« [20]株式投資一周年 | TOP | [22]レーティング »

[21]窓埋め

ピッタリと窓埋めしましたね。9月25日(月)の安値で15,513円。火曜日も軟調でしたが15,500円を割り込まない安心感が出たのでしょか?水曜日は大幅上昇。金曜日まで3日続伸で9月が終わりました。

水曜日の大幅上昇を一般紙は「安倍新内閣の構造改革継続にたいする期待から日経平均大幅高」とかいていました。私は新内閣は、ただの偶然だと思っています。内閣の人事は新しいものでしたが、安倍内閣になるのは誰もがそう思っていたでしょうし、織り込み済みだったと思います。NYダウ平均がザラ場で史上最高値を更新するなど、様々な要因があります。

週足チャートの窓埋めも数学の方程式ではないのだから、窓を埋めれば次はこうなるなどわかりません。しかしチャートなどのテクニカル分析は多くの投資家が参考にしているし、窓埋めの確認と、15,500を割り込まない安心感が出れば買いに向かう投資家も多いでしょう。指標は多くの人が見ているものほど価値がある。少数の人しか見ないものであれば相場に影響しないでしょうから。先の見えない相場の動きがチャートの窓埋めで、まるでパズルのようにピッタリとなったりするのは、多くの人がチャート見て意識をしているからではないかと思います。

で、10月第1週ですが、このまま簡単に上昇を続けるとも思えません。3日続伸した後ですから一旦調整は必至かと考えます。このまま上値を追いかける程の材料もパワーも今は無いと思います。

ですので金曜日にプラスに転じていた、住友大阪セメントと昭和シェルを売りました。これから大きく上昇しそうにも見えるのですが、資金余力が全く無かった状態でしたので枠を創りたかったのもあります。それと住友大阪セメントは5日続伸、昭和シェルは4日続伸でしたので、少し下がってから買い直しすればいいかぁ、というところです。この2銘柄の売却での利益はたったの3万円くらい。保有銘柄の評価損は40万円。

1週間で評価損は20万減りましたが、まだまだです。本心は調整なんかせずに、5日でも6日でもガンガン続伸して欲しいのですが・・・

9月末の保有銘柄は、ニチロ(1331)、サッポロHD(2501)、麒麟麦酒(2503)、いすゞ(7202)。

ニチロは下方修正の発表があって大きく下げてマイってます。サッポロHDと麒麟麦酒は12月決算で、配当と株主優待があるので12月まで保有していてもいいかなぁ?先日サッポロHDから中間の優待が送られてきました。6月権利付最終日に保有していた事を認識していなかったのでビックリしました。ビール3本でしたが、ビール大好きの私には嬉しい贈り物です。愛飲しているビールはキリンのクラシックラガーですが、ビールはビールです。発泡酒では困ります。あっ、ビールが大好きだからビール会社の株を選んで買っているのではありませんよ。

小倉エビス

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tamagoya.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/576
※元記事引用の無いトラックバックは削除することがあります。