[36]時をつかむ女

時代は常にうごいている。
世界にも、時代にも、盛衰というものがある。
それはどうやっても止まらない。
永遠にくりかえされてきたシーソーの産物。

気をつけなさい。
心しなさい。
今やあなたたち女の時代が到来している。
豊かな実りの時代がね。

多くの文明は、繁栄のあと、衰退、滅亡をくりかえした。
それは真に、生命のバイオリズムのようなものだった。

もしあなたが女なら、今の時代に用心深くなるはずだ。
いくら警戒しても、警戒しすぎるということはないだろう。
いわばあなたは、成功者の地位にあるのだ。
長年の年月を経て、成功という果実を手にした状態にある。

しかしだよ。
成功者は、成功にいたったときより不幸に転じる。
成功するまでは、あなたは希望をもっていた。
気力に満ちあふれていた。
将来に夢をもつことができた。
でも今や、あなたは成功の果実を食べてしまった。
あなたは目的地まで達したのだ。

では、これからどうしたらいい?
どうやって生きていけばいい?
時間は永遠につづいていくのに。
成功したからといって、それで時間が止まってくれるわけでもないのに。

こうして成功者は、成功したときより不幸に転じる。
あなたはもはや、希望がもてない。
気力がうしなわれる。
将来の希望もみえない。
成功によって得られた喜びも、すぐに消えてしまうだろう。

人々は金をほしがるが、それは金がない者の贅沢な悩みだ。
金をあまりあるほど得た人は、金によって叶えられる希望をうしなった人々だ。
金で得られる喜びなどたいしたものでない。
すぐに飽きてしまうよ。
金を得た人々は、金では幸せを買えないことを学ぶだろう。

美しさもおなじこと。
美しさをもとめる限り、あなたは醜さが迫りよる苦しみから逃れられないだろう。
いずれ誰しもが老いる。
いや、我々は日々、年老いて醜くなっている。
美しさに固執するかぎり、あなたはけっして幸せになることができない。
それどころか、不幸を約束された人、といってもいいぐらいだ。

夢や目的――。
夢はいずれ叶えられ、成し遂げなれる。
すると我々は、また虚しさがこみあげてくる。
あなたはふたたび、新たな夢を追いはじめるだろう。
我々は、このようなことを永遠とくりかえしてきた。

あなたたち女は成功者だ。
今や繁栄期にさしかかろうとしている。

心しなさい。
気をつけなさい。

真の幸せは、けっして外から運び入れることができない。
金や美しさ、才能では得られない。
あなたのなかにある、意識だけがあなたを導いてくれる。運んでくれる。

椎名蘭太郎

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages