[45]能力主義

 15年程前までは、まだ年功序列や終身雇用が有効に働いていた。それがバブルの崩壊や金融ビックバーンなどを経て、様々な分野で規制緩和がすすめられてきた。

 時代はあきらかに変わった。今や能力主義の時代が到来している。そこには老若男女は関係ない。必要とされる人、高く評価される人が求められる。

 バブル以前は、女や若い男が高収入を得ることは特殊なケースであった。それが今では、若者だろうが女だろうが、誰でも富を得ることができる。今後も、ますます能力主義は浸透していくだろう。

 けれど、人々の意識というものはどうしても遅れるものだ。すでに実態は、老若男女を問わず、求められる人が厚遇される。 にもかかわらず、建前ではやはり男が金を稼ぎ、中高年になるにつれ収入が増えるものと認知されている。

 人々の意識はどうしても現実に遅れてからでないと対応できない。過去の習慣を引きずってしまうのだ。 ただしこれも、現実を目の当たりにするにつれ徐々に変わっていくだろう。現実は、どうあっても現実なのだ。そして、それこそが今後の社会の偽りない姿というものでもある。

 男女の能力に差があるとは思えない。いや、男が得意とする分野があれば、女が得意とする分野があるだろう。総体的にみれば、男女は変わらない。また年齢でいえば、能力主義のなかではむしろ若者のほうが優位な点がおおいぐらいだ。

 就業において、いまだに女が差別されているという者がいる。実際、政治・経済の分野において上位を占めているのは男である。女の力が社会的な影響力をにぎっているにもかかわらず、政治・経済の上位には男がおおいのだ。

 ここにはカラクリがある。女は、おおくの分野で本当に成功を得ようとしている者がそれほど多くはないのだ。彼女達は、結婚などによって仕事を辞めることを前提にしている。実際、辞めるケースも少なくないだろう。苦労をしてまで成功を勝ちえたくはないのだ。 であれば、どうしてその分野で上位にいける? また、企業側もどうして当てにならない者を本気で扱うことができる?

 就業における女性差別の問題は、実際は女の意識の問題だといっていい。女が男と同じように働く意志があるなら、就業上にのこる構造的な問題はほぼ解決するとみていい。なぜなら、女性差別といわれるもののほとんどが男女の人数に起因している。その分野に男が多いなら、多数派が男であり、男の意見が通りやすいのはむしろ自然な姿である。

 女が本気で仕事をつづける気なら、おおくの分野の上位に女が一気に進出するだろう。社会的な影響力はもはや女のほうが勝っている。女を止めるものは何もないだろう。

 我々の生きている社会はすでに能力主義の世界である。男女だ! 年齢だ! と言ってみせたところで、社会そのものが能力を求め、それを止める手だてはない。 そして少なくとも、それは以前の年功序列や終身雇用の時代より自由度が増している。熟練度が増した社会といえる。

 すでに能力主義の時代になっているが、まだ人々の意識には老若男女のしがらみがまとわりついている。ただし、あと十年もすれば現実を認めざるを得なくなるだろう。

椎名蘭太郎


[44]二つの道

今後の男女において、イニシアティブを握るのはおそらく女であろう。

 女は今、二つの道のいずれかを選択することができる。「自立の道か」はたまた「男に依存する道か」のいずれかである。

 日本の女は、社会的に成功した男――つまり地位や年収のたかい者を獲得することに主眼が置かれている。これは今にはじまったことではないが、また今ほどその傾向が顕著になったこともない。

 ただし、これには最初から無理がある。
 成功した男はほんの一握りしかいない。とすれば、これらの男を獲得できるのも同数しかいないことになる。

 すると、どうだろう? 大多数の女もまたとり残される。社会的に成功しえなかった男との結婚も妥協せざるをえなくなるだろう。

 しかし、まだこれだけでは終わらない。
 男に理想を求めすぎた女は、現実と理想のギャップに日々の生活で夫に不満を感じるようになる。夫との不仲や離婚の原因に、妻が夫に過度の期待を寄せ過ぎている――というのはよくある話しだ。 過度の期待をよせられた夫も不幸だが、期待を寄せ過ぎた女も決して幸せにはなれないものだ。

