« [15]全て売却、そして待機 | TOP | [17]ボックス相場 »

[16]休むも相場

8月の第4週は一度も売買をせずにおわりました。現在、保有株は無しの状態。相場は思ったより強くて下がれば買いが入り、上値は重たいものの下値は固くて第4週のザラ場中安値は15,874円でした。

いったん15,500円を割るくらいまで下がれば過熱感も少し冷めてくるのですが、上に向かうか下に向かうか微妙なところだと思います。

もう1週間くらい様子を見ようと思います。1つか2つ比較的割安な銘柄は買うかもしれませんが、大きくは動きません。

買うとしたら先週に書いた日清オイリオ(2602)と、クボタ(6326)、サッポロHD(2501)、昭和シェル(5002)、日本ハム(2282)あたりでしょうか。

上に向かっても、長くは続かないと思いますので早い回転を心がけます。下に向かえば過熱感が冷えるまでは調整局面だと思うので、冷えるまで待ちます。

しかし今年の夏は暑いですね、真夏日に熱帯夜の日数が記録更新した地域も多いみたいです。私は夏バテに夏風邪気味です。

体調が悪いと、何に対してもネガティブになってしまいます。早く体調を整えて、気分良く株に仕事に取り組みたいと思います。

小倉エビス

臆病者のための株入門
橘 玲
文藝春秋 (2006/04)

amazonで「株」を探す
「為替」「保証金」「取引」・・・。興味があるけど、一歩先に進むにはまだ勉強がしたい!
お取引を開始する前にセミナーに参加したり、レポートを見てまずは情報収集から。
そんなあなたにピッタリの無料「情報会員」サービス!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/518
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。