2007年9月アーカイブ

私は18歳のときにスキーで鎖骨を骨折しました。鎖骨はよく「くの字」型に骨折するのですが私の場合はぽっきり折れてそれがズレてしまっている。しかし当時通った名倉堂の先生は「このままくっつけてしまおう、むしろ丈夫になる」という乱暴なお言葉。たしかに鎖骨は骨折すると元のようには戻らないというのが通説でしたのでそれでもいいかと。

しかし、その時背広を作っていたのですが、仮縫いを持ってきた洋服屋がしきりに首をかしげるのです。どうも寸法を測り間違えたらしいと恐縮している。
洋服屋に骨折したことを告げると納得した様子。左右の肩幅の寸法が大きく違っていたのでした。

若いときはこれでもよかったのですが、だんだん年をとると、この肩幅の違いが骨格に作用するようになります。私の場合背骨が左に湾曲しており、背骨の左右についている筋肉量が全然違うとのこと。それがバランスを崩し、腰痛に結びついているとのこと。

付いてしまった筋肉量を整えるのは時間がかかります。姿勢をなるべき意識してまっすぐにするようにし、毎日よく歩き、カイロプラクティック施術によって徐々に直すしかありません。

昔はよかった治療も今になってみると間違っていたことが判明することはよくあります。骨折は骨格に影響しやすい怪我なので、もし骨折した場合は治療に当たっては骨格に影響の無いよう医師にお願いするしかないようです。

【関連記事】
花粉症
骨の曲がり

カイロプラクティックとは、1895年にアメリカはアイオワ州のダニエル・デビッド・パーマーにより創始された療法です。そのパーマーが設立したパーマー・スクール・オブ・カイロプラクティックという学校を卒業した川口三郎が1916年に日本に伝えたとされています。

カイロとはギリシャ語で「手」、プラクティックは「技術」。つまり「手による施術」を意味する言葉です。パーマーによるとカイロプラクティックとは「自然の法則に基づく、哲学・科学・芸術であり、不調(疾病)の原因となる脊柱上の分節を、素手によってのみアジャストをするシステム」と定義しています。

私が腰痛対策にカイロプラクティックを選んだのはその理念です。人間は発生したときから地球の重力を受けてきました。そのなかで自然の営みを続けてきたわけです。骨格が歪んでいると必然的に地球の重力をうまく受けられません。どこかに不調が出てきてしまいます。しかし、その歪みを直せば、重力に逆らわないので自然に治癒します。骨格を正常に戻し、後は自然の力で治るというところが自然の理にかなっています。

アメリカではカイロプラクティックは法制化されており、医療行為として認められていますが、日本では法制化されていないため、カイロプラクティックは医療行為として認められていません。誰でもカイロプラクターを名乗ることができます。カイロプラクティックの名のもとで医療行為を行うことも固く禁じています。治療を謳うことはできませんし、治療院という名前もいけません。

整体も同じです。日本では整体も医療行為ではありません。民間の整体学校で学んで卒業したら、整体師を名乗ることができます。しかしなかには優れた整体師もいます。要は整体、カイロプイラクティックなどの世界は非常にアバウトな世界なので、その選定に当たっては自己責任ということになります。

日本国内におけるカイロプラクティック療法は、医療ではなく施術です。そしてその施術が優れた特質を持っているため諸外国のみならず国内でも認められているのです。整体院の名前に惑わされず、いろいろな人の評判を聞き、腕の確かな整体師、カイロプラクターを選ぶようにしましょう。

【関連記事】
ところで整体ってナニ?
子供の怪我&兄弟骨

丁度一年前は体調は最悪でした。といっても人間ドックの結果は中性脂肪を気をつける意外は特になし。ところがドックを受けた一週間後に急な動悸、頭がふわふわして歩けなくなるなど今までに無い経験。即、職場から救急車で運ばれるなど大変な経験をしました。

救急車で救急病院に急患で運ばれるも、検査で異常なし。そんなはずは無いと思いつつ、後にウェブで調べたところ自律神経失調症らしいことが判明。しかし念のために初の脳ドックを受けることにしたのです。認知証検査で反応が遅いことが判明しましたが、これは老化とのこと。総合的な結果は白。

そして脳ドックを受ける前に、重度のぎっくり腰を患い、一週間臥せっていました。若いときならば3日も寝ていれば直ったものですが、ここでも老化を実感、脳ドックには杖を突いて出かけたのでした。ほんとトホホな2006年だったのです。

人間ドック、脳ドックともに特に異常が無いものの、両方の医師が言うことには体重を減らしなさい。腰の負担も軽減することから、一念発起で減量することにしました。

そして並行して、カイロプラクティックに通い、体の歪みを直して、ぎっくり腰になっても重症にならないようにしようとしたことです。ダイエットと整体という目標。一年経った結果として、体重は84kgから74kgへ。身体は軽く、今は腰痛は軽くなっています。

カイロプラクティックは以前はボキボキいわす強面の整体というイメージでしたが、今はかなりソフトですし痛いことはしません。これは女性客をターゲットとしていることもありますが、整体の目的である体の中心線を地球の重心線に合わせようという本来の整体に戻ったからだと聞きます。

整体や鍼は痛いときにはあまり即効性はありませんが、数年後に対して徐々に効きます。気長に通うことが肝要です。

【関連記事】
[08]たまごや流ダイエット
常識ぽてち[997]脳ドック

ウェブページ

このサイトを購読する

Powered by Movable Type 4.261

前後のアーカイブ

【前のアーカイブ】
2007年7月

【次のアーカイブ】
2007年10月