 ここで女には一つの道がしめされる。
 成功は、結局は自分のちからで獲得するしかない――というものである。実際にヨーロッパの多くの国では、女は男に過度の期待を抱かなくなっている。これは、成功を望むなら自分が自立することによって獲得するしかない――ということを指している。

「自立などしなくていい」「これまで通りでいい」――といった女も決して少なくないはずだ。苦労をしてまで成功など欲しくない――といったタイプだ。
 この場合、これまでどおり、生活のあらゆる面で男に守られながら生きることになる。

 ただし、ここにも問題がないわけでない。
 誰かに守られるためには、言い換えれば報酬を得るためには、それに見合ったお返しをしなければならない。
 あなたはその部分で感謝をし、少なくとも彼らを立てなければその契約は持続的な成立をみない。それは、従来までの自然な関係でもあった。

 大切にされたから、その人を大切にしようとする。守りたい人が尽くしてくれるから、どんなことをしてでも守ろうとする。これがいくら守っても、感謝することも敬意もなくふてぶてしくしていたらどうするね? 本当に、そんな人を守りたいと思えるかね?

 最近は、家事をする妻への感謝だけがとりあげられ、夫が仕事をするのは当然とみなされている。ただ、心の領域はじつに単純な支え合いによってできている。

今の女は、男に求めすぎ、一方通行になっている。それぞれの役割にたいするおもいやりがなく、一方通行では両者とも不幸になるのは避けられない。バランスが崩れているのだ。

どちらにせよ、女は選択のときを迎えている。あなたの前には二つの道が静かにたたずんでいる。十年後には、もはや選択の余地はなくなっているかもしれないが、少なくとも今は選択することができる。

椎名蘭太郎


[43]女の自立

 世の中では、女への賞賛の声が飛びかう。

 母は強し。
 社会を支えているのは女。
 苦労を背負っているのはいつも女。

 このような声が繰りかえし述べられる。

 その割に、今の女は臆病でだらしない。
 男が規則によって疲弊しているなら、女はぬるま湯によって軟弱になっている。

 女は自立したというが、実際には自立できていない。
 自立したというのは、自分の足で、自分の稼いだ金で生活することを指す。結婚して生活費を男に依存するようなら、それは親の保護から男の保護に変わっただけにすぎない。

 女たちは真の自立ができていない。
 男に依存するような習慣は決してあなたの役に立たない。
 日本社会の財界・政界をはじめ、おおくの分野の上位でいまだに男が多数を占めているのはもはや構造的な問題だけではない。女と男の覚悟の違いによるものだ。

あなたは本気で仕事に情熱を燃やしていない。何かに依存しているのだ。教育も制度も、もはや男女のちがいがないにもかかわらず・・・。
 
 ぬるま湯の心地よさに浸っていると、あなたは成長を放棄したことになる。
 あるいは、ぬるま湯を利用しているだけ――と言うかもしれない。
だが、そんなことはありえない。利用しているつもりで利用されている。利用している――と思っている分だけあなたは利用されている。

 今、女たちは更なる一歩によって、みずからのぬるま湯から立ちあがる時がきている。そのときこそ、真の女の解放がなされるだろう。基本は、自分の生活は自分でまかなうべきだ。そうすれば、男も子育てや家事に本気で取り組むだろう。

 今後は、女は真の自立を、男は精神解放が課題となる。
 どちらにせよ、自立したうえで自分の気持ちに素直になるべきだ。
そして、それこそ人として目指すべきものだよ。

男女にはそれぞれ課題があるが、柔軟な女たちなら、きっと私のいわんとするところに共感してくれるだろう。

椎名蘭太郎


[42]踏み台

 男女をかえりみれば、女はスタンダードで、男はノンスタンダードとなる。見方をかえれば、女は基本となり、男は挑戦となる。

 ひとつの円を頭に描いてみるといい。その均等な円のなかに、女はほぼ収まるが、男の場合は円の上下や左右にずれ、収まらない者がおおい。

 なぜなら男とは、挑戦のタイプであるためだ。男に天才が生まれれば、愚者が生まれたりするのは、ひとえに彼らが挑戦のタイプであることによる。

 子供を産む女が基本であるのに対し、足かせのない男は挑戦ができる。その挑戦の成果を子供に還元することで、遺伝子としての、あるいは人としての進化をなすカラクリがそこにある。

