用し、実際の授業では、テキストに載っていないようなプラスαを取り扱うということにしていると思います。現に、解答を生徒に渡している場合、答えや解き方を板書しただけでは、生徒にも「そんなことは、分かるよ?」って言われちゃいますからね。

 つまり、生徒に、テキスト以上のことを期待している塾の場合は、予習の段階で、テキストをフル活用してもらうために、解答集を渡している場合が多いはずです。

チェック5→→→
□能力別クラスに分けられている

 能力別クラスに分ける・・・というと、何か、差別的な冷たい印象を持つ人もいるかもしれません。しかし、生徒達にとっては、住めば都・・・というか、慣れれば極楽って感じで、自分の能力別のクラスにいることは、案外、居心地のいいもののようです。

ここで、勘違いしてはいけないのは、塾と学校というのは、目指していることは同じとしても、そのアプローチ法が全く違うのだということです。教育論の本などでは、「能力別クラスは、差別を助長する」とか「能力別クラスにしたほうが下位層の伸び率が高くなる」という主張もありますが、それは、学校(特に公立の小・中)の場合だと思います。

ぶっちゃけ、塾は、「下位層の伸び率」なんて関係ないのです。
要は、教室に来ている、一人一人の成績が大切なのです。・・・という意味では、あらかじめ、「下位層」を作らないことが大切です。上位と下位に開きがないほど、授業進度は速まります。・・・クラス分けが細かいほど、授業進度が速く、その分、量をこなせる・・・つまり、演習重視型と考えられるかもしれません。


もうお分かりのように、このチェック項目に多く当てはまれば当てはまるほど、「演習型」であると言えますし、一つも当てはまらなかったのなら、解説型だと言えるかもしれません。

ちなみに、「K文式」は、チェック4以外、すべて当てはまります。
学年相当或いは復習の級をやっている人じゃない限り、学年以上の級をやっているはずですから、生徒はちゃんと、「自分は難しい内容をやっている」と自覚していますし、能力別(習熟度別)の教材をやるように徹底されていますよね?さらに、分からないところがあったり、間違いを繰り返したりすることがない限り、先生が説明をするなんてこともないようです。(このへんは、教室によっても違うと思いますが)

そして、チェックポイント1・2、これは言うまでもありません。K文と言えば、その演習量と練習量、そして宿題のさせ方について、定評があります。

さぁ、あなたの塾は、演習型?それとも解説型?

次回は、それぞれのメリットとデメリットについて、お話したいと思います。
お楽しみに!!

葉月ひまわり

関連するアイテム

[04]正しく塾を活用する方法

結論から言うと、私は、「塾」に通う必要はナイ!と思います。
いや、それは、言い過ぎか・・・
言い換えましょう・・・

「受験に合格するための絶対条件は塾に通うことではナイ!!」

今日からは、この鉄則を頭に置いて、受験勉強に励むようにして下さい。
決して、決して、忘れないでくださいね。


・・・さて、それでは、『正しく塾を活用する方法』について、レクチャーを始めることにしましょうか・・・

まず、塾、ジュク、じゅく。。。と言っても、現在、日本中には色々なタイプの塾があります。
塾を見分けるには、「形」と「型」を知らなければなりません。

○「形」

「形」とは、ずばり、目に見えるモノです。つまり、
「:多数」か「:個人」か・・・ということです。俗にいう「集合授業」と「個別授業」の区分けと考えて下さい。
単純に、先生一人対生徒一人以外は集合と言えます。
(ちなみにウチの教室は、少人数グループ授業と言っていますが、これも、形を変えた集合授業・・・と言えますね)

○「型」

「型」とは、保護者の方には、見えにくい、授業の中身(進め方)、指導方針などのことです。これは、非常にみえにくい・・・
なぜなら、親は授業を受けないからです(アタリマエだけど)
でも、次の点にポイントを絞れば、お子さんの通っている(アナタの通っている)塾の「型」を簡単に見分けることができます。

チェック1→→→
□予習をしないとついていけないor宿題は絶対やらなければならない

チェック2→→→
□授業時間中の3分の2は問題を解く時間だ。

チェック3→→→
□塾の授業は難しいと思う

チェック4→→→
□授業で使用しているテキストの解答・解説集を生徒にも渡している

チェック5→→→
□能力別クラスに分けられている


さぁ、、、何個当てはまりましたか???
チェックの結果は次回、分析しましょうね>>>>>>

葉月ひまわり

関連するアイテム

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages