[39]Love

愛とは無力なもの。
愛には、まったく他者に手を貸すちからがない。

男女は恋に落ちる。
温かいもの、熱っぽいものに惹かれていく。

愛はただ在るだけのもの。
もし愛が、他者に影響力をおよぼそうとしたら、
変えようなどとおこがましいことをしたら、
もはやそれは愛ではない。
それは支配となり、欲求となる。
愛には、見守るちからしかない。

愛とは、限りなく純粋なもの。
誰にも期待しないし、なにも要求しない。

あなたはすべてを捧げようとするだろう。
それは強制されたわけでも、悲しみからでもない。
温かさに満たされたなかで、それを欲するだけだ。

愛とは実に無力なもの。
戦いとは対極に在るもの。
愛は、ちからなど欲しないのだ。

けれど、これほど偉大なちからは他にない。
すべてを受け入れたそのちからは、
あらゆる強さと優しさを備えたそのちからは、
長い長い歳月をかけて生命をそだてていく。

もしあなたが、そのちからに気づいたら、
あなたは他者になにも求めない。
愛は、心の奥底につねに横たわっているのだから。
あなたが在りのままであるとき、
無限の泉のように湧き出る、ただそれだけのものなのだから。

椎名蘭太郎

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages