« [14]感じるのは君だけじゃない! | TOP | [16]嗜好とメディアと凌辱と私 »

[15]斜め辺りから愛を見る

欲しい服があっても結局最後は古着屋で落ち着いてしまう鴨居です。
こんにちは。

* * * * *

「愛」と言う言葉がある。
この言葉にはたくさんの深い意味があります…。

何て書き始めるとちょっと硬い感じですな。
今日は的を絞って母の愛と恋人の愛とを違った方向から見てみたいと思います。

今何が欲しいですか?と聞かれると、富・名声・栄誉・時間…
中には冗談半分で愛と言う人もいるでしょう。

私も愛が欲しいと言ってしまう一人なんですが。


さて、その愛とはいったい何?

愛と言う言葉はとても曖昧で、受ける人によってはたくさんの意味を持つから、具体的にあげると途方もなくなる。

例えば、「寂しい時に側にいてほしい」なら誰でもいいはず。
「頭を撫でてほしい」、「抱きしめてほしい」っていうことなら母親の母性愛で十分なんじゃないかな?

じゃあ、違いは一体何なのか?
私はエッチをしてこそ恋愛じゃないかなと思う。
もちろん母親とセックスするような男とはご遠慮したい。
してなんぼの話ではないにしろ、セックス出来ると言うのは恋人やパートナーの特権だと思う。

よく、結婚してから回数が減った、無くなったと聞く。
そう言うのは彼女の立場が母親に変わっていったからだと考えられる。
さっきも書いたように母親とセックスと言うのはなかなか考えにくいから。

だからこそ母親にならないように、恋人として、良い意味で他人でいなければならない。

これは男性でも同じことが言える。
男性がオヤジと言われる風体になったら抱かれる気も薄れてくる。
世の女性の中にはオジサマ好きもいらっしゃるので一概にはいえないけど。

別に家族愛を否定してる訳じゃないけどエッチとしてみたらね。
まぁ、しない原因に慣れや飽きもあるんだろうけどね。


簡単に、かつ、乱暴にまとめると。
つまりは自分の欲求が満たされる=愛で満たされるなんじゃないかな

だからといって、母性愛で性欲が解消するわけでなし。
それは恋人・パートナーに満たしてもらうほかないと思う。
人間の三大欲ってどれにもかえがたいと思う。
お腹がいっぱいになったからって性欲が無くなるわけではないし。

エッチが愛の全てではないけど、恋愛ではエッチありきの愛であって欲しいなぁと思うのです。


えーと。
愛を欲っするあまりマザコンなのは困るけど、親を大切にしないのも困る。
私を母親代わりにされるのも困るなぁと。
そんなことを考えてたら、こういうお話になりました。


母親には出来ない違った愛であなたを満たすことが出来るのは私しかいないんじゃないかなぁ。

鴨居しきい

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1121
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。

コメントする

(承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)