 そこで、男は知っておくといい。
 もしあなたが中心からおおきくはなれ、辺境であえぐようなことがあったら、ぜひとも中心にもどってほしい。人は常に辺境でくるしみ、「初心に返る」ことに気づく生き物だからね。
 子供のころは、なんと無邪気で、なんの考えも持ち合わせていなかったものかと思いを馳せながらね。

 じつに、男は挑戦するタイプであるがゆえに様々なタイプがいるよ。彼らの場合、ひとつの男というカテゴリーではまとめにくい。
 優れた者もいるだろうが、最下層もまた彼らとなる。円のなかに女たちが固まれば、その円の周囲には男たちが散らばっていく。

 我々は、そのことにほとんど触れやしないが、どんな時代のどのような社会でも底辺にいたのは挑戦に敗れた男たちだった。
その構図は今でも変わらない。

 にもかかわらず、我々はこの社会でもっとも底辺にいる彼らに光を当てたことは一度もなかった。彼らが男であり、醜くあり、変わっていたためだ。
 彼らなど、まるでそもそも存在していなかったように抹殺してきた。

人は、彼らを踏み台にしてここまできた。今も、彼らを踏み台にしている。

 確かに彼らは挑戦に失敗しただろう。変わってもいるだろう。
だが、そもそも挑戦には成功と失敗がつきものだよ。失敗がなければ成功などありえなかった。彼らの栄養分をとり、人類が成長してきた歴史を忘れてはならない。

椎名蘭太郎


[41]男女の差

 男女の体格差はあるべくしてある。
 男は、外敵との戦闘要員であったのだから、当然、体がおおきくなる。ただ、それでも猿人や原人のころと比べれば、男女の体格差はかなりちいさくなった。

 外敵と戦う機会がほとんどなくなった現在、戦う肉体は意味をなさなくなった。我々は、つねに現在に必要なかたちへと変貌をとげていく。

 今でもおおきい者、背の高いものに人々は憧れるが、それは長年の弱肉強食時代につちかった、「身体能力の強さ」への憧れにほかならない。

 これらの憧れは、子供っぽく野蛮ではあるが、強いほうが生き残れたんだ。当然のことじゃないか。
 とはいえ、いつまでもこの状態は続かないよ。今後は省エネで、効率がよいものが好まれる。人はすぐに変われるものではないが、それほど遠くない将来は「おおきければ良い」という発想は徐々に薄らいでいくだろう。

 そもそも男女の場合、いや人に限らず、原形は女の側にある。男は、女の変形タイプといっていい。遺伝子は、常に複製をつくる側に原形をおくのだ。
 男は、女の複製をサポートするための存在ともいえる。遺伝子の見方にたてば、女は道具であり、男は道具の道具となる。

 そもそも男は、変形であるがために、どうしても生命力が乏しくなる。不安定なのが避けられないのだ。
 男が女より勝っているのは、外からの肉体的な攻撃と防御となるわけだが、それらは今ではあまり意味をなさなくなった。むしろ、
今の時代に必要な、肉体面での内なるタフさや精神的なタフさにおいては明らかに女のほうが勝っている。

 肉体面や精神面で女がタフなのは、彼女たちの生命力が旺盛なためだ。もちろん、ただ強ければよいというものでもない。男は、生命力が乏しいがゆえに繊細さを持ちえたといえなくもないのだ。

 また、女の肉体の特徴といえば「子宮がある」ということになる。女は男より、繊細な部分がおおいが、そのおおくに子宮に支障をきたさないための防御が関係している。
このように男女の質のひとつにさえ、そこには必ず原因があるのだ。

 男女の肉体的な異なりは確かにおおきいが、その差はおそらくどの分野でも縮まっていくだろう。なぜなら、今は男女ともやることに大差がなくなってきているからね。

 両者の差がなくなるのでは困るという者もおおいだろうが、男女の性差をしっかり保つなら、その目的に添うにはひとつしかない。
 男女のしきたりをはっきりさせ、それにそって行動させるべきだろう。その慣習やしきたりによって、男女の性差があらわれてくるだろうからね。

 現在、男女の性差がどのくらいあるにせよ、環境のちからはおおきいよ。

椎名蘭太郎


[40]男女の行方

男女はこの先どうなるだろうね?
どこへ、向かおうとしているのだろう?

