2007年4月アーカイブ

私は点滴が好きだ。点滴をすると安心する。特に入院した時は点滴をしないと入院した気分にならない。それくらい妙な安心感があるのだ。実際点滴をすると元気になる。これはほんとだ。頭もすっきりするし。日本では認められていないが、外国では点滴の出張サービスもあるくらいだ。疲れた企業戦士の為に昼休みに看護婦がやってきて点滴のサービスをするのだ。

ところで、今回の入院で一番残念なのがこの点滴が非常に少ないと言うことだ。入院して今日で16日目になるが点滴を受けたのがミエロの時だけ。点滴好きの私にとってこれは至極残念なことであった。

ところでこの点滴だが最近ではちょっと方法が変わったらしい。以前入院したときは薬液に空気抜きの針を刺し薬液が落ちると同時に泡がプクプク生じて変哲のない病室風景に変化をもたらしていた。

しかし最近の点滴は空気抜きの針を刺さない。従って薬液が減ってくると瓶が萎んでくる。静脈に刺した針にかかる負圧で吸引するのか?そのせいか動いたりすると血液がすぐ逆流する。向きによっても落ちる速度が変わったりする。感染を防ぐためなのかよくはわからない。

新患さんが入院すると大体すぐ点滴することになるのだが、おかしいのは薬液が無くなってくると一生懸命ナースコールするんだな。薬液が無くなって空気が来ようもんならもう大変な騒ぎ。付き添いの奥さんが死にそうな声でナースコールする。空気が入ると死んじゃうと思うんですな。

でもこれは大丈夫なんですね。点滴で空気は入っていかないんです。だから看護婦はのんびりやってきます。それがまた奥さんにとっては気が気じゃないわけ。ま、健気ですな。

※1997年10月23日記述
qrcode10001579.gif
コンパクト点滴処置車 ET?01    KJ-0102-01
楽天で「点滴」を探す

昨日入ってきた新患さんは今日退院だ。

こうしてみていると短期入院患者と長期入院患者とでは決定的な違いがある。短期入院患者は入院していてもビジネスマンなのだ。入院してるのに仕事をしている雰囲気がある。いわば「あきらめ」がないのだ。これは病院という箱の中で一種異様である。

一方療養の為に入院している患者には「あきらめ」がある。「直るまでは仕方あんめ」こうなるとマイペースである。食事もしっかりとるしテレビも見るし風呂にも入る。のんびりしている。この際だから大いに休もうという気持ちが伺える。

この気持ち、大事だと思う。身体が直るには時間がかかる。あせったってダメなのだ。

ところで今朝起きたら足が重い。どうやらブロック注射の効き目が切れたようだ。しびれは大分良い。指先にも力が戻ってきている。回診のとき、医師の話しでは手術の必要はないとのこと。昨日の話しとはニュアンスが違うが、一安心なのかよくわからない。

いずれ又このようになったらその時は手術になるだろうが、やたら引き延ばしてもどうかな?とも思う。しかし、ま、手術はあくまでも最終手段ということで、切らずに済めばそれにこしたことはないのである。


たまごや

※1997年10月23日記述
qrcode10000490.gif
NHKビデオきょうの健康(ビデオ)

ウェブページ

このサイトを購読する

Powered by Movable Type 4.261

前後のアーカイブ

【前のアーカイブ】
2007年3月

【次のアーカイブ】
2007年5月