« [09]怒り200%!! | TOP | [11]在宅ワーク最高!! »

[10]面接

こんにちは、まだまだ在宅1本では生活できそうにない萩谷です。現在、在宅仕事と出向いての仕事の割合が、1:2という感じです。今日は、とある会社の面接を受けに行ってきたお話です。


早い話、派遣のお話なのですが、これも最後は在宅で、を念頭において活動しているもので、
A社 → B社 → C社
という案件があり、私はC社の在宅SEとして働けるようになるべく、C社からB社への派遣社員としてB社の面接を受けに行くこととなった。


C社は、6年前まで3?4年ほど、直属の上司だった方(以下Dさん)が独立して興した完全独立系の会社で、関西方面にある。
Dさんとは、上司部下の立場でなくなって以降も、懇意にさせて頂いていて、以前からC社で働かないか、と声をかけて頂いていたが、引っ越す気にもなれず、また、前の会社を退職できる状態でもなく、辞退させてもらっていた。
A社の仕事は東京がメインで、SEを派遣するにも住居やその他の問題があり、多くを派遣するわけにもいかず、かといって人が足りてるわけではない。
ということで私に声をかけてくださった、というわけである。


Dさんは、以前の上司だけあって私の力量も性格も理解してくださっていることはもちろん、離婚やシングルマザーになった経緯も話しているし、今、私が子供との時間を大事にしていることも、十分理解してくださっている。
その上で、「問題ないだろう」ということでB社の方に面接して頂いたのだが・・・。


実は、今回、この話を受けるにあたって条件とさせて頂いていたことがひとつ。それは勤務時間。
「9:00-18:00」ということを条件にさせて頂いていたが、その時間を過ぎてしまうと、保育園へのお迎えができなくなってしまう。
もともと前の会社を退職したのも、その辺に起因するところが大きいのでそれはなんとしても避けたいところ。
がしかし、その時間以降での打ち合わせ等も頻繁にあるため、時間制限がある人では難しい、となんとも厳しい現実。


プログラマーならいざしらず、ユーザー折衝のあるシステムエンジニアとなると、打ち合わせ時間はお客様次第。これまでの経験で、それは十分に肌身にしみてきたこと。
とはいえ、娘の通っている保育園には、もちろん働く母親しかいないし、その方たちも、お迎えにはしっかり行っている。
なので、業種業態、職種によっては9:00-18:00も可能なのだと思うが、38歳の今、新たな業種や職種にすっかり鞍替えできるほどの、気力も体力もない。
やっぱりこの職種にしがみついて、気力体力ないぶん頭使うしかないぞー!!
と決意を新たにしつつ、ちょっぴりヘコんだ面接でした。

萩谷 実春


amazonで「派遣社員」を探す
楽天で「派遣社員」を探す