男女のことを私はいろいろ言ってきたが、私の言うようになったら、社会がまとまらなくなる――と言う者もいるだろう。

実際、そのとおりなのだ。まとまりにくくなるだろう。
我々が今後、出あう問題は、男女間にかぎらず、むずかしいことばかりだよ。

大量破壊兵器がよい例だ。
我々の道具にすぎなかった物でも、そのちからが増せば増すほどとり扱いは難しくなる。
とり扱う者の意識レベルが高くなければ、到底、不可能となる。

単純で、たいしたことのない武器ならば、その管理能力もたいしたものでない。これが、核兵器や化学兵器となれば管理すること自体が困難となる。

男女においても同じことがいえる。
単純な形のままでいれば、なんら問題はない。
けれど、パンドラの箱は開いてしまった。
我々の意識レベルは上昇したのだ。
中学生から高校生と進学するように、我々の意識レベルもいつまでも子供のままではいられない。
いくら、子供の頃を懐かしくおもってもね。

こうして我々は、カオスの方角へと少しずつ動いている。
しっかりした枠や規則があったほうが楽ではあるが、大人になったからには管理されることに我慢ならないだろう。

では、男女はどうなる?
男は?
女は?

実際、男女がどうなるかなど分かったものでないよ。
答えはない。
答えのないなか、常に不確実ななか、我々はこれまでも、そして今後もゆかねばならない。理想を追いもとめ、理想にたどり着けない人々とおなじようにね。
解決できる問題など、この世界にはひとつもないのだからね。

男女は、今の与えられた条件のなかでベストを尽くすしかない。
ただ言えることは、やはり、自分らしくある――ということだ。
他者になど、憧れることはない。
無理をする必要などまったくないのだ。

スマップの「世界に一つだけの花」ではないが、確かにあなたにはあなたの輝きがある。
人は、自分と反対のもの、自分に無いものを欲しがるが、無理をしたときより苦しみはじめる。輝きが失せる。

あなたはあなたのままでいい。
無理に変わるのでなく、自然と変わるのだ。
あなたがあなたのままで在りさえすればいい。
それ以上のなにをもとめる?
それはなにより美しい。愛らしい。
それは世界で一つだけの、大事な、大切な生命なのだからね。

強引な変化は濁りを、自然の変化は輝きとなるだろう。
そして、自然の変化は無限の変化となるだろう。

椎名蘭太郎


[39]Love

愛とは無力なもの。
愛には、まったく他者に手を貸すちからがない。

男女は恋に落ちる。
温かいもの、熱っぽいものに惹かれていく。

愛はただ在るだけのもの。
もし愛が、他者に影響力をおよぼそうとしたら、
変えようなどとおこがましいことをしたら、
もはやそれは愛ではない。
それは支配となり、欲求となる。
愛には、見守るちからしかない。

愛とは、限りなく純粋なもの。
誰にも期待しないし、なにも要求しない。

あなたはすべてを捧げようとするだろう。
それは強制されたわけでも、悲しみからでもない。
温かさに満たされたなかで、それを欲するだけだ。

愛とは実に無力なもの。
戦いとは対極に在るもの。
愛は、ちからなど欲しないのだ。

けれど、これほど偉大なちからは他にない。
すべてを受け入れたそのちからは、
あらゆる強さと優しさを備えたそのちからは、
長い長い歳月をかけて生命をそだてていく。

もしあなたが、そのちからに気づいたら、
あなたは他者になにも求めない。
愛は、心の奥底につねに横たわっているのだから。
あなたが在りのままであるとき、
無限の泉のように湧き出る、ただそれだけのものなのだから。

椎名蘭太郎

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages