« [11]いまさらサブプライム | TOP

[12]円高と株安

円高はドルで円を買うときに高くなっている現象。

A.100円=1ドルのとき
B.80円=1ドルのとき

Aは1ドルで100円が買えた。しかしBのときは円が値上がりしたので80円しか買えない。AよりBのほうが円が高い。この状態が円高です。

いまや世界同時株安で経済の先行きが不安になっていますが、その原因として「円高」がよく言われます。しかし、株安の原因が円高というのはちょっと違います。

日本の企業は輸出に頼っているので、円高になると困ります。たとえば日本車を輸出してアメリカで販売した場合。

1ドル100円の場合、10,000ドルで販売していたクルマが、円高になって1ドル80円になってしまうと、100÷80X10,000ドル=12500ドルで売らなければならないことになります。現地価格が上がってしまうため、販売台数は激減するでしょう。輸出による業績は悪化するので、株価が下がるという理屈です。

しかし、輸入をメインとしている業者は円高大歓迎です。今まで100円していたものが80円で仕入れられる。安く売ることで競争率は上がりますし、安くしなければ利益が増大します。株価は下がるどころか上がる事も期待できます。ただし内需があれば、です。

そもそも、円高とは「円の価値が上がる」こと。日本人としてみれば大いに歓迎すべきことなのです。昔1ドル360円の時代がありました。たとえば1955年は1ドル360円、大卒初任給は1万円です。海外旅行など夢の夢。一般大衆には手が出ません。しかし、今は円の価値が上がって1ドル100円前後。海外旅行は庶民でも手に入れることができるようになっています。これは円高のおかげです。

円の強さの秘密は、日本の「ものづくり」に基盤を持っているとされています。金融バブルに基盤を置く空虚なドルとは育ちが違うのです。日本人はもっと胸を張って円を誇りに思い、そして円が世界で強く通用するよう、努力しなければなりません。

目指せ、一ドル50円!!


たまごや

【関連記事】
常識ぽてち:円高って?
常識ぽてち[1137]サブプライムおさらい
2007年台湾の旅[05]台湾ドル
※常識ぽてち同時掲載

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tmg2009.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1876

コメントする

(